※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔女と機械仕掛けの少女

あらすじ

地上の殆どが自然に回帰した世界。かつての文明が消えた地で、人類はまた独自の文化を形成して暮らしていた。
とある地域に“シャムロック”という組織が存在した。シャムロックは、表向き治安維持組織として機能しているが、密かに世界征服を目論む秘密結社としての顔を持つ。しかし、摩訶不思議な力を使う魔女の存在が、その障害となっていた。対抗策して騎士団を構えるものの、魔女の力の前にまるで歯が立たなかった。
しかしある日、騎士団の青年・オスカが、とある孤島で発見したという無感情な機械仕掛けの少女を連れてきた。オスカの上司ルタナは、少女をルーシーと名付け、彼女を人間の少女としてシャムロックに迎え入れた。
シャムロックの上層部はルーシーの正体を見抜き、魔女に対抗しうる唯一の存在として、彼女を上層部に抱き込んだ。常識外れの戦闘能力を持つルーシーは“アイゼルネ・ユングフラウ”と名付けられ、上層部の人間たちを恐れさせた。やがてアイゼルネは、魔女殲滅計画“魔女狩り”の要として暗躍する。そして、オスカとクルタナは、アイゼルネとなったルーシーを助け出すべく、シャムロックと魔女に立ち向かう。



登場人物

オスカ
本作の主人公。シャムロックに所属する青年。冷静というよりはマイペースな性格をしており、なりゆきまかせで物事を進めることが多い。ルーシーの第一発見者という責任から、クルタナと共にルーシーの面倒をみることになる。

クルタナ
オスカより年下だが上司に当たる人物。立場上、冷静な性格を装っているが、本来は年相応に感情豊かで熱くなりやすい。幼少のころに母親を魔女狩りで亡くし、その直後に父親の意向でシャムロックに孤児として預けられた。クルタナにとってシャムロックは、母親の仇打ちであると同時に自分の育ての親である。

ルーシー
孤島で発見された機械仕掛けの少女。本名や過去の経歴などは一切不明。クルタナから“ルーシー”と名付けられる。感情が乏しいが、コミュニケーションはとれる。保護されたあとは、オスカたちと同じシャムロックの騎士団に入団する。最初は歓迎されていたが、徐々に高い戦闘能力の片鱗を見せ、恐れられる。後に彼女の力を見込んだ騎士団の上層部に抱き込まれ、アイゼルネ・ユングフラウの名で暗躍する。

魔女
ある森に棲む謎の人物。過去の魔女狩りによりシャムロックの人々に広く知られるようになったが、実際に姿を見た者は騎士団のごく僅かである。



その他設定

シャムロック
表向き治安維持に務める善良な組織だが、その正体は世界征服を目論む秘密結社。創設された理由は上層部の中でも限られた人間しか知らない。

騎士団
表向きのシャムロックの団員によって構成される武力組織。かつて魔女と対抗するために創設された武力組織。

魔女狩り
かつて騎士団が強行した、魔女の討伐を目的とした作戦の名称。

古代文明人
古の時代に存在していたとされる種族。当時の人類よりも数世代発展した技術力を持ち、人類とは別種族として区別された。彼らは人類は相容れず、長い間対立していたことが古代戦争の引き金になったとされる。この戦争により、古代文明人に関する資料の大部分が失われた。

古代戦争
人類と古代文明人が対立し、世界中を巻き込むまでに発展した大規模な戦争。この戦争により、古代文明人はその文明と共に姿を消した。



名前:
コメント: