ひっそり?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆ひっそりラジオ☆
+☆第1回☆ ~祝!!初回放送~
ルキ  「はい、そんなわけでひっそりとラジオをやることになりました」
大佐  「どういうわけなんだそれは………」
ルキ  「とある方から書いちゃえ~~~ (^-^ と言われましたもので………」
大佐  「………………」
ルキ  「というわけで、勝手ながらひっそりとラジオをやっていきます!!」
大佐  「………ご自由にどうぞ」
ルキ  「何言ってるんですか?大佐はメインパーソナリティーの1人ですよ?」
大佐  「何故に!?てか、いろんな人が思ってると思うんだが、私の名前を書いてく

れ!!」
ルキ  「えぇ~~大佐は大佐ですよぅ………」
大佐  「ひどい……… (T-T 」
ルキ  「まぁ、そんなわけで、気が向いたら更新していきますのでよろしくお願いし

ます」
大佐  「シクシク………」
ルキ  「ほら、大佐からも宣伝してくださいよ」
大佐  「………よろしく」
裏ルキ「大佐~~~?^^」
大佐  「ひぃっ!! (OO; えと!!コメントなどをいただけたら幸いでありますです

!!はい!!」
大佐  「皆様、そうぞよろしくお願いいたしますです!!」
ルキ  「はい、というわけで第1回目はこれにて終了です」
大佐  「では、次回があるといいな」
ルキ  「ではでは~~~~」

+☆第2回☆ ~大佐は……M?~
ルキ  「はい、そんなわけで第2回目です。出来たのがついさっきなのに2回目です


大佐  「随分と早い更新だなぁ………」
ルキ  「だって、コメ欄を追加してから、すぐにコメントを頂いたんですもの」
大佐  「何っ!?ま、まさか………このラジオ………以外に希望があるのか?!」
ルキ  「そうですねぇ。そうだといいですねぇ………」
ルキ  「まぁ、されはさて置き記念すべき最初のコメント(今後お便りと表記します

)です」
大佐  「ふむふむ………」
ルキ  「ラジオネーム匿名希望さんから頂きました」
大佐  「して、一体記念すべき最初のお便りは?!」
ルキ  「『大佐ってMなんですね』とのお便りを頂きました。ありがとうございま~

す^^」
大佐  「………………チョットマッテクダイ、イマナントオッシャラレマシタ?」
ルキ  「あれ?聞いてなかったんですか?しょうがないですねぇ………ではもう一度

だけですよ?」
大佐  「ハイ、オネガイシマス」
ルキ  「大佐ってMなんですね」
大佐''  「………………なんだぁぁてぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」''
ルキ  「良かったじゃないですか。大佐。大佐のお陰でお便りをもらえたんですから


M大佐「いや、ちょっと待て!!Mって!!ってぇぇ!!おい、ルキさん!!」
ルキ  「はい、何ですか?」
M大佐「私の名前が変わってるじゃないか!!」
ルキ  「おや、よかったですねぇ。これでただの大佐じゃなくなりましたよ?」
M大佐「全然良くないわ!!!」
ルキ  「ほら~あの有名な大佐もMから始まるじゃないですか」
M大佐「ふむそうか………なら私はマスタ………!!」
裏ルキ「マヨネーズ大佐(ぼそ」
M大佐「えぇぇっ!?ちょ、ちょっと待て!!マヨネーズはないだろ!!てか、何気

に今裏にならなかったか?!」
ルキ  「大佐~何を言ってるんですか?大体、裏って何ですか?」
M大佐「い、いや………だってルキさんたまに………」
ルキ  「さて、大佐の名前も決まったことですし。今回はこれまでですね」
M大佐「えっ!?ちょっ!!まっ―!!」
ルキ  「ではでは気が向いたら第3回でお会いしましょう~~~」
M大佐「NO~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!! (OO; 」

+☆第3回☆ ~伝説のハリセン(ハリセンの提供はひっそり研究所)~
ルキ  「はい、皆さんこんにちは。ひっそりラジオのお時間です」
ルキ  「この番組は、ひっそり研究所の提供でお送り致します」
M大佐「ちょっと待て」
ルキ  「何ですか大佐?」
M大佐「いくつか突っ込みたいとこがあるんだがいいか?」
ルキ  「どうぞ?」
M大佐「まず最初に………私の名前はM大佐のままなのか?!」
ルキ  「それは気分です」
M大佐「気分?! (OO; 」
ルキ  「それで、他には?」
M大佐「他にはだな………ってちょっと待て!!」
ルキ  「もぅ………時間も限られてるんですから手短にしてくださいよ~」
M大佐「いや、私の名前をだな――」
裏ルキ「何か?^^」
M大佐「ひぃぃぃぃ!!ナ、ナンデモアリマセン!!」
ルキ  「そうですか。なら、次の突っ込みどころをお聞きしましょう」
M大佐「え、えっと・・・・・ひっそり研究所って何でしょうか?」
ルキ  「呼んで字の如く。ひっそりと何かを研究するんです」
M大佐「そ、それは………何――」
パンッ!!(ハリセンの音
M大佐「げふぁっ!? (OO; 」
ルキ  「ダメですよ大佐?スポンサーさんのことを悪く言っちゃ」
M大佐「いや、私はまだ何も………てか、何処から出したのそのハリセン?」
ルキ  「装備品です」
M大佐「装備品?!このゲームにそんなのあったっけ?!」
ルキ  「いえ、持込ました」
M大佐「持ち込み!?え、えっと………とりあえず、それはどれくらいのATKがあがる

