新潟大学 馬術部


歴史

  • 昭和3年新潟医大に乗馬部誕生。
    • 第2次大戦末期に自然消滅して20年、昭和41年5月新潟大学馬術部同好会として顧問故伊藤 辰治(当時学長)、山内 俊呉教授、会長故堺 哲郎先生、副会長山本 興三朗先生、監督故赤井 貞彦先生、コーチ百々 猛先生、平野弘三氏(当時新潟競馬場業務課長)、補助コーチ坂井幸市さんのメンバーで日本中央競馬会新潟競馬場、県競馬組合、旧馬術部OB、県馬術協会の協力を得て発足しました。
    • 昭和43年5月に正式に学友会の馬術部になり、新潟大学馬術部が誕生しました。昭和44年6月に待望の弘俊号が入厩し同時期に馬場開き、厩舎竣工式が行われ、新潟大学馬術部の新しい第一歩が踏み出されました。

活動内容

  • 馬術部の活動は主に朝です。
    • 馬の部屋を掃除して、馬に乗って講義の時間になったら大学に行きます。
    • 朝がちょっと早いので講義中に眠くなることもありますが、それ以外で勉学に支障をきたす事はありません。
    • 厩舎は大学構内にあり、厩舎から経済・法・人文学部まで徒歩最短3分です。本当に近いです。
    • 現在は部員から部費の徴収はせず、新潟競馬場でのアルバイト代、その他補助金などで馬を養っています。

主将の一日
5:30 起床
6:00 整列。部活開始。
8:20 大学へ。真面目に勉強!!
16:20 講義終了。
19:00 バイト
22:00 帰宅
23:00 就寝

施設紹介

  • 放牧場×2
  • 角馬場(約45m×75m)
  • 簡易バンケット
  • ワラ小屋
  • 居室(きれいに使いましょう!)

報告

新潟大学馬術部は、大会出場にあたり、新潟大学全学同窓会雪華支援事業による支援を受けました。
心より感謝致します。