※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1章(心構え)

まず、念頭に入れてほしいのは、「言葉」や「文字」は「気持ち」を伝えるための「道具」に過ぎないと言うこと。もちろん「言葉」「文字」にも意味があって、それを組み合わせて「意味のある文章」にするんですが、女性は「文章の意味」の裏側にある「気持ち」を敏感に読み取ります。だから、どんなにきれいな「言葉」を並べても、書き手が不信感を持っていたり、ふざけていたら、その「気持ち」は自然と読み手に伝わってしまうのです。そうならないためには、紹介サイトを信用し、募集の掲載をしている相手の事を信じること。そして、「自分はこの人と付き合うんだ。」とか「絶対この人から返事をもらうぞ。」と言う心構えを持って、丁寧に、素直な「気持ち」を文章に込めるようにして下さい。具体的に「どうすればいいか」は第4章で説明します。

もう1つ、忘れてならないのは、アプローチメールは「最低2通、最高2通」です。1回メールを出して「返事がないからもう送らない。」では、最初から出さないのと同じです。私も、感じのいい人だと思っても、1通目での返信は戸惑う事が多かったです。3、4日待ってみて必ずもう一度、内容を書き直して出してみて下さい。
逆に2回出して返事がなければ他を当たった方が無難です