QQ012

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#012 The Lady, or the Tiger? / Frank Richard Stockton
女か虎か / F・R・ストックトン


  1. The Lady, or the Tiger? 女か虎か
  2. The Transferred Ghost 幽霊の移転
  3. The Spectral Mortgage
  4. Our Archery Club
  5. That Same Old Coon
  6. His Wife's Deceased Sister
  7. Our Story
  8. Mr.Tolman
  9. On the Training of Parents
  10. Our Fire-Screen
  11. A Piece of Red Calico
  12. Every Man His Own Letter-Writer

「女か虎か」を含む短篇集である。
F.R.Stockton はそれなりに多作家のようなのだが、「女か虎か」があまりにも有名なために他の作品はあまり知られていないのではないか。この項目についてのクイーンの定員の解説は「この作品の中には探偵はいない。しかし作品の外には無数の探偵がいる」というもの。これは明らかに短編「女か虎か」についての言及であって短篇集『女か虎か』についての言及ではないだろう。

表題作は1882年に発表されたリドル・ストーリー。リドル・ストーリーを語るなら避けて通れないこの短編。"ストックトン 女か虎か"で検索すればあらすじもしくは全文が読めるサイトがいくつか見つかるのだが...。意外なことに、本で読もうとするとなかなか見つからない。知っている限りでは早川書房の『37の短編』、講談社文庫の『世界ショートショート傑作選 2』、紀田順一郎編『謎の物語』に収録があるが、いずれも絶版です。私は『謎の物語』で読みました。このアンソロジーは広義のリドルストーリーを集めたもので、個人的にお勧めです。

「女か虎か」には「三日月刀の促進士」という続編がある。また、ジャック・モフィットの「女と虎と」は「女か虎か」の解決編の中で非常に優れているという評判のある話である。しかしどちらも雑誌のバックナンバーにあたらなければ読めないようだ。探せばWEB上であらすじを紹介しているサイトを見つけれるだろう。ところで『謎の物語』の解説によるとストックトンは「女か虎か」の続編を2つ書いているらしいのだが、もう1つが何か不明。

2 は岡本綺堂編世界怪談名作集(下)に収録。河出文庫版が新本で入手可能。岡本綺堂訳ということは訳者の死後も50年以上経過しているわけで、この名作集は青空文庫でも読むことができる。講談社青い鳥文庫のアンソロジー『幽霊のひっこし』の表題作も同じである。正直、アンソロジーに何度かとられるほどに面白いとは思わないのだが。

この2作以外については不明。Gutenbergにも入っていないようだ。


名前
メールアドレス
内容
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|