モーモク。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


[ hook ]
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ


[ verse1 ]
アスファルトにまた名も無い花が咲く 孤独にすら抗いながら
サイファーの輪の中絶望を噛む 熱も無く咲け浴びちゃ劣等感
58握る六畳間とステージ 2010年9月8日
アンタが欠けちまったこの場所で俺はまた乾いた嘘をつき通す
現実逃避も逃げ切れば勝ち 笑ったフリしたシヴィルウォーの中
サイファーの前の歩道橋 飾らないギターを持った路上の詩
神門の『三日月』と同じ感覚 等身大と向き合う残酷さ
カラスの様な翼も無くバベルの塔に区切られ四角い空
ヘタクソな文字で喚泣き出す飼殺しの鳥籠のカナリア
何時もの階段に13数えた 燻ぶるSoulはいつもアイロニー
前を向く度に己殺した ノルマを代価に大人になった
言葉を代替ステージに立った ホント下らねぇ話さ


[ hook ]
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ


けたたましく鳴り出す電子音のなか醒めない夢に耳を塞いでた
カーテンの隙間縫って刺す朝陽が煩わしくて目閉じるだけさ
けたたましく鳴り出す電子音のなか醒めない夢に耳を塞いでた
カーテンの隙間縫って刺す朝陽が煩わしくて目閉じるだけさ


[ verse2 ]
先進国日本じゃ敗者にも勝者にも月は東に日は西に昇る
守る人も居なくなったボロ日傘 一人籠り切りの御伽噺
ヤニ臭いコートに袖を通す度 また残り香に引かれる後ろ髪
貴方の欠けちまったこの街で俺はまだ乾いた嘘をつき通す
スーパーコピーの中の路傍の花
フード被り待ち焦がれた孤高之魂魄
和の国で棘を伸ばすローズマリー
汚れた悲しみを一体どうすりゃいい?
悪魔にも誰にも魂を売れずに無情に虚空を切る血のインク
向かう先は契約者じゃなく知りたかったあの花の名前一つ
古傷にボロを継ぎ当て呪いじみた激情にまだ付き合ってる
身勝手に貴方から音楽を奪った街で俺は最後まで嘘をつき通す
穴の空いたノアの箱舟に乗って呉越同舟 こめかみにピストル
ジョーカーも引けぬ二年間を詰め込んだ4MB 俺なりのアンサー


[ hook ]
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ

[ hook ]
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ

[ hook ]
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ
なぁ神様いっそモーモクなままで好きに歌わせてくれよ
こんな街で止まぬ雨の中 一人きりでもいい
笑ったままでさ殺してくれ




Lyric by SHIDO
Track by K's
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。