ネタバレと噂 > 情報、その他 > 【2011年07月13日(水)】 シルシルミシルで「歴代仮面ライダー、変身時間が一番長いのは誰!?」を放送


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 今夜7月13日の23時15分から放送の「シルシルミシル」で「歴代仮面ライダー、変身時間が一番長いのは誰!?」が放送されます。おそらく、すぐ調べる課コーナーからのお題だと思われますが、劇場版公開のPRもかねているのかと思われます。ナレーションがバカリズムだったことを最近知ったのですが、今回も仮面ライダー関係なしでくりぃむしちゅーの上田晋也さんといとうせいこうさんの悪行を暴いてもらいましょう。

【ルール】

テレビシリーズの放送回数が1000本をこえ、その全シリーズのDVDをすべてチェックして変身シーンを抽出。作業にかかった時間は1週間(複数のスタッフで作業)。過去40年間で登場したライダーは67人。その中から変身時間が一番長いタイムを計測。1位から5位までカウントする。エピソードの中で最初に主人公が変身した時を計測しようとするが、物語によって変則的な場面もあり(1号ライダーの変身はすでに改造中にスーツを着ていた、電王は変身の仕方が分からず、ソードフォームになるまでの間に敵と戦うなど)新たに追加されたルールに、自分の意思で最初に変身したところを計測するに改められた。
最初の変身シーンは物語の中で重要となる部分で、どのシリーズもそのシーンに時間をかけている。キャラクターや変身システムを視聴者に印象つけるために重要とされる。番組初期は視聴者が設定やシステムをほとんど知らない状態であるためである。
今回のシルシルミシルでとりあげられた「すぐ調べる課」は視聴者からの疑問を解決するコーナーで疑問にお答えするものである。バラエティ番組ではあるがへんな先入観もなく調査しており、主人公以外のライダーもランクインしているため、1000本すべて調べてランキングしていることがうかがえる。

【ランキング】

  • 第5位  仮面ライダー電王 ソードフォーム 28秒
    • 第2話の自分の意思で変身したシーンが第5位。怪人イマジンのモモタロスが合体して変身と解説。確かに知らない視聴者にとって意味不明の変身です。僕は電王の中でこのシーンの変身が好きです。
  • 第4位  仮面ライダー剣 (ブレイド) 34秒
    • 第1話の剣崎激怒の変身。イロイロと話題になったあの変身シーン。今みてもカッコいい。ベルトがぐるぐるはあの時だけだったかな?
  • 第3位  仮面ライダー響鬼から 仮面ライダー威吹鬼 39秒
    • あのシーンは意識していなければそんなに時間がかかっていたの?と思う場面でした。敵の攻撃をかわしながらのタメの時間がたまらない変身でした。
  • 第2位  仮面ライダーW サイクロンジョーカー 46秒
    • 第1話のマグマドーパントとの戦いで2人で1人のWのシステムを解説。かなり変わり者な変身ではあったが、インパクトが残る変身
  • 第1位  仮面ライダー龍騎 54秒
    • 第2話のドラグレッダーとの契約も含まれているため、以降その次の回のシーンは9秒。龍騎の最初の変身は設定や城戸真司がどのようなキャラクターであるのかを掘り下げており真司の心理描写がかなりでていたためでもあります。第1話の有名なセリフ「おれた」もふくめるとよりいっそう真司がどんな人なのか分かる仕組みになっています。
  • ちなみに変身最速は仮面ライダー剣の第2話の仮面ライダーカリスのバイクに乗りながらラウズカードをスキャンして変身するシーンで3秒。(宇宙刑事には負けますが)カリスは謎の仮面ライダーで敵なのか味方なのかという謎の部分を印象づけるための演出。僕はいまだに仮面ライダーの中で印象に残るベスト3に入る変身シーンです。3位がこれ、2位がさきほどの電王、1位は仮面ライダー王蛇の最初の変身です。







ASINを正しく入力してください。

公式サイト


関連記事


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。