の?」
ルキ  「そうですねぇ………」
裏ルキ「5kくらいだよ………(ぼそ」
M大佐「5k?!ちょ、ちょっと待ってください!!5じゃないですか?!」
裏ルキ「( ̄ー ̄)ニヤリ」
M大佐「……………………………… (OO; (よく生きてたな私)」
ルキ  「さて、大佐のせいで前置きが長くなってしまいましたが、本題を始めましょ

う」
M大佐「え、えっと……よろしく頼む」
ルキ  「はい。それでは、ラジオネーム『名前あり』さんからのお便りです」
M大佐「うむ。お便りありがとう」
ルキ  「『さっきの奴とは違うけどサ、結構イインジャネ?』とのお褒めのお便りを

頂きました~」
M大佐「おお!!これはまともなお便りだな!!」
ルキ  「つまり感想を要約すると………」
ルキ  「M大佐が面白かった!!という事ですね」
M大佐「ええぇぇぇぇぇぇっ!!?」
ルキ  「良かったですね大佐。大人気ですよ?」
M大佐「良くない!!」
ルキ  「ではでは、これにて第3回を終わります」
M大佐「ちょっとまてぇぇぇぇぇ!!!!」
ルキ  「ツユ~~~~~」

+☆第4回☆ ~ルキと大佐の出会い?そしてゲストは?~
ルキ  「このラジオをひっそりとご覧の皆さん、こんにちは。今日もまたひっそりと

お送り致します」
M大佐「というか………1ついいだろうか?」
ルキ  「はい、何ですか?」
M大佐「このラジオの更新が早すぎませんか?!」
ルキ  「いやぁ~~これは私もびっくりなのですけど、お便りがなぜか結構早く届く

ものでして………」
裏ルキ「まぁ………どうせそのうちお便り届かなくなるでしょうけど………(ぼそ」
M大佐「こらこら!!そういうことを言うんじゃない!!そうならないように面白い

ものを作っていけばリスナーさんがお便りをくれるだろう?」
ルキ  「え……………………………… (^^; 」
M大佐「ん?そんなに驚いた顔をしてどうしたんだね?ルキさん」
ルキ  「た………大佐が……… (OO; 」
M大佐「私が………?」
ルキ  ''「まともなこと言ってます~~~~~~!!!! (OO; 」''
M大佐「ちょっと待て!!私がまともなことを言ったらおかしいのか?! (..; 」
ルキ  「だって………大佐ですし………」
M大佐「酷い………;;」
ルキ  「さて、大佐は放っておいて、本日のお便りに参りましょう」
M大佐「………………」
ルキ  「ラジオネーム匿名希望さんから頂きました。ありがとうございます」
M大佐「………どうも」
ルキ  「大佐~~~^^ちゃんとやりましょうね?」
M大佐「ひぃぃぃ!!! (OO; はいっ!!ちゃんとやらせていただくであります!!


ルキ  「はい、改めまして匿名希望さんからのお便りです」
M大佐「ありがとうございますです!!はいっ!!」
ルキ  「『別の大佐出してください M大佐だけでは寂しいです』とのお便りを頂き

ました」
ルキ  「つまり要約すると………」
裏ルキ「大佐はもう要らないってこと………(ぼそ」
M大佐「いやいやいや!!違うから!!それ絶対に違うから!!」
M大佐「要約するとパーソナリティーを増やすかゲストを呼ぼうってお話だろ?!」
ルキ  「あれ?そんなお話だったんですか?私はてっきり大佐の降板ネタかと………


M大佐「違いますから!!私はいらないなんて何処にも書いてないから!!」
ルキ  「あらら、それは失礼しました」
M大佐「………最近、ルキさんの私に対する扱いが酷いな………出会った当初は優し

かったのに……」
ルキ  「それほら、大佐と一緒に居るのも慣れてきたということで………」
M大佐「ルキさんと最初に出会った頃………そうあれは………雪が降っていた………


+雪の振る日 注意:真面目にストーリーを考えてみたのでギャグはありませ ん。興味のない方は飛ばしてください。
そうあれは………雪が降る日………
私は降り積もった白い雪の上で倒れて居た………
もう………全てが終わる………そう思って私は目を瞑っていた………
ただ………孤独に………この命が散るのだと………そう……思っていた……
そんな時………私の近くで………雪を踏む音がした………
音は段々と私の方へと近づいて来て、そして……私の横で止まった。
その音の正体が気になって………私は目をあけた。
するとそこには茶色いのポニーテールの少女が私を見下ろしていた。
そして、その少女が口を開いて私に言った………

「だ……大丈夫ですか?」

少女はそう言って私に手を差し伸べたのだった………

ルキ  「………長いからここまで」
M大佐「ちょ!?せっかくルキさんの株を上げようと………」
ルキ  「とか何とか言って………大佐自身の株を上げようとしてたんじゃないんです

か?」
M大佐「ぎくっ………(汗)」
ルキ  「まぁ、とりあえず、次回はご要望にお答えしまして誰かゲストを呼ぶことに

しますかね」
M大佐「別の大佐を呼んで欲しいとなっているが………」
ルキ  「う~ん、他の大佐ですかぁ……まぁ、それは実現可能だったらお呼びするこ

とにします」
M大佐「それでは今回はこれまでなのか?」
ルキ  「そうですね。これにて第4回は終了ですね。大佐、何か一言言っておきたい

ことは?」
M大佐「うむ。それでは、私とルキさんの昔話を聞きたいというお便りもよければ送

ってくれ」
ルキ  「それは、聞いてて面白いんでしょうか?」
M大佐「え、えっと………それは人それぞれなので……も、もしも興味を持ったとい

うリスナーが居ればだな――」
ルキ  「はいはい。では、もしも万が一そんなお便りが来たらちゃんと場所を設

けますよ」
M大佐「そこまで強調しなくても………」
ルキ  「なら、大佐。来ると思いますか?」
M大佐「くっ………くそおぉぉぉっ!!!」
ルキ  「それでは、また次回お会いしましょう。ショウユ~」
M大佐「ソースー!!!」

+☆第5回☆ ~ゲスト登場・その名は~
ルキ  「はい、そんなわけでこの番組も5回目に突入しました」
M大佐「以外に続いているものだな………ん?」
ヒュン!!(何かが目の前を通り過ぎる音)
M大佐「っ!?何事だ?!」
???「ふっ( ̄ー ̄)見せてもらおうか……このラジオのメインパーソナリティーの

力を!!」
M大佐「ちぃ!!」
シュタッ!!(どこかへ飛び去る音)
ルキ  「ゲストさんも大佐もどこかに行ってしまいました……さて……どうしましょ

う?」

+戦闘中:大佐 VS ??? 注意:ガ○ダムに興味のない人はスルーで
M大佐「くっ!?早い……通常の人間の3倍のスピードがある……まさか!?アイツ

は――」
???「ふっ!!遅い!!」
M大佐「ちぃっ!?この動き間違いない……赤い○星・S大佐か?!」
S大佐「ほぅ……流石は噂に名高きM大佐……私のことを知っているとは」
M大佐「くっ………」
M大佐(だが、どうする……?このプレッシャー奴は恐らく本物だ………)
M大佐(私にやれるのか………?)
S大佐「そこっ!!」
M大佐「ちぃっ!!何故こんなことをするんだ?!S大佐ぁ!!」
バキューン!!
S大佐「 *1 )フッ当たらんよ」
M大佐「くっ!!速い!?」
S大佐「わからぬかM大佐!!このラジオが持たぬ時が来ているのだよ!!」
M大佐「なっ?!」
S大佐「それに………私も出番が欲しいのだよ!!」
M大佐「それはエゴだよ!!」
S大佐「初回放送から登場していた貴様に何がわかる!!」
M大佐「そうやって自分の我が侭だけでこんなことをするのか?!」
S大佐「ええぃ!!黙れ!!ゆけ!!ファン○ル!!」
ヒュンヒュンヒュン
M大佐「くっ!!何とか回避したが……反応が遅い……」
S大佐「ふっ!!平和な世界になれて堕ちたようだなM大佐!!」
M大佐「ちぃっ!!」
S大佐「そこっ!!もらったぁ!!」
M大佐「なっ!?しまった!? (OO; 」

ルキ  「遅いですねぇ……お2人とも……」
S大佐「やぁ、お待たせして申し訳ない」
ルキ  「あ、S大佐。あれ?M大佐は?」
S大佐「ああ。お便りにあったとおり、箱に入れてきた」
ルキ  「え、箱に………入れちゃったんですか?」
S大佐「ああ。わざわざ君の手を煩わせるまでも――っ!?」
S大佐(何だ!?このプレッシャーは?! (OO; この感じ………まさか!?)
裏ルキ「M大佐を………虐めましたね?」
S大佐「なっ!?君とて同じことを――」
裏ルキ「ふっ……わかってないですねぇS大佐………」
裏ルキ「M大佐は………私の玩具です!!」
S大佐「なっ?!」
裏ルキ「私の玩具を虐める人は………断罪してあげましょう!!」
S大佐「くっ?!こうなったら――君を倒してメインパーソナリティーの座を我が物

にしよう!! (..; 」
裏ルキ「ふっ………笑止!!出来るものならやってみなさい!!今の私は……強いで

すよ?」
S大佐「くっ………はぁぁぁぁっ!!!」
裏ルキ「………断罪の………エクスキューション」
S大佐「ちょっ?!まっ?!ア~~~~~~~~!!!!? (OO; 」
裏ルキ「ふっ………身の程を知れ」
ルキ  「さてと………これがM大佐が入ってる箱ですか………」
ゴトゴトゴトゴト
ルキ  「大丈夫ですよ大佐~~~」
ゴトゴトゴトゴト
裏ルキ「今……送ってあげますからね( ̄ー ̄)」
コト………
裏ルキ「っと、中身だけフリーズしとかなきゃ………」
カキーン
ルキ  「さてと、送り状張って……そうですねぇ……竜さんの所にでも送ってみまし

