※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

竜胆と松虫草

あらすじ

とある辺境にある人里。そこでは里の人間を妖怪から守る巫女がいた。巫女のおかげで、里の人間たちは、妖怪に怯えながらではあったが、穏やかに暮らしていた。これは、そんな村で生まれ育った子供たちの物語である。 巫女の家に生まれたカガチと、貧しい家に生まれたコノハ。性格も境遇も正反対だった二人だが、実質的に孤独な二人は次第に惹かれていった。しかし、巫女カカは息子であるカガチに近づくコノハが気に入らず、さりとて二人の仲は良いので、なんとかしたいものだと機会を伺っていた。その頃、里に妖怪が襲うことが多くなり、困り抜いた里の人間はさまざまな策を講じるも、実を結ぶことはなく、結局巫女に頼るほかなかった。新年を迎えたある日、巫女が里の人に神のお告げを伝えた。貢物と共に、娘を一人生贄として山に捧げることで、妖怪たちの怒りを鎮めるのだという。誰に白羽の矢が立ったのかは言うまでもない。

登場人物

カガチ
  • 里を守る巫女の箱入り息子。素質と環境に恵まれ、里で一番の人気者だが、誰からも一線を引かれ寂しい思いをしている。儚げなコノハを常に気にかけているが、身分と母親の存在のせいで自由に物言いできずにいる。

コノハ
  • 貧しい家に生まれた健気な少女。病弱な母親と弟を心の支えに、本人も決して健康とはいえない体で幼いころから苦労をしてきた。常に弱い立場にいるため争いを好まず、人の痛みがわかる心優しい性格をしている反面、裕福な人間に対して嫉妬することがある。

カカ
  • 妖怪から村を守る巫女で、厳格な人物として里で有名。息子であるカガチには甘い。腰が曲がり、子供ほどの背丈しかないが、大の大人を怯ませるほどの凄みを持っている。嫉妬深く、息子のこととなると盲目的になる。息子に近づくコノハのことをよく思っていない。



名前:
コメント: