鴻上生体研究所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 用語
【用語】 鴻上生体研究所
【よみがな】 こうがみ せいたいけんきゅうじょ
【登場話】 第10話
鴻上光生オーメダルの研究のために設立した生体研究所。研究所の所長のドクター真木こと真木清人を中心に優秀な科学者が集められ、設立から10年が経過した。仮面ライダーオーズの使用する、カンドロイドメダジャリバーライドベンダーなどのメダルシステムは研究、開発、生産まで行われ量産する設備も完備している。

第10話でおこなわれた、鴻上による設立10周年を祝う誕生日会おこなわれ所員全員に鴻上の手作りのバースデーケーキが振舞われた。このことによりオーメダルがすでに10年以上前から研究が開始されていたことになる。メダルの実験は鴻上指示のもとおこなわれておりグリード800年の眠りからよみがえらせる(第1話)実験は偶発的におきた出来事ではないことがこの研究所の存在が物語で明らかになったことで判明した。
またドクター真木の考えるオーメダルの理論と鴻上のやりたい欲望の考えにはズレがあり真木は鴻上の意見に表面では答えを合わせるのだが、裏では自身の理論を優先させるている。しかし鴻上はこれを真木のすばらしい欲望と考え黙認して事後承諾している。

【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。