ょうか……」
ルキ  「きっと竜さんなら大佐を可愛がってくれるでしょうから( ̄ー ̄)クス………」
ピンポーン
ルキ  「あ、来た来た」
運送屋「ちわ~荷物受け取りに来ました~ (^^) 」
ルキ  「あ、ご苦労様です」
運送屋「えっと………これ………重いですけど、中身何ですかね?」
ルキ  「う~ん、とりあえず生ものなのでクールでお願いします」
運送屋「了解しました~」
ルキ  「じゃ、お願いしま~す」
ルキ  「ふぅ………これでOKっと。さて、お茶でも飲みますか」
ルキ  「ん?あ、そういえば………ラジオの途中でしたね………」
ルキ  「それでは皆さん!!また機会があればお会いしましょう♪」
S大佐「わ、私って………ガクッ」

+☆第6回☆ ~帰ってきた大佐と追跡者&闇の戦い~
M大佐「うぅ………た、ただいま………」
ルキ  「おや、お帰りなさい大佐。随分とぼろぼろですね」
M大佐「あ、あの長文………ラジオの人に………」
ルキ  「ん?竜さんに?ああ、可愛がってもらえたんですね」
M大佐「違う!!あの人に――」
ダダンダンダダン!!!(BGM:ターミネーターの音楽)
ルキ  「ん?何でしょう……この音楽は………」
裏竜s「(゚∀゚)アッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ、ミツケタゾォー!!(☆w☆)」
M大佐「きゃあぁぁぁっ!?で、でたぁぁぁぁぁぁっ!?」
ルキ  「おやおや、竜さんじゃありませんか。先日はうちの大佐がお世話になったみ

たいで……」
裏竜s「ソイツヲ………ワタセ」
M大佐「ひぃぃぃっ!?ル、ルキさん!!何とかしてくれ~~~!!!」
ルキ  「ふむ………まぁ、そうですねぇ………」
裏ルキ「私の玩具を……目の前で遊ばれるのは……私としても面白くありませんから

ね……」
M大佐「玩具?! (OO; 」
裏竜s「ホゥ………コノオレトヤルツモリカ?」
裏ルキ「ふっ……たまには……そういうのも面白いかもしれませんね……」
M大佐「え、ちょ、ルキさん?」
裏ルキ「いいでしょう……闇の対決と参りましょうか……蒼き者よ!!」
裏竜s「ククククッ………オモシロイ……コノオレニ………サカラウトハナ……」
裏竜s「イイダロウ………アイテヲシテヤル。タダシ……イノチノホショウハシナイ

ガナ」
裏ルキ「ふっ………始めましょうか………闇の戦いを!!」
裏竜s「カカッテクルガイイ!!」
M大佐「やばい………やばすぎる………ルキさんが………本気だ………そしてあの人

も………」
M大佐「誰かぁぁぁぁっ!!お願いだからこの2人を止めてくれぇぇぇ!!!」
クリフ「間に合ったか?!」
M大佐「お前は――!!わ、私ぼこぼこに………」
クリフ「そんなこと言ってる場合か!!何とかあの2人を止めないと本気でここらへ

んが廃墟と化すぞ!!」
M大佐「そ、それもそうだな……ん?あれは………」
S大佐「うぅぅ………」
M大佐「S大佐か!!ちょうど良い手を貸せ!!」
S大佐「ん………?うぉっ?!お前はM大佐?!」
M大佐「説明は後だ!!私とS大佐の2人で裏ルキさんを止めるぞ!!クリフさんは

あっちの方を頼む!!」
クリフ「簡単に言ってくれるな………」
M大佐「しょうがないだろ!!同時に止めなきゃ片方だけでも厄介すぎる………」
S大佐「ま、まさか………あのルキさんを止めるのか?! (OO; 」
M大佐「トラウマだろうと何だろうとやらねばこの辺一帯が滅ぶぞ!!」
S大佐「くっ!!やるしかないのか!!」
クリフ「なら、行くぞ!!」

+クリフ VS 裏竜さん 同時刻 M大佐&S大佐 VS 裏ルキ
~クリフ VS 裏竜さん~

クリフ「おい、竜王!!いいからさっさと元に戻れ!!」
裏竜s「クリフ………ジャマヲスルナ。ジャマヲスルナラバ……オマエモチマツリニ

シテヤル!!」
ブンッ!!
クリフ「うぉっ!?アブねぇ………いつもより技の切れが鋭いな………」
裏竜s「オマエヲ………コロス(by どこかの某主人公)」
クリフ「裏なのかそうじゃないのか良くわからん?! (OO; 」
裏竜s「フッ………モラッタ!!」
クリフ「くっ!?しまった………?!」
裏竜s「クククッ………オマエハイノチマデハトラン………」
裏竜s「ダガ……オレニサカラッタラドウナルカ………ソノミニオシエコンデヤロウ

