QQ027

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#027 The Brotherhood of the Seven Kings / L.T.Meade & Robert Eustace
七王結社 / L.T.ミード&ロバート・ユースタス


  1. At the Edge of Crater
  2. The Winged Assassin
  3. The Swing of the Pendulum
  4. The Luck of Pitsey Hall
  5. Twenty Degrees
  6. The Star-Shaped Marks
  7. The Iron Circlet
  8. The Mystery of the Strong Room / 金庫室の怪
  9. The Bloodhound
  10. The Doom

七王結社を率いるマダム・コルチーは、ロンドン上流社会でその美貌と能力(医者、というよりカウンセリングか)で知られる有名人。そのマダムの正体を知り、陰で働く悪事を阻止せんと戦うのが科学者ノーマン・ヘッド。彼はかつてイタリアでマダムと知り合い、その魅力に惹かれて結社に属していた過去を持つ。ヘッドはある知人の少年を結社の魔の手から救おうと奔走し、

QQリストのこの時点で既にクレイ大佐、ランドルフ・メイスン、ラッフルズといった悪人が登場しているが、マダム・コルチーは彼らの上を行く。クレイ大佐はまぁ詐欺師、メイスンは法の抜け穴は使うが破ることはない狡猾な弁護士、ラッフルズは生活と冒険のために盗みを働くが、あくまで紳士なのでそれ以上のことはしない。だがマダム・コルチーは、目的を果たすためには殺人も厭わない。

"The brotherhood of the seven kings"は、1898年1月からストランド誌上にて連載された物語である。このタイプの「悪の結社の首魁」と言えば真っ先に名の挙がる ジェームズ・モリアーティ教授 は1893年12月に登場している。しかしモリアーティについては殆ど「悪の首魁」であるということしか描かれていない(そもそも描かれているのすら3回しかない)わけで、実際の活躍(?)が描かれたという意味ではマダム・コルチーの方がずっと派手だ。

クイーンの解説によると、L.T.Meadeはその後The Sorceress of the Strand (1903)という短編集で、コルチーを上回る犯罪者マダム・サラを登場させた、とある。なんでも最初の定員リストでは、コルチーではなくサラの方がエントリーされていたらしい。

Gutenbergでは原文が見つからなかったが、Gaslightにはあった。タイトルで検索すると他にもいくつか見つかります。前述した戦前の邦訳は杉村楚人冠の手によるもので、しかしこれは入手はほとんど不可能。絶版ながら早川文庫『シャーロック・ホームズのライヴァルたち 2』には「金庫室の怪」と題して8が収録されている。嬉しいことに、全編の邦訳をWEBで公開しているサイトがあります。私は結局そこで読みました。感謝。



名前
メールアドレス
内容
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|