ショッカー戦闘員


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 レッツゴー仮面ライダー 用語
【用語】 ショッカー戦闘員
【よみがな】 しょっかーせんとういん
【登場話】 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー
悪の秘密結社ショッカーの幹部怪人の配下の戦闘員。ショッカーがさらった人間から改造されている。
幹部怪人の指令のもと、赤いショッカー戦闘員をリーダーとしてグループを形成している。額に幹部怪人のマークが刻印されグループの幹部が誰なのかわかるようになっている。グループにより戦闘服も違いがある。またショッカー首領により世界各国から呼び寄せられた怪人と共に行動しているため、言葉に外国語なまりのある日本語をつかう者も存在している。
戦闘力は幹部の怪人より劣るが、グループで仮面ライダーを攻撃する。時にライダーと幹部の怪人の戦いの犠牲になってしまうこともある。破壊液を浴びて泡となって溶ける者、攻撃により爆発する者、様々な敗北を味わっては消え、次から次へと戦闘員が登場する。
脳改造をされているため自分の意思は持たない。ライダーにつかまり人質にされることもあるが、幹部怪人と同様に自己催眠をかけ機能を停止することができ、捕まっても秘密を漏らすことはない。ショッカーの掟により自爆する場合もある

ショッカーにさらわれショッカーの役にたつようにと怪人や戦闘員、科学者に改造されるが、能力が劣っていて改造不適合者の人間は怪人の能力の実験で死刑にされる。またどんな理由であれショッカーの秘密が漏れないためにヘマをした戦闘員は処刑されてしまう。

このショッカー戦闘員の戦闘服を着て、本郷や一文字や滝がショッカー本部に潜入することもたびたびあるが、すべてばれてしまう。ただし何回もばれて罠にはまるばかりではなく筒抜けになっていることを逆手にとり逆にショッカーを罠にはめ人質を救出することもある。

後に、ショッカー首領はあまりにも仮面ライダーに負け続けるショッカーに見切りをつけゲルダム団と手を組み新たな組織のゲルショッカーを設立することになる。ショッカーの秘密を知る者はたとえ仲間として仕えていた、戦闘員にもおよび、口封じのためガニコウモルにより全滅させられた。

【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。