!!」
クリフ「しょうがない………切り札を出すか………」
裏竜s「ム………ナニヲスルツモリダ………?」
クリフ「ひそかに鍛え上げているこの技………」
クリフ「お前を止めるために使ってやる!!」

~M大佐&S大佐 VS 裏ルキ~

裏ルキ「………おや、貴方を助けるためにやってあげてるのに……その貴方が邪魔を

するのですか?大佐」
M大佐「確かに助けを求めたのは私だ………だが!!このまま戦い続ければ………」
裏ルキ「まぁいいです………雑魚が2人そろったところで………私の敵じゃありませ

ん」
M&S「雑魚!? (OO; 」
S大佐「な、なぁ………M大佐……気のせいだろうか……いつもより更に黒いような

気がするんだが………」
M大佐「あ、ああ………どうやら相当なもののようだ………」
シュン!!
M&S「えっ?!」
裏ルキ「背後が………がら空きですよ?」
M&S「!!!?」
裏ルキ「誘え………無明の彼方へ………」
M&S(マ、マズイ?! (OO;)

クリフ「必殺……無限大暴れ!!!」
裏竜s「バカナ!?そのワザハ………」
裏ルキ「くっ!?全てを巻き込むつもりですか!!」
M大佐「うわぁぁぁっ!?天井が崩れる~~~!!!」
S大佐「全員退避~~~~!!!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴッガラガラガラ!!!!

竜さん「ん………?うおっ?!なぜか辺りが崩壊してる?!」
ルキ  「ん………ふぁ~~~おはようございます………って!!何で周りが壊れてる

んですか!?」
+三人組「………………………」
クリフ「というか………確かに建物壊したの俺だけど………」
M大佐「周りの大きな凹みとかは………」
S大佐「主にあの2人が戦って出来たんだが………」
クリフ「つうか………花枯れてるよ………」
M大佐「………焦土と化したか」
S大佐「お、恐ろしい……… (OO; 」
ルキ  「………とりあえず………そこの三人の人達?」
クリフ「えっ?!俺も!!」
ルキ  「何となく、夢の中で建物を壊したのがクリフさんっぽいのでクリフさんもで

す」
+三人組「夢………………………」
クリフ「夢なわけないだろ………」
M大佐「ああ………夢なわけないな………」
S大佐「むしろ………夢であってほしいんだが………」
ルキ  「とりあえず、この周辺並びに建物の修理をお願いします」
+三人組「ええっ?!たった三人で?!」
クリフ「確かに建物は俺だが!?その他はお前らだろ!!」
M大佐「というか何故私が?!」
S大佐「それを言えば私なんか完全に巻き添えだぞ?! (OO; 」
ルキ  「はい。私と竜さんは五目並べでもしておきますので」
竜さん「ふむ………いいだろう」
三人組「ちょ、ちょっと待て!!何で――」
裏ルキ「何か?^^」
三人組「イエ………ナンデモアリマセンデス………」
ルキ  「では、次回までに直しておいてくださいね~~~」
竜さん「ほむ………頑張れノ」
三人組「………………………うわぁぁぁぁぁん!!! (T-T 」

+☆第7回☆ ~ひっそり教えて・裏とは?~
M大佐「良い子の皆。元気にしてるか?『ひっそり教えて』のコーナーの時間だぞ?


S大佐「さて、このコーナーが何なのかということだが、簡単に説明しよう」
M大佐「このコーナーは私M大佐とアシスタントのS大佐の2人でお送りする」
S大佐「ちなみに、今回ルキさんは最近錬金術を始めたので、きっと歯車錬金をやっ

ているだろう」
M大佐「さて、改めてこのコーナーについての説明だ」
S大佐「このコーナーはリスナーの方から届いた疑問や質問などについて、ひっそり

と回答しようというコーナーだ」
M大佐「そんなわけで、記念すべき第1回目のお便りがこちらだ。S大佐頼む」
S大佐「了解。では、ラジオネーム匿名希望さんから頂いたお便りだ。ありがとう~


M大佐「うむ。ありがとう」
S大佐「お便りの内容は………『裏ってなんですか?』とのご質問何だが………」
M大佐「裏とは通常の人格とは異なる別人格のことを示す場合に使われる」
S大佐「例を挙げて説明しよう。通常のルキさんの時には普段どおり、まぁ、特に何

かあるわけでもない」
M大佐「だが、これが裏ルキさんになると………」
M&S「………………………………ひぃっ!? (OO; 」
M大佐「そ、そうだなぁ………いつもと違って………その……黒くなる」
S大佐「というか………通常ではありえないような力を発揮する事が多々ある………


M大佐「その一例として、ルキさんの裏モードでは、闇魔法の使用、瞬間的移動(縮

地)などを使用する」
S大佐「ぶっちゃけ、この状態の時のルキさんには障らぬ神に祟りなしだ」
M大佐「うむ………全くこちらの攻撃が通用しない上に、反撃の暇さえ与えてくれな

い」
S大佐「まぁ、今例を挙げた裏モードは結構深いの場合だ。ちなみに深い場合には記

憶もなくなっていることがある」
M大佐「軽い裏モードだと、ただ笑顔でにっこりと笑っている」
S大佐「だが………底知れぬ何かを感じるのだ………そう!!強大なプレッシャーを

