QQ017

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#017 Stories from the Diary of a Doctor / L.T.Meade & Dr. Clifford Halifax
ある医師の日記からの物語 / L・T・ミード & クリフォード・ハリファクス博士


  1. My First Patient
  2. My Hypnotic Patient
  3. Very Far West
  4. The Heir of Chartelpool
  5. A Death Certificate
  6. The Wrong Prescription
  7. The Horror of Studley Grange / スタッドリー荘園の恐怖
  8. Ten Year's Oblivion
  9. An Oak Coffin
  10. Without Witnesses
  11. Trapped
  12. The Ponsonby Diamonds

EQに掲載されたクイーンの定員の解説記事には、この本のことはほんの少ししか触れられていない。というか、この本は名前が載ってるだけで、クイーンは別の本のことしか書いていない。(こーゆーひどい扱いの本は他にもたくさんあるが。)L・T・ミードは本名を Elizabeth Thomasina Meade Smith といい、この時代に主に少女向けの作家として活躍した女性である。なんせ12歳で物語を書き始め、作家活動は40年に及ぶというから多作であるのもある意味当然。そしてクイーンの定員には合作という形で2冊の短篇集が含まれている。その1つ目が、クリフォード・ハリファクス博士との共著である本短篇集である。

ディック・ドノヴァンの多くの作品と同様、これもクリフォード・ハリファクス博士による実話録の形態をとっている。ハリファクス博士については一部で「実在するか不明」との記載も見たし、L・T・ミードが登場人物の一人を共作者として(言葉は悪いが)でっちあげたんだろうと思っていたのだが、、、実在する。名前は Edgar Beaumont. 実際に医学者であり、医学的見地からミードの作品を支えたということらしい。

つまりこの本は、本名は Elizabeth Thomasina Meade Smith & Edgar Beaumont であり、ペンネームは L.T.Meade & Dr. Clifford Halifax という2人による、Dr. Clifford Halifax を主人公とした短篇集、というわけ。ストランドマガジン(ホームズと同じ)に1983年6月から掲載された12編をまとめたもの。

この本は邦訳されたことがない。多分。
7のみ『シャーロック・ホームズのライヴァルたち 1』(絶版)に収録されているのだが、それ以外の作品については邦訳の記録を見つけられなかった。7 を読む限りでは個人的には面白いと思うんだけどなぁ。

なお、ストランドマガジンの連載は 1895年1月から第二シーズンが始まり、86年にはこれをまとめた Stories from the Diary of a Doctor -second series- が発行されている。こちらの収録作は以下の通り。

  1. Creating a mind
  2. The seventh step
  3. The silent tongue
  4. The hooded death
  5. The red bracelet
  6. Little Sir Noel
  7. A doctor's dilemma
  8. On a charge of forgery
  9. The strange case of Captain Gascoigne
  10. With the eternal fires
  11. The small house on Steven's Heath
  12. To everyone his own fear


名前
メールアドレス
内容
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|