新宿shine


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


[ intro ]
ここは新宿駅 3番ホーム立つ
眠気眼で意識はだんだん遠くなる
消える太陽いらぬか冷える体温
人肌ほしけりゃ置いてけよmoney mo

へし折る弱者やり方は無茶苦茶
善人?アイツとアイツも役者
コマ劇前で徘徊してる薬中
負の連鎖ピラミッド
嫌味なくらい忠実に搾取、奪い取る

煙たいよこの街の喧騒エゴ
『ちっぽけな僕』
なんて消えそうでしょう?
えっと何から話そうか…

にぎやかな街だが皆持つ孤独
ほっとくと見えなくなる物の本質
クソみてぇな町のクソみてぇな曲
クソみてぇな俺でもさもう一度

新宿shine

[ verse1 ]
ダンボール=路傍のホーム
昼消してControlどうのこうの
理屈はあって無い
現実理想はネオンの向こう
仕切られたborder
でかい世界はsmall

12万の酒が空に舞う あちらと向こう
落ちたポリ公に残る疑念
地名ここ歌舞伎町
勘繰りの止まぬ罵声響きわたる

救われぬ真実 姿は向こう
現実はいつも小説より奇なり
キ○ガイは血迷い 言葉吐くsadistic
あんたあざ笑うの飽きずに

背負い込んだkarmaなんか信じちゃいないが
写した空蝉は邪なfate
善人に見えるほど奪い取るfake
クソみてぇなloopに気付いても終わりは無い


[ hook ]
どうしたら消える?どうしたら見える?
どうしても見えずにあきらめ消える
今日も左から右『法律』なら死に
金が揺れ動く街


[ verse2 ]
こっちはもう空の清算後
擦ったtimberland履く。
警官はもう汚いところばっかりなんだ
fuck眺める2年間は未練なジレンマ
すけた窓ガラスだとしったって不透明
頭脳game表と裏で踊る手のひら
当たらずも遠からずの鬩ぎ合いで
勘繰りあうのが正解らしい
寄せては返す嘘と媚のみの声
遠くの声。僕は何処へ…

あの子の声ですら僕聞こえない
こんな雑踏で人なんか認めない
誰か嗚咽しても振り向かない
だって僕だってその一人だから

よどむ風景流れた年月が
憧れになって今では落ち着けた
不当だってわかっててもなぜだろう?
疑問にもならないだけなのだろうか


[ hook ]
どうしたら消える?どうしたら見える?
どうしても見えずにあきらめ消える
今日も左から右『法律』なら死に
金が揺れ動く街


[ verse3 ]
この街のシステムに限界は無い
携帯のバイブ知らせの止まない午前4時
証言どおりの一丁目通り
アカ灯とカスとクズの集まり野次馬

夜明け前、瑠璃色の空の下で見た
今ゴミ溜め高架下
何食わぬ顔であんた『どうかした?』
棒立ちでみんな同じさ

もうクソったればっかサラリーマン
夢背負って胸張ったbeliber
ネオン浴びて変わったのみんな
死にたがりで指かけるtrigger

今日もまた飛び込んだらしい
住所不定無職、痛ましい
死亡時刻告ぐ国のmachine
麻痺る感覚 いつも見るone scene...


[ hook ]
どうしたら消える?どうしたら見える?
どうしても見えずにあきらめ消える
今日も左から右『法律』なら死に
金が揺れ動く街


[ outro ]
売人、娼婦、廃人がirie
I don`t give a fuck手染めたilligal
数打てば胸も感じねぇpain
お縄までのfreeほらまた一人…
新宿shine真実無いのに信じる辛い
でもこの街に 愛





Lyric by shirayuki
Track by もず
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。