な!!」
M大佐「まぁ、そんなわけで、裏についての説明は以上だ」
S大佐「最終的なまとめを言うならば、裏とは通常とは異なる人格が発動した場合に

表記される」
M大佐「一見同じに見えても、雰囲気が全く異なるから要注意だぞ!!」
S大佐「では、今日はここまでだな」
M大佐「うむ。お相手は私M大佐と………」
S大佐「私、S大佐の提供でお送り――」

 ⊃⊂ パンッ(誰かが手を合わせる音)

M&S「ん?」
S大佐「M大佐、今何か手を合わせるような音がしなかったか?」
M大佐「ああ。確かに聞こえたが………なっ!?足が動かん?!」
S大佐「いつの間に!?ま、まさか――」
裏ルキ「…………随分と面白そうなことを私が居ない間にやってますねぇ……」
M&S「ぎゃぁぁぁぁぁぁっ?! (OO; 」
裏ルキ「さて………手始めに………」

 ⊃⊂ パンッ

M大佐「ちょ、ちょっと待てルキさん!!それはまさか錬金術か?! (OO; 」
S大佐「てか、練成陣はどうした?! (OO; 」
裏ルキ「そんなもの………私には必要ありません。手と手を合わせて円を表し………


M&S「真理を理解してる?!」
裏ルキ「さて………お仕置きの時間ですよ^^」
M&S「いやぁぁぁぁぁぁっ!?」

+解説者「ただいま、スタジオにてトラブルが発生しております。回復まで少 々お待ちください」
M大佐「…………くそっ!!S大佐ぁぁぁぁぁぁ!!」

数日後………

M大佐「………殉職で二階級特進…S小将か………」
M大佐「私の下について助力すると言ってた奴が私より上に行ってどうするんだ……

…馬鹿者が」

S大佐「って!!勝手に殺すな!!」
M大佐「おお!!生きていたのか!!」
S大佐「というか、危ないことするんじゃない!!ネタ的に危険だろうが!!」
M大佐「ははははははっ!!!」

ルキ  「さてと、次回は勝手なことをしないようにしてくださいね?」
M&S「はい……… (T-T 」
ルキ  「では、今回はここまでですね」
M大佐「それでは、また会おう諸君」
S大佐「お便りも待ってる。ではなノ」

+☆第8回☆ ~何か出来てるよ?~
ルキ  「皆さんお久しぶりです。そんなわけで久々のラジオ更新です」
M大佐「今回は随分と間があいたな?」
ルキ  「………………いろいろと忙しかったんです。最近ようやく元に戻りつつあり

ます」
M大佐「そ、そうか………それはお疲れ様………」
ルキ  「さて、話は変わりますが………」
M大佐「ん?」
ルキ  「忙しいといいつつも、いろんなところを更新してましたのでその後説明です


M大佐「ああ、なるほど。しかし、そこまで説明も要らないんじゃ――」
裏ルキ「ご説明です^^」
M大佐「サー!!イエッサー!!(>A<)ゞ」
ルキ  「さて、まず最初に投票コーナーです」
M大佐「………………………あまり投票してもらってないな(現時点で第6回に1票

)」
ルキ  「ううぅ………まぁ、私のラジオがあんまり面白くないということもあります

が…… (T-T 」
M大佐「そ、そこまで落ち込まなくても………」
ルキ  「と、まぁ………この投票ボタンは何となくで良いので押していただけると助

かります」
M大佐「ふむふむ………」
暗ルキ「まぁ………『面白くない』何て投票ボタンを作ったら……そこに一杯票が入

ってしまうんでしょうねぇ…… (T-T 」
M大佐「暗っ!?ル、ルキさんどうしたんだ!?」
暗ルキ「えぇ………どうせつまらないですよ……私のラジオを誰かが切ったら………


某侍  「またツマラヌ物を切ってしまった………(-_-)」
暗ルキ「とか言われてしまうんですね……… (T-T 」
M大佐(めっちゃネガティブだな!?な、何か話題を変えねば!!)
M大佐「と、ところでルキさん。他には何を更新したんだ?」
ルキ  「ああ。そうでした。予想外にもある方から見てみたいという声がありま

したので………」
M大佐「………………………………それってまさか」
ルキ  「ええ。そんなわけで私と大佐の出会いのお話を書きましたです」
M大佐「随分と懐かしいものだな………」
ルキ  「大佐がまだ………まともだった頃のお話ですね」
M大佐「いや!!私はいつもまともだから!!おかしくさせてるのはルキさんのせい

でしょ!! (OO; 」
ルキ  「さて、まぁ、これに関しましては続きをお話しするかは投票やらお便りしだ

いですね。あと、コーナーの感想とかは共通になりますのでご了承ください」
M大佐「くっ………いっそ自分で書いてしまおうか………」
ルキ  「そんなことをしても大佐の株が上がるかなんてわからないですよ?」
M大佐「う………うわぁぁぁぁぁん!! (T-T 」
ルキ  「さてと、では説明も終わりですし。今回はこの辺で。ほら、大佐?いじけて

