※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

突然ですが、ラブレターって書いたことありますか? 私はありません。そして当然のごとくもらったこともありません。
でも、告白するときにパニックになってしまったら、言いたいことが伝えられなくなる可能性も少なくなさそう……と思ったらガゼン書きたくなってきました!
どうせ書くなら思いが伝わるラブレターがいい!
必ず思いが伝わるラブレターの書き方を学ぶべく、言語分析家である、株式会社シードウィンの福田真さんにお話を聞きました。



福田さんの会社は、これまでに3万以上の社説、20万以上の論文を分析されています。どのような言葉と文章を使えば、有効的に気持ちを伝えられるかを科学的に提示する、いわば言葉のプロ。

――早速ですが、ラブレターにぴったりの文章量ってあるんでしょうか?

「400文字がベストです。これはまとまりがあって誰もがうまく書ける文字数なんですよ。ラブレターに限らず、どのような文章にも言えます。あとワンセンテンス(=一文)は30文字で収めるとよいでしょう」(福田さん、以下同)

――30文字というのは何か理由が?

「相手のことが好きなら好きな分だけ、短いほうがいい。長くなると、思いがこもりすぎてしまうんです。送られる側の立場に立ったときに、あまり好きというわけでもない相手に熱烈に迫られてもうっとうしいだけですよね」

――なるほど(笑)。ラブレターで要になるのはやっぱり「好き」という言葉だと思うんですが、これはどこに入れたほうがいい、というのはあるのでしょうか。

「口説く時期によります。口説き始めのラブレターなら、いきなり『好きです』と一度だけ書くのが効果的です。どこが好きなのかよりも、とにかく、『誠実な好き』を伝えればいいんです。文頭に『好きです』と書かれていれば、よっぽど嫌いな相手でない限り、あとはどんな文章でも好意的に読んでくれます」

――逆にアプローチの仕上げにラブレターを送る場合もありますよね。

「それなりに口説かれたあとだと、好きという言葉だけでは物足りないでしょう? その先を無意識のうちに求めてしまうので、今度は好きを連呼してください。『ここがあなたのいいところです。だから好きです。あそこもあなたのいいところなんです。だから好きです……』というふうに書くのが効果的です」

――なるほど。では、男女によって書き分けはあるのですか?

「最近の男性の文章の分析をすると、とても控えめな傾向にあるんです。一方、女性は以前と変わっていません。結果的には女性がリードするような形になってしまっているんです」

――それっていわゆる草食男子ですよね……。

「そういうことになりますね。基本的に女性は、ひっぱってもらうことを心の底では望んでいますから、積極的にアプローチする文章ならOK。『よかったらつきあってほしいです』というよりは、『好きだ。つき合え』というぐらいがいいでしょう。ま、これは極端なたとえですが」

――今はメールでの告白も増えていると思うんですが、これらのことはメールでも使えますか?

「基本的には使えます。でも、どうしてもメールは読み流してしまうので、手紙をおすすめします。封筒から便せんを取りだして読む。その一連の行動がより相手に印象づけることになりますしね」

まとめると、
  • 全体の文字数は400、一文は30文字でおさめるのがベスト。
  • 口説き始めの場合はラブレターの文頭は「好きです」を一度だけ!
  • アプローチの仕上げには「好き」を連呼せよ。
  • 男性はとにかく攻めの姿勢で。控えめなのは×。
  • ラブメールよりもラブレターで思いを伝えるべし。

これで意中の相手を本当に落とせるのかどうか?
早速、これでレターセットを買ってラブレターを……。