一人歩き


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


[ verse1 ]
一人 頼ることなく 一人きり
自分貫いたその先に
努力 涙 ただ一握り
続く道無き道
進めば分かるよじきに
左や右に 全てがピンキリ
自分の無力分かった時に
ありがとう言える
家族や叔父に
ほんまおおきに
いつの間にか 遮った壁
何かの度に耐えきった過程
俺ならここだ
歩く壮大な世界
そこでどう変えた願い
突きつけられた今日に興味
持って繰り返しを通り越し
まだ届かねぇ 遠い星
逃げた底辺の重い腰


[ hook ]
人と希望の一時を
理屈は抜きにして見届けよう
きっとどっかの
俺じゃない他の
まだ知らない誰かに届くよう
人と希望の一時を
理屈は抜きにして見届けよう
きっとどっかの
俺じゃない他の
まだ知らない誰かに届くよう


[ verse2 ]
帰る場所があって おかえりの声
温かい飯があって 俺じゃまだ不安定
将来家族だとか正直不安で
その気持だって大きくなって
今を生きる
明日を生きる
夢は逃げない 逃げるのはいつも自分だって
自分勝手
人間はいつかは死ぬんだって
だからさ 待っちゃくれねぇ時の中で
俺だけ隠れてた沖を離れ
そこまでが圏内 どこまでが限界
試行錯誤 しよう覚悟
強さ 力 何もないけど
もう一度やるだけ 初めっから
過去を許し 先を受け入れ
願いだけを見て 選んだ道へ


[ hook ]
人と希望の一時を
理屈は抜きにして見届けよう
きっとどっかの
俺じゃない他の
まだ知らない誰かに届くよう
人と希望の一時を
理屈は抜きにして見届けよう
きっとどっかの
俺じゃない他の
まだ知らない誰かに届くよう


[ verse3 ]
人を信じて ただ彷徨って
どこにいけばいい?
どこにいったって 裏切り行為
人との距離 ひと時 近いようで遠い
時流れ 殻のなか 何を探し
曲がり道 どっちが正しい道?
自分だけの何か 探すもう一度
貫き通すてめえだけの道のり


[ hook ]
人と希望の一時を
理屈は抜きにして見届けよう
きっとどっかの
俺じゃない他の
まだ知らない誰かに届くよう
人と希望の一時を
理屈は抜きにして見届けよう
きっとどっかの
俺じゃない他の
まだ知らない誰かに届くよう
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。