投稿日: 03/02/18 06:22
00428 能力名 弾けるノミと癒し系のノミ(ハジルスター)
タイプ 生体生成(念獣)・念吸収・治癒\治療・爆発\衝撃波
能力系統 具現化系
系統比率 未記載
  • 能力の説明
オーラを吸うノミを具現化。
まず、標的に獲り付く、
取り付いた瞬間から陰で消え、相手のオーラを吸う。
オーラを吸い取られることに痛みはまったくない。
(だが、それなりの量のオーラを吸えば当然相手は疲労する。)
ノミは吸い取ったオーラの性質を変えることができる。
相手のオーラを火薬の性質に変えるノミと、
ノミを使う能力者のオーラと同じにするノミ。
前者は能力者の意思で起爆。纏状態の腕を吹き飛ばすくらいの威力。
これ以上の威力にすることもできるが、相手が疲労感からまず異常に気づくだろう。

後者は敵のオーラを吸った後、能力者の意思でポトリと落ち、能力者の下に帰還。
それを食べれば疲労回復。
ノミは凝で見破れるしノミ自体は簡単にプチっと潰せる。

  • 制約\誓約

  • 備考

  • レスポンス
前者は能力者の意思で起爆。纏状態の腕を吹き飛ばすくらいの威力。
火力は吸い取った念の量に比例、って辺りが落としどころかと。

火力は吸い取った念の量に比例、
そのとおりなんだけど、対象が気づくか気づかないかのぎりぎりの状態で能力者がよく使うレベルが
前者は能力者の意思で起爆。纏状態の腕を吹き飛ばすくらいの威力。
なんです。
対象にしてみれば、やっべー風邪引いたかなくらいの状態です。
もちろん相手の念能力者のレベルによりますが、強い能力者はたくさんの念をとっても疲労感という意味で気づかれにくいですが、
その分防御力がありますからオーラを打ち破るには相当のオーラが必要で、結局相対的なんです

凝についてと、
このままだとメモリを食いすぎるってことが突っ込みポイントかな。

類似能力

コメント:

すべてのコメントを見る

|