※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猟師と九尾の狐

あらすじ

ある日、子狐を捕まえた猟師・宗仁(むねひと)は、これでは腹の足しにならぬと、しばらくの間その狐を育てていたが、いつしか情が映ってしまった。そのため彼は猟をやめ、狐を残して山を下りた。彼は町で珠江(たまえ)という娘と出逢い、ささやかながら幸せに暮らしていたが、毎晩のように見る悪夢で心労していた。後にその原因が珠江によるものだと知り、彼はさらに苦悩する。

登場人物

宗仁(むねひと)
  • 趣味と実益を兼ねた狩りを楽しむ青年。偶然捕まえた子狐の育成によって考えを改めて狩りをやめる。その後は町に下りて生活し、珠江と出逢う。純粋で喜怒哀楽が激しい性格をしている。

珠江(たまえ)
  • 宗仁が町で出会った娘。動物をこよなく愛する。才色兼備を体現していて、町では名実ともに知れ渡っている。飄々としていて、自分の気持ちを表に出さない。



名前:
コメント: