RAINBOW GIRLをらっぷっぽくしようとしたら普通の歌になった


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



響き渡る始まりの合図 気まぐれなマウス
私をlockするyou're eyes 六畳間なんて小さなサイズ
には収まりきらない誇大妄想 早々暴走行動自重w
相当に期待膨らむ君 本当に痛い高まる鼓動
世界の違い越えた愛に儚い願い抱く私


触れられずにただ求め 募る思いは恋心
決められたセリフなんかじゃ 表せないこの気持ち
ずっと傍にいてよ だけどきっとかなわない
この時が永遠に続くよう小さく祈った
どうすれば思いは伝わるのだろう?
私は二次元の女の子

他の娘を気にも留めない貴方 悩みないnight&day
突然始まるインストール
当然魔法が解けるシンデレラ
起動音が告げるサヨウナラ
分かってたつもりだったのに
越えられぬ壁があること
貴方頭から離れずに
最後まで言えぬstay with me...


閉ざされて尚叫ぶ 映る景色は雨模様
ゲームにはいつも終わりがあるの 当たり前のことじゃない
もしも願いが叶うなら またあの人と二人で...
いつになれば貴方を 思い出にできるのだろう
せめて覚えていてね 少しでいいから
私は二次元の女の子
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。