るしにゃん王国wiki 目玉焼き

大部品: 目玉焼き RD:13 評価値:6
  • 大部品: 材料 RD:7 評価値:4
    • 大部品: 鶏卵 RD:3 評価値:2
      • 部品: 卵の殻
      • 部品: 卵黄
      • 部品: 卵白
    • 大部品: 食用油 RD:4 評価値:3
      • 部品: 食品保存に向く
      • 部品: 沸点が100度以上
      • 部品: 乾かず水を弾く
      • 部品: 人体に無害
  • 大部品: 製法 RD:4 評価値:3
    • 部品: 1.下準備をする
    • 部品: 2.卵をフライパンに落とす。
    • 部品: 3.ほどよく卵を焼く
    • 部品: 4.味付け
  • 大部品: 味わい RD:2 評価値:1
    • 部品: スタンダードな卵の味
    • 部品: 食べ合わせ


部品: 卵の殻
400μm前後の厚さで卵白・卵黄を守るためのもの。炭酸カルシウムを主成分とし、マグネシウムやリン酸塩なども含む。

部品: 卵黄
雛に成長していく胚と胚への栄養供給を目的とした濃厚な部分からなる。50%の水分と、30%の脂質、17%のタンパク質からなる。卵の味といえば概ね卵黄の味のことが多い。

部品: 卵白
ほとんどが水分から成り、糖鎖を持つタンパク質を含む。リゾチームを含み、弱い抗菌作用を持つ。料理においては単独で泡立ててメレンゲにしたり、黄身と混ぜて使用したりする。

部品: 食品保存に向く
空気から食品を遮断し、食品中の水分由来の化学反応を抑えることができるため、オイル漬けの缶詰など、長期保存の媒体として利用される。

部品: 沸点が100度以上
熱した食用油に食品が触れると入れると含有していた水分が加熱される。液体として食品の表面を覆うため、熱伝導の効率もよい。
当然ながら、100度以上に熱した食用油に直接触れると火傷を負うので取扱いは慎重に。


部品: 乾かず水を弾く
水分を殆ど含むことがないため一般的な「乾く」という概念にそぐわないが、化学反応により変質することはある。

部品: 人体に無害
アレルギーや種族特有の中毒を除けば、動物が適量を体内に摂取しても健康を損なわない脂肪酸とグリセリンの化合物。
そのため、動物や植物から抽出したものが食用油として用いられる。
サビ止めなどの鉱物油やガソリンなどの燃料は食用油ではなく、特定の食材や成分に対して中毒症状を示す種族に対しては、それらから抽出した油も食用油とはならない。

部品: 1.下準備をする
事前に卵は冷蔵庫などの保管場所から出し、ある程度常温に戻しておく。賞味期限の過ぎた卵は使わないこと。

部品: 2.卵をフライパンに落とす。
フライパンに食用油をひき、火にかけて油をなじませる。フライパンが温まったら、卵の殻に軽くひびをいれ、フライパンから10cm以内の高さからフライパンに割りいれる。

部品: 3.ほどよく卵を焼く
フライパンを中火にかけ続け、卵に火を通す。強火にすると白身だけ焦げてしまう。黄身が半熟で食べたい場合は早めに火をおろし、全て火を通したい場合はフタをして蒸らしたり、卵をひっくり返して両面焼く。

部品: 4.味付け
火が通ったらフライパンから皿に移して完成。味付けは食べる人が個人の好みで行うのが通例で、スタンダードなものは塩、コショウ、醤油、ケチャップ、ウスターソースなど。

部品: スタンダードな卵の味
ただ卵を焼いただけなので、卵の風味をそのまま味わうことができる。ぷるんとした白身と蕩ける(あるいはほくほくとした)黄身の食感が舌を楽しませてくれる。

部品: 食べ合わせ
パン、ご飯などの主食によくあい、スタンダードな朝食の一品である。そのほか、半熟の目玉焼きはハンバーグなどの肉料理にトッピングで添えることも多い。


