投稿日: 03/02/09 22:18
00414 能力名 凶星の傀儡師(ネクロマンサー)
タイプ 物理操作・生体操作・死者蘇生
能力系統 操作系
系統比率 未記載
  • 能力の説明
死者の心臓に直接念を送り込むことで、その死骸を操作することができる。
その際死者の精孔は開かれ、念を使える状態で使役できる。
傀儡となった死体は平均して一昼夜で元にもどり、術者との相性の兼ね合いで時間前にもとに戻ったり
夜明けとともに元に戻ったりしてしまうこともある。
操作系の能力の特徴として使いこんだモノほど精度が増す傾向があるので、術者は気に入った死骸を棺桶に入れて携帯し、使用することが主である。
死者に知能はなく、使役する死骸が多い時は意識的な操作から自動操作に切り換えることもままある。
能力の利点として死骸さえあれば無尽蔵に手駒を増やすことができ、戦場などでは無類の強さを発揮する。

  • 制約\誓約

  • 備考

  • レスポンス
オーラって生命エネルギーみたいな設定じゃなかったっけ?
死者の精孔を開いても意味ないんじゃ…意味違ったらスマソ

類似能力

コメント:

すべてのコメントを見る

|