※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2章(タイトルと概要)

同じ文章でも、目を食い入るように読むのと、他のことを考えながらボーッと文字を目で追っているのとでは受け取り方が全然違いますよね。これが覚醒率の高い低いです。

本文を読む前に一覧に表示される「タイトル」で彼女の目を止める事が出来れば「貴方のメール」に対する覚醒率は高くなります。その大切なタイトルに「はじめまして」や「こんにちは」と言うあいさつ言葉はナンセンス!かと言って「好きです」とか「愛してます」なんて言う告白の言葉はちょっと行き過ぎです。基本はそのメールの目的を要約する言葉で、「交際希望」「メール交換希望」あたりが無難。それを自己流に噛み砕いて「交際希望の○○です」とか「メール交換して!」くらいの、ほんのちょっとだけ工夫したタイトルが読み手の覚醒率を高めてくれます。

本文の内容量は、A4用紙に半分から1枚分くらい。5行以下は相手にされないし、A4用紙2ページ以上だと長すぎて読んでもらえません