ないでご挨拶」
M大佐「ぐすん……… (T-T お便り待ってます………ノ」
ルキ  「では、また~ノ」

+☆第9回☆ ~予想外な投票(実は嬉しい)~
M大佐「ル、ルキさん!?」
ルキ  「ん?どうしたんですか大佐?そんなに慌てて?」
M大佐「と、とととっ、投票が?!」
ルキ  「ああ。1票のままとか?」
M大佐「ち、違う!!いいから見てみろ!!」
ルキ  「ふむ。しょうがないですね………」
テクテクテク
ピタ
ルキ  「……………………………………………………………」
M大佐「なっ?」
ルキ  「あははっ♪大佐の悪戯ですか~~~」
M大佐「違うから!!」
ルキ  「それじゃあ………私の視力がおかしくなったんですね………」
M大佐「いや、恐らくそれも違うと思うぞ。というか、私のほうが冷静になってきた


M大佐「ルキさん。認めなさい。これは事実だ!!あんまり否定すると投票してくれ

た人に失礼だろ?」
ルキ  「………………………えぇぇぇぇぇぇぇっ!?これ現実?! (OO; 」
M大佐「さっきからそう言っているだろうが!!」
ルキ  「ま、まさか………わ、私と大佐の昔話に投票が入るとは………」
M大佐「ほら、こうやって興味をもってくれる人もいるんだぞ?」
ルキ  「よ………………」
M大佐「よ………?」
ルキ  「ヨソウガイデ~ス!! (OO; 」
M大佐「またそれか?!てか、ルキさん驚きのあまりいつもと違うぞ?!」
ルキ  「あわわわっ?!お、お赤飯炊かなくちゃ!! (OO; 」
M大佐「え、ええっ?!」
ルキ  「あ、小豆は何処~~~?! (OO; 」
M大佐「ちょ、ちょっと………ルキさん?」
ルキ  「ああっ?!も、もち米もない~~~!!ちょっと、買ってきます!!」
タタタタタタタタッ
M大佐「お、お~~い?というか赤飯って………ルキさん………実は嬉しいんだな?


数分後………

ルキ  「た、ただいま戻りました!!」
M大佐「おかえ………り~~~~~~~~~~~~~!?!」
ルキ  「ど、どうかしましたか大佐?!」
M大佐「ルキさん………その腕に抱えているのは………」
ルキ  「え?もち米と小豆で………って、あ、あれ……?」
ペン太 「………………………………」
M大佐「いつの間にか、このラジオのどこかに登場していたペンギンじゃないか?!


ルキ  「あわわっ!?ペ、ペン太くんごめんなさい!!」
M大佐「………………………ペン太?」
ルキ  「え?はい、ペン太くんですよ?」
M大佐「え、えっと………とりあえず………おろしてやったらどうだ?」
ルキ  「ああっ!?そうでした!!ご、ごめんなさいペン太くん!!」
トコ
ペン太 「………………………」
M大佐「ん?何だそのボードは?」
ルキ  「ペン太くんは喋れないのでボードに書いてお話してくれます。とっても頭が

いいんですよ♪」
M大佐「そ、そうなのか………んで、何々?」
ペン太 『気にするな』
ルキ  「はい。そういってもらえると助かります」
M大佐「でも、ルキさん………どれだけ混乱してたんだよ………」
ルキ  「え、え………?そ、そんなことないですよ……?」
M大佐「お前もそう思うよなペン太?」
ペン太 『………気安く呼ぶな』
M大佐「えっ………………」
ルキ  「ダメですよ大佐~ペン太くんはとっても誇り高きペンギンさんなんですから

~~」
M大佐「……………………………………そ、そうか。す、すまなかったな、ペン太…

……くん」
ペン太 『気にするな。わかれば良い』
M大佐「あ、ありがとう………………」
ペン太 『それじゃあそろそろ帰る』
ルキ  「すみません。ペン太くん。ご面倒をおかけしまして………」
ペン太 『気にするな。またなルキ』
M大佐「!!!」
ルキ  「はい、また~~~」
テクテクテクテク
M大佐「…………ルキさん。今……ペン太くんはルキさんのことを何て呼んでたんだ

?」
ルキ  「え?何てって………ルキじゃないですか?」
M大佐「………………………………………………」
M大佐(何故にあのペンギンは呼び捨てにしているのだ!?私ですらさん付けだとい

うのに?!)
テクテクテクテク
ルキ  「あれ?ペン太くんどうしたんですか?」
ペン太 『そういえば、ルキにこれを私に行く途中だったのを忘れていた』
ルキ  「あや、これは何ですか?」
ペン太 『赤飯だ』
ルキ  「あら?どうしてまた………?」
ペン太 『多分、喜んでるだろうと思って、お祝いだ』
ルキ  「あらら………ペン太くんはお見通しですね」
ペン太 『じゃ。これで』
ルキ  「はい。ありがとうございます」
テクテクテクテク
M大佐「………………………………………………」
M大佐(あのぺんぎんは一体何なんなんだぁぁぁぁぁぁっ?!)
ルキ  「さてと、せっかくペン太くんから頂いたんですし、一緒に食べましょうか?

