ワンダーホエール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


[ hook1 ]
遠い遠い町の七不思議
思い思い足した僕らの跡
遠い遠い町の片隅に居残り
そこにある片道切符の未来

[ verse1 / 花子 ]
「あの雲はきっと鯨だ。」
広がる青天井。浮かぶ積乱雲を指差した。
突発的探究心が紡いだ少年の唄。
ワンダーホエール。
いつだって鯨雲は僕らを手招いた。
wonderfuldays、放課後の街、
条件反射の衝動、主役はここにいる。
ランドセルを放って駆ける、全身で綴る冒険漫画。
あの日、世界はどこまで行っても無限だった。
在りし日のたまり場。脇道の駄菓子屋。
秘密基地。ジャングルジムの天辺。
三丁目の夕日が覆うまで、半透明・素粒子のように
隠れた教科書にはない感情を集めた。
「神様にはなれない。」
「きっと僕は主人公じゃない。」
無尽蔵からは遠い限られた世界。
知ってしまった今でも、忘れないよ。

[ hook2 ]
8月32日がずっと続いても (あの日からきっと)
風にのって風にのって 僕ら漂ってるだけ
夜はすやすや 雲になって 隠れてしまいたいよ (あの日からきっと)
同じ夢を見てる あのタイムマシン

[ verse2 / 武富士アコム ]
炎天下 目に入る 救急車 uhh..
真っ赤なお顔 あの子がクラッシュ
空っぽのランドセル 分岐点をどうして遮るの?
まぁ楽しい事しかしたくないよ
廃校舎 屋上 りんごのうた
掴めそうな 星空 火灯した
計画が未遂で終わった 当日
僕はおばけみたいなカーテンに身を隠して 消失
そう 指を重ねる 10円玉に
いっそ 今ならどっか連れ去ってよ (ゆらり)
まだペダルを漕ぐ足 明日が終わりでも燃える
負け犬の ワンだ 吠える
急に降る雨 びしょ濡れでバス停
金木犀 エグられ なんとなく死んで
避けるように ただただ 心臓まだ動くから
絡まったまんまのあの頃 ほらフラッシュ

[ hook1 ]
遠い遠い町の七不思議
思い思い足した僕らの跡
遠い遠い町の片隅に居残り
そこにある片道切符の未来

[ hook2 ]
8月32日がずっと続いても (あの日からきっと)
風にのって風にのって 僕ら漂ってるだけ
夜はすやすや 雲になって 隠れてしまいたいよ (あの日からきっと)
同じ夢を見てる あのタイムマシン





Lyric by 電波少女
Track by 9zo0
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。