ココロウチ


[ verse 1 ]
夜勤明け 嫌に街が照る ハシタ金の為、きっと間違ってる
ヤニ焼けした部屋に戻れば この身体が透明な潤沢を求めだす

「捧げろ、この後の人生」
首を縦振るモン無きゃ、もともと死んでる

光る屋根と屋根すり抜ければ
不公平かつ横柄な情景が覆って目眩ます

「No PainなGain」感じれば最高

"じゃなけりゃ最低"

真面目な博徒

はじめの幕の内から踏み出す一歩

できなきゃコックローチ死ぬまで貧乏

ジットリとした日陰
また じっと一人で言い訳?

いい加減やんなっちゃうから
言いかけた言葉飲み込まず、そのままただ吐いてく

[ hook ]
送電線におしつぶされそうで
また遠くを見つめては気休めして
知らんぷりのままの街の目には
僕は、どう映るのだろう

[ verse 2 ]
オーバーに飲みすぎた Cuzあれはハナ金
鼻水ちょいすする程度には半泣きで
100日Overで悟り開くオナ禁
視界はまるでタ トゥイーンのポッド乗ったアナキン

ピーク「Theおうちぼっち」
マコーレー・カルキンみたいにならないぜ、
ベイダー卿は銀河系のキー
ま、これから気にさせてく
I'm not a 枯れ木 見せていくよ大事な働き

アイタタタ…なんかださい仲違いDis
でも、またアンタがた蝿がたかる冷えた固い肉

1mmも興味わかないのに 目障り
いつまでアイドリングMCの集まり

まぁ、つまり未だ吹っ飛ばせていない
不甲斐ない己にずっと焦っては

[ hook ]
送電線におしつぶされそうで
また遠くを見つめては気休めして
知らんぷりのままの街の目には
僕は、どう映るのだろう



Lyric by 文鳥
Track by monkeypunks
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。