大佐」
M大佐「………………………あ、ああ。そ、そうだな」
ルキ  「っと、それでは皆さん。またお会いしましょうノ」
M大佐「ま、またな~~」

+☆第10回☆ ~祝!!10回目だよ!!NEWゲスト登場~
ズズズズズズ.....
ルキ  「ふぅ……やっぱりお茶はいいですねぇーwー」
M大佐「………それはいいんだがルキさん」
ルキ  「はい?何ですか?」(ズズズズ...
M大佐「記念すべき10回目だというのに……何故のんきに茶を飲んでるのだ・・・・・・」
ルキ  「いいじゃないですか……たまにはのんびりもいいものですよーwー」
M大佐「というか………今日はゲストが来ると聞いたんだが………」

ピーンポーン

M大佐「あ、誰か来た」
ルキ  「ふむ。ご到着ですかね……よいしょっと」
M大佐(何で先ほどから歳とった発言や行動なんだ………)

ガチャ

はっs「遊びに来たよ~」
ルキ  「おや、はっさん。いらっしゃい」
M大佐「えっと………ルキさん、こちらの方は?」
ルキ  「そうですね。お名前はhakkinnzokuさんで、通称はっさんです」
はっs「よろしく=w=b」
M大佐「よ、よろしく………」
ルキ  「さて、とりあえずお座りくださいな」
はっs「は~い(・▽・)ノ」
ルキ  「そだ、はっさんが来るということで……こんなものを用意してみました」
はっs「え?何々?」
ルキ  「えっとですねぇ……ゴソゴソ」
ルキ  「じゃ~ん!!ビスコ~~!!」
M大佐「え?!ビスコ!?ル、ルキさん……何でビスコなんだ……お茶請けなら煎餅

やら羊羹の方が……」
はっs「わ~い♪ビスコだ~~♪ヽ(・▽・)ノ」
M大佐「あれ?!よ、喜んでる?!」
ルキ  「はっさんはその昔ビスコに命を救われたそうです」
M大佐「ビ、ビスコに?」
はっs「そうなのです;w;」
M大佐「い、いったい………何があったんだ?」
ルキ  「そうですねぇ……私がお聞きした話によると………」

それはとある雪山でのことです………
はっさんはとある方と旅をしていた時でした……
でも、持っていた食料が尽き………

同行者「はっさん!!しっかりしろ!!もうすぐで街に着くから!!」
はっs「………………もう………だめ *2
同行者「くっ!!はっさんがゲッソリしている……何か……何か食べ物は!!ゴソゴソ....」
同行者「っ!!アッタァァァア!!!はっさん!!これを食べるんだ!!」
はっs「………何?(ヽ´ω`)」
同行者「いいから食べるんだ!!」
はっs「ボリボリ………☆w☆」
はっs「こ、これはぁぁ!!」
同行者「そう!!ビスコだ!!栄養価もばっちりだぞ>w<b」
はっs「でも………何で持ってるの?(´・ω・)」
同行者「だって………おやつが300円までだったから………(´;ω;`)ウッ…」
はっs「そうだったね………(´;ω;`)ウッ…」

ルキ  「ってことがあったそうです」
M大佐「ちょっと待てぇぇぇ!!何かいろいろと突っ込みどころが満載だぞ?!」
はっs「Σ!!?ち、違う………」
M大佐「え………違うの?」
はっs「うん………」
ルキ  「ああ……すみません。これは私の方でした」
M大佐「ええっ!?」
はっs「Σ!!」
ルキ  「さて、冗談は置いといて………」
M&は「冗談かい!!」
ルキ  「まぁ、はっさんのビスコのお話については、何も食べるものがなかったとき

にビスコがあって助けられたとのことです」
M大佐「………そなの?」
はっs「うん;w;あの時はビスコに救われたよ………」
M大佐「はっさんも苦労してるんだな………」
はっs「うん;w;」
M大佐「そういや、はっさん」
はっs「ん?」
M大佐「はっさんは普段は何をしてるんだ?」
はっs「そだね………錬金術とかかな」
M大佐「錬金術というと………」

回送中……… ⊃⊂ パンッ

M大佐「ひぃぃぃぃぃ!!? (OO; 」(甦るトラウマ
はっs「ど、どしたの?!」
ルキ  「いやぁ……何故かはわからないんですけど……大佐は錬金術と聞くと何かに

怯えるんですよ」
M大佐「ガクガクブルブル……… (OO; 」
ルキ  「ま、しばらくしたら落ち着くでしょう。なので、お茶でも飲んで待ちましょ

うーwー」
はっs「い、いいのかなぁ………?」
ルキ?「大丈夫大丈夫……ほら、はっさん。ビスコ食べて」
はっs「わ~い♪ビスコだ~~♪ヽ(・▽・)ノパク」
はっs「…………………………………ゴフ(;´Д`)」
裏ルキ「( ̄ー ̄)ニヤリ」
はっs「こ………これは………鼻酢粉………は、謀ったな………パタリ」
裏ルキ「ふぅ……やっぱりお茶はいいですねぇーwー」

第11回からはこちらからどうぞ ひっそり??

NEWS!!
ひっそりらじおゲーム化?!はっさんもでる?!
DLをしてやってみたい方は下のURLからどうぞw

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。