るしにゃん王国wiki 炊きたてごはん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大部品: 炊きたてごはん RD:10 評価値:5
  • 大部品: 材料 RD:2 評価値:1
    • 部品: 米
    • 部品: 飲用水
  • 大部品: 製法 RD:6 評価値:4
    • 部品: 1.米を研ぐ
    • 部品: 2.米に水を吸わせる
    • 部品: 3.水を計量して加え、炊飯準備を終える
    • 部品: 4.火にかける
    • 部品: 5.蒸らしと仕上げ
    • 部品: 調理のポイント
  • 大部品: 味わい RD:2 評価値:1
    • 部品: 主食としての味
    • 部品: 食べ合わせ


部品: 米
イネ科イネ属の植物の実から、食べられるよう籾殻などを取り除いたもの。取り除く程度で名前がかわり、味や栄養が変わる。

部品: 飲用水
飲んでも汚染・中毒・感染症などの健康障害が発生しない水。浄水設備を通じて消毒された水道水が最も標準的なもの。

部品: 1.米を研ぐ
米を入れた炊飯器具に飲用水を注ぐ。水を切って濡れた米をかきまぜ、軽く炊飯器具に押し付ける。何回か押し付けたら飲用水を注ぎ、白濁したとぎ汁を捨てる。
この工程を何回か繰り返すことで、米の表面の汚れが落ちる。
表面の汚れが落ちればよいので、押し付けずに手でかきまぜる程度で済ます方法もある。汚れを落とすための工程だが、洗剤・石鹸は使わない。

部品: 2.米に水を吸わせる
研ぎ終えた米の入った炊飯器具に再度飲用水を注ぎ、しばらく静置しておく。この間に米が飲用水を吸収する。米全体が白くなるのが目安。

部品: 3.水を計量して加え、炊飯準備を終える
米が水を充分に吸ったら残っている水を捨て、再度水を加える。研ぐ前の米の分量2合(約300g)に対して400~450mlが目安。

部品: 4.火にかける
電熱や直火など、器具に応じた方法で炊飯器具を加熱する。直火であれば中火でよい。沸騰したら弱火にして、水気がなくなるまで火にかける。

部品: 5.蒸らしと仕上げ
炊飯器具の中の水気が飛んだら火からおろし、蓋をしたまま余熱で内部を10分ほど蒸らす。蒸らし終えたら中身の全体を混ぜ、余分な水分を飛ばして完成。

部品: 調理のポイント
米を研ぐ際に、必要以上に力を入れないこと。充分に米に水を吸わせること。火加減をまもること。炊き終えた米の硬さがこれで決まる。

部品: 主食としての味
炊きたてごはんは主食であり、製法も単純であることから、米と水の味が主である。また、水加減によって食感が大きく変わるが、主食としてこの食感は非常に重要な味わいである。

部品: 食べ合わせ
炊きたてごはんは和風の主食であり、和風の料理との相性がよいが、和食文化で育った人間は大半の料理を炊きたてごはんで食べようとする。


[
 {
   "title": "目玉焼き",
   "type": "group",
   "children": [
     {
       "title": "材料",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "米",
           "description": "イネ科イネ属の植物の実から、食べられるよう籾殻などを取り除いたもの。取り除く程度で名前がかわり、味や栄養が変わる。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "飲用水",
           "description": "飲んでも汚染・中毒・感染症などの健康障害が発生しない水。浄水設備を通じて消毒された水道水が最も標準的なもの。",
           "type": "parts"
         }
       ],
       "expanded": true
     },
     {
       "title": "製法",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "1.米を研ぐ",
           "description": "米を入れた炊飯器具に飲用水を注ぐ。水を切って濡れた米をかきまぜ、軽く炊飯器具に押し付ける。何回か押し付けたら飲用水を注ぎ、白濁したとぎ汁を捨てる。\nこの工程を何回か繰り返すことで、米の表面の汚れが落ちる。\n表面の汚れが落ちればよいので、押し付けずに手でかきまぜる程度で済ます方法もある。汚れを落とすための工程だが、洗剤・石鹸は使わない。",
           "type": "parts",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "2.米に水を吸わせる",
           "description": "研ぎ終えた米の入った炊飯器具に再度飲用水を注ぎ、しばらく静置しておく。この間に米が飲用水を吸収する。米全体が白くなるのが目安。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "3.水を計量して加え、炊飯準備を終える",
           "description": "米が水を充分に吸ったら残っている水を捨て、再度水を加える。研ぐ前の米の分量2合(約300g)に対して400~450mlが目安。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "4.火にかける",
           "description": "電熱や直火など、器具に応じた方法で炊飯器具を加熱する。直火であれば中火でよい。沸騰したら弱火にして、水気がなくなるまで火にかける。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "5.蒸らしと仕上げ",
           "description": "炊飯器具の中の水気が飛んだら火からおろし、蓋をしたまま余熱で内部を10分ほど蒸らす。蒸らし終えたら中身の全体を混ぜ、余分な水分を飛ばして完成。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "調理のポイント",
           "description": "米を研ぐ際に、必要以上に力を入れないこと。充分に米に水を吸わせること。火加減をまもること。炊き終えた米の硬さがこれで決まる。",
           "type": "parts"
         }
       ],
       "expanded": true
     },
     {
       "title": "味わい",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "主食としての味",
           "description": "炊きたてごはんは主食であり、製法も単純であることから、米と水によって味が大きく左右される。また、水加減で米の硬さが大きく変わる。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "食べ合わせ",
           "description": "炊きたてごはんは和風の主食であり、和風の料理との相性がよいが、和食文化で育った人間は大半の料理を炊きたてごはんで食べようとする。",
           "type": "parts"
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ],
   "expanded": true
 }
]
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|