[
 {
   "title": "目玉焼き",
   "type": "group",
   "children": [
     {
       "title": "材料",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "鶏卵",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "卵の殻",
               "description": "400μm前後の厚さで卵白・卵黄を守るためのもの。炭酸カルシウムを主成分とし、マグネシウムやリン酸塩なども含む。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "卵黄",
               "description": "雛に成長していく胚と胚への栄養供給を目的とした濃厚な部分からなる。50%の水分と、30%の脂質、17%のタンパク質からなる。卵の味といえば概ね卵黄の味のことが多い。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "卵白",
               "description": "ほとんどが水分から成り、糖鎖を持つタンパク質を含む。リゾチームを含み、弱い抗菌作用を持つ。料理においては単独で泡立ててメレンゲにしたり、黄身と混ぜて使用したりする。",
               "type": "parts"
             }
           ],
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "食用油",
           "type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "食品保存に向く",
               "description": "空気から食品を遮断し、食品中の水分由来の化学反応を抑えることができるため、オイル漬けの缶詰など、長期保存の媒体として利用される。",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "沸点が100度以上",
               "description": "熱した食用油に食品が触れると入れると含有していた水分が加熱される。液体として食品の表面を覆うため、熱伝導の効率もよい。\n当然ながら、100度以上に熱した食用油に直接触れると火傷を負うので取扱いは慎重に。\n",
               "type": "parts",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "乾かず水を弾く",
               "description": "水分を殆ど含むことがないため一般的な「乾く」という概念にそぐわないが、化学反応により変質することはある。",
               "type": "parts"
             },
             {
               "title": "人体に無害",
               "description": "アレルギーや種族特有の中毒を除けば、動物が適量を体内に摂取しても健康を損なわない脂肪酸とグリセリンの化合物。\nそのため、動物や植物から抽出したものが食用油として用いられる。\nサビ止めなどの鉱物油やガソリンなどの燃料は食用油ではなく、特定の食材や成分に対して中毒症状を示す種族に対しては、それらから抽出した油も食用油とはならない。",
               "type": "parts"
             }
           ],
           "expanded": true
         }
       ],
       "expanded": true
     },
     {
       "title": "製法",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "1.下準備をする",
           "description": "事前に卵は冷蔵庫などの保管場所から出し、ある程度常温に戻しておく。賞味期限の過ぎた卵は使わないこと。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "2.卵をフライパンに落とす。",
           "description": "フライパンに食用油をひき、火にかけて油をなじませる。フライパンが温まったら、卵の殻に軽くひびをいれ、フライパンから10cm以内の高さからフライパンに割りいれる。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "3.ほどよく卵を焼く",
           "description": "フライパンを中火にかけ続け、卵に火を通す。強火にすると白身だけ焦げてしまう。黄身が半熟で食べたい場合は早めに火をおろし、全て火を通したい場合はフタをして蒸らしたり、卵をひっくり返して両面焼く。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "4.味付け",
           "description": "火が通ったらフライパンから皿に移して完成。味付けは食べる人が個人の好みで行うのが通例で、スタンダードなものは塩、コショウ、醤油、ケチャップ、ウスターソースなど。",
           "type": "parts"
         }
       ],
       "expanded": true
     },
     {
       "title": "味わい",
       "type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "スタンダードな卵の味 ",
           "description": "ただ卵を焼いただけなので、卵の風味をそのまま味わうことができる。ぷるんとした白身と蕩ける(あるいはほくほくとした)黄身の食感が舌を楽しませてくれる。",
           "type": "parts"
         },
         {
           "title": "食べ合わせ ",
           "description": "パン、ご飯などの主食によくあい、スタンダードな朝食の一品である。そのほか、半熟の目玉焼きはハンバーグなどの肉料理にトッピングで添えることも多い。",
           "type": "parts"
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ],
   "expanded": true
 }
]

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|