the way we were


[ verse1 ]
秒速80メートルに揺られ 見た夢
頬を触ると濡れていた 僕は泣いていた
君は笑っていた
泣き出しそうな顔で笑っていた
何時からこうなった?Procrastinator
夢を見る度に Back to teenager
Simple relation 未完全Creation
癒えない痛み 恐らくは致命傷
残された微かなサイン
すぐに読み解く筈が難解
何年経っても離れなくて、もう
笑っちまうようなフラッシュバック回数
立場が逆なら馬鹿にする?
それともガッカリすんなって激励する?
既に負けの決まってる出来レース
あの日々の記憶だけ捨て切れず
Back to back, i wanna be back in the days
戻って何をどうするつもりだ?
Back to back, i wanna be back in the days
数々の選択肢 もう一度吟味
何処でどう間違った?
ガキだった やたら愛という言葉嫌った
増えてゆく約束に 縛られる気がした
死んだような生活で失われる弾力
日毎に薄れゆく 君の手の感触
Rot off and Drop away 遠く何処かへ
ひらりひらり ひとひらずつ散る
覚えてるのは きっと世界中で僕だけだ
最後の一人が忘れ去れば無かったことと同義だ
分かってる 奇跡なんてあり得ないのに
馬鹿みたいに夢見ながら手探りで歩いてる
真っ暗で先の見えない路地
モノクロも セピアもいつしか
記憶に馴染んで綺麗な色に
痛みはいずれ和らぐだろう
せめてそれまでは 消えないように

[ hook ]
思い出して また少し泣く
思い出しても帰らない日々
思い出して 他でもない 君に
思い出して欲しいんだよ
思い出して また少し泣く
思い出しても帰らない日々
思い出して 覚えてるうちに
思い出して欲しいんだよ

[ verse2 ]
夢を見たんだ 遥か遠くで
君を包むように春が舞う
僕だけは一人 残雪の中
埋もれて息すら出来なくなる
この街の人口が一千万人で
見える範囲 改札に数百人
イコールすれ違う確率は何分の一?
未だに、そんな下らないことを想像してんだ
戻れなくて良いよ だけど 進みたくもないな
ずっと此処で 思い出の残りカスだけ
食べてゆけば 大丈夫だよ
随分減っちゃったな
味も麻痺してて分からないな
ところどころ都合よく塗り固めてあるから
どこまでが現実で どこからが空想か
あり得ないことだって 嘘かと疑わず
そのくせに信じない 欺瞞、騙し合い
完結した円の中に逃げ込んで暮らしたい
言葉に出来ることは ごく僅か
でも君にだけならば届くはずだ
季節 気付けば移り変わってく
Step to the outside あの日の様
Reminds me of the by-gone days far behind
誘われるように歩き出せば
そこに 何故? 奇跡みたいに
何故 今 このタイミングで
すぐに 振り返れば そこに

[ hook ]
思い出して また少し泣く
思い出しても帰らない日々
思い出して 他でもない 君に
思い出して欲しいんだよ
思い出して また少し泣く
思い出しても帰らない日々
思い出して 覚えているうちに
思い出して欲しいんだよ

[ hook ]
思い出して また少し泣く
思い出しても帰らない日々
思い出して 他でもない 君に
思い出して欲しいんだよ
思い出して また少し泣く
思い出しても帰らない日々
消えていく、全部 魔法みたい
振り返っても 君は もう居ない

[ outo ]
i loved the way you smile
i loved the way you cry
i loved the way you walk
i loved the way you sleep
i loved the way you talked to me
i loved the way you joked on me
i loved the way you hugged me
i loved the way you kissed me
i loved the way you were
i loved the way we were





Lyric by ill.bell
Track by 9zo0
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。