※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WME(Windows Media エンコーダ)


画像があった方が分かりやすいかと思い説明画像を上げておきました
一番下の分布ファイルのところにありますので文章だけで分かりにくかったらそちらを

こちらを参考にしましょう
鏡についてはこちら
鏡ツールkagami.exeについて
ポートが開けられなくても鏡置き場を利用すればWMEで配信できるようです

WMEでMWSを配信する時の設定


上のリンク先に配信方法は詳しく乗っていますが
MWSを配信する際の設定は載っていないので少しだけ

配信をする前には設定をしたつもりでも文字が潰れていたり
画面サイズがおかしいなどあるので設定後自分で確認をするのをお勧めします

  • 画面サイズ
スペックによりますがによりますが640*480あれば十分なレベルだと思います
このさい画面サイズを640*480にしているのにMWSを全画面取り込みなどすると
画面の文字が潰れてしまったりして見難いです適度なサイズで取り込みましょう

  • ビットレート
200~300前後 もっと高くてもいいですが高すぎると見れない人も出てくる可能性があります
鏡置き場を借りての配信や自分の回線が細い場合は収容人数を考えると下げるのが無難です

上記解説サイトから抜粋

収容可能人数
収容可能人数は、 (上りの速度÷配信ビットレート)×0.6ないし0.7 で計算してください。
WMEの設定でビットレート(後述)を高くするほど収容人数は減ります。
ビットレートとは、1秒間あたりの情報伝送量を表しています。基本的に、この値が大きいほど映像は美しくなり、音質もよくなります。

(例1)WMEで配信する時の最低ライン上り回線速度が300kbpsの場合
(300÷200)×0.6=0.9

(例2)上り回線速度5Mの場合
ビットレート200kbpsの場合
(5000÷200)×0.6=15
ビットレート300kbpsで配信
(5000÷300)×0.6=10
ビットレート400kbpsで配信
(5000÷400)×0.6=7.5


(例3)光回線などの太い回線で30M出ていた場合
ビットレート300kbpsで配信
(30000÷300)×0.6=60

例1を見ると1に満たしていません、なので1になるように配信するには180以下にする必要があると思われます

例2を見れば分かりますがビットレートを100上げるごとに収容人数はかなり下がります
自前の回線が光回線などの太い回線で無い限りビットレートは極力下げる方が無難です
これは鏡をする側からも同じなので子鏡をする人がやりやすい面もあります

例3を見ると分かりますが光回線なりの回線が太い人はあまり気にする必要はありません

  • FPS(フレームレート)
5~10あれば十分です、高く出来るなら高くするべきでしょうが
PCに負荷がかかりやすくなってしまいます

注:高くといっても一般的なゲームでFPSは30ですアニメなどの動画で24ほどになります。
そしてスペックが低い場合などは30などに設定をしても実際は15ほどしか出ていないなどがあります
10~15も出せばSFCなどの 2Dゲームが普通に見れる数字のようですからMWSでは十分すぎる数字だと思われます

.配信設定例
細かく書くと長くなるので少しだけ自分の例
使用PC
CPU Athlon 3400+
メモリ 1G 512*2

WME側設定
画面の取り込み 縦横640*480
ビデオサイズ 縦横640*480
ビデオコーデック Windows Media Video V7
FPS 10
オーディオ 32kbps

コレくらいの設定でCPU使用率50%前後になっています
ビデオサイズとFPSを下げると使用率はもっと下がります
コレより高スペックならばもっと上げれるはずですし
低スペックなら下げるといいかと思います

スレッド上ではメモリ256のPCでWMEを使い配信していた人もいたようなので
設定しだいでは低スペックでも出来なくは無いと思われます

備考

  • 鏡置き場をお借りする場合はルールをよく読みましょう
  • 設定はPCスペックによって変わってきます自分にあった設定を探しましょう
  • 負荷を軽くしてもCPU使用率が90前後になる場合はBattleEncoderShiraseを使うといいかもしれません
  • 配信が出来ているかのテストは、なん実Vのテストスレでおこなうのがいいと思われます。
(MTGスレでWMEで~が分かりませんとか書くよりは正しい解答が帰ってくると思われます。
が。wikiに載っているような質問をしてもスルーされるのが当たり前ですのでwikiはしっかり読みましょう)
  • Balloo!を利用するとスレが確認しやすいです。
(たまにBalloo!が違うスレを拾う時は諦めましょう)