カマキリヤミー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 ヤミー(怪人)
【名前】 カマキリヤミー
【よみがな】 かまきりやみー
【身長】 204cm
【体重】 112kg
【セルメダル】 カマキリ・セル
【特色/力】 両手の鎌から放つ複数の刃による攻撃
【欲望】 宝石店の客の夫人の1億円の指輪、宝石
【誕生させたグリード幹部】 昆虫系幹部怪人ウヴァ
【声】 前野智昭
【スーツアクター】
【クリーチャーデザイン】 出渕裕
【登場話】 第1話

【特徴】

グリード 5大幹部 昆虫系幹部怪人ウヴァが自分のコアメダルを持って逃げたアンクからメダルを取り戻すために誕生させたヤミー。宝石で美しく着飾りたい、宝石の価値を他人に誇りたいという宝石店に来ていた夫人欲望を糧とし、後頭部のメダル投入口に投入されたセルメダルで体内から開放された。体内から放出する時にウヴァのカラーであるグリーンに輝きながら誕生する。夫人の1億円の指輪や宝石店に並んだ装飾品を口から取り込み成長した。
昆虫のカマキリの特徴を持ち両方の手に大きく発達した外骨格が存在し、拳と半ば一体化した鋭利な鎌状の武器を形成している。この攻撃で追跡してきた刑事の泉信吾は重症を負った。
体内のセルメダルのパワーを増幅、形成した5枚のエネルギー状の刃を飛ばすことで、あらゆる方向から敵を切り裂く技を持つ。

仮面ライダーオーズとの戦闘】

不完全な姿で復活した左腕だけのアンクを容赦なく攻撃。この行為を間近で見ていた火野映司が助けるため出会ったばかりの腕だけの怪物のためにカマキリヤミーと戦い始めた。映司の無謀な行動力と「 朝からの長いつきあい 」という理解しにくい価値観、アンクは映司をただのバカと認識 これを利用しようと企んだアンクが映司にオーズの力を与えた。この状況が仮面ライダーオーズが誕生するきっかけになった。
タカキリバに変身したオーズが放った、カマキリソードでの鋭い斬撃で倒された。
映司が得た力、 オーズ 。カマキリヤミーはアンクが映司に渡したオーズドライバーを「封印の・・・。」という謎の言葉を残している。

【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。