明日のパンツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 用語
【用語】 明日のパンツ
【よみがな】 あしたのぱんつ
【登場話】 第1話第8話
  • 無欲火野映司お金や今夜の寝床が無くとも生きてゆけるアイテムが下着のパンツである。
  • 第1話で映司が刑事に泉信吾に対して生活できないだろうと言われた時に返した言葉でインパクトを残した「いけますって!ちょっとのお金と 明日のパンツ さえあれば」という迷言である。この後焼け焦げて使い物にならなくなった派手なパンツに落胆する。
  • 第8話で小森武に派手だねと言われ、メーカーによって履き心地が異なる事を力説している。なぜ底までパンツに対して精通しているのか?と言うのはとりあえずどうでもよいが、小さいころから旅好きの祖父に旅に連れ出されていて、遺言で「男は何時死ぬか分からないからパンツはいつも一張羅を履いておけ」と言われており少ない荷物に必ず派手なパンツを持っている。


【関連するページ】


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。