you


[ verse1 ]
ありがとう。ごめん。簡単だったのに 1つの分岐点に並んだ迷い
僕らの世界は変わったんだろう? 一歩また一歩怖くはないさ
垣間見る光、期待した僕 裏切りは望まぬ未来に加速
広がった距離、その場所は遠く やがては誰をも拒んだゴール
気付かない感情の水溜り いつか抱きしめてくれた温もりが無いと知る朝
互いに大事なコミュニケートツール 持ち寄った過去ごと全部窮屈
きっと出来たはず 「誰のせい」じゃなく 言えなかった言葉を紡いだ明日
時間の牢獄、泣いてたんだ もう抗うことすら出来ず

[ hook ]
思い出すほどに懐かしい街並み
繰り返す今年を後にお終い
響いた祭囃子に駆け出した
ひぐらしのなく頃に

[ verse2 ]
みんなみんな幸せになりたくて 時には疑って、また書き足すページの分だけ一致
振り返る道 比べると身丈とは合わない位置 映像はまだ小さな痛み
ONとOFFのコントロールすら滞る 冷たさと後悔が覆いし場所
羽があるなら鳥になろう 悲しみを知ったから優しさと知った
独りだった窓際には光が 差し込み照らす綺麗な花 いつだって側で見てきたから
無理矢理呼ぶよりもまず100年が物語る どれだけに宝物なのか
繋がったフィルムと溢れ出した雫 ずっとあった温もりと気付く

[ hook ]
思い出すほどに懐かしい街並み
繰り返す今年を後にお終い
響いた祭囃子に駆け出した
ひぐらしのなく頃に





Lyric by Naoki
Track by 委員長
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。