るしにゃん王国wiki E98防御(歩兵)

歩兵(防御)


作戦


【地形】
  • 周囲の森や林、くぼ地に身を隠す
  • 土や枝、葉っぱをかぶせて偽装する。
  • 枝葉などを使って偽装するときはなるべく自然な模様になるようにする。
  • 偽装に使う植物はその土地の気候にあったものを選び、定期的に交換する。
  • 森林または雪原の模様をした迷彩服を着る。
  • 偽装用ネットを使う。
  • 皮膚に擬装用のペイントを施したり、どろやすすをつかって迷彩を施す。
  • 歩兵による伏撃が可能
  • 木々を遮蔽として身を隠す事が出来る
  • 木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
  • 密度の高い森林地の場合、大型の敵はつっかえるため行動の邪魔が出来る
  • 歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
  • 木に登る事で上から攻撃することが出来る
  • 下生えや木の根、木の洞などに身を隠す事で防御効果が期待できる
  • 高低差、木々により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。


【装備】
  • 迷彩服(服のカラーはリバーシブルで。表白、裏迷彩柄)を着用して地域に応じて着替え、隠蔽性を高める。
  • 飲み水や簡易食料を欠かさないこと
  • 装備している物が体の動きを制限したり、身軽さや素早さを低下させないよう配慮する
  • 武器への迷彩:森、雪原などの地形に応じて武器にカモフラージュペイントを施すことで周囲の背景にとけこんで目立ちにくくなる。
  • 材料の楡の木に加護がある。

【陣形】
  • 指揮官指示により、密集、離散、陣形変更を即時行えるように訓練しておく。
  • 有視界内では仲間との連携をブロックサインで密に取る

【体術】
  • 相手が攻撃してきた際は体全体を攻撃線からはずすようにして防御する。
  • 遮蔽物や塹壕、地面のへこみなどを利用して直接敵の攻撃をくらわないようにする
  • 担当員が常に情報リンクする事で、敵情報を速やかに伝達し、回避がスムーズにできる。
  • 防御に使える物は全部使い、伏せの可能不可能に関わらず身を限りなく低くする。
  • 敵の射戦に対して、90度に移動するようにする。
  • 敵に対して装甲の厚い面を極力見せるようにする。
  • 防御するため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする
  • 敵に接近して走り回ることで相手の視界から見えなくなり反撃を防ぐ
  • 部隊員と死角を補い合う
  • 力みすぎないよう心がける(動きに柔軟性がなくなるから)
  • 相手の勢いや距離、間合いを意識する
  • 自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
  • 気を抜かず、最後までしっかり防御に集中する
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持する
  • 敵の攻撃を回避する時はただ後ろに下がるのではなく斜め前方か後方に移動して回り込みすぐに反撃できるように体勢を整える。
  • 敵の目の動きから回避動作を選択する
  • 相手の攻撃が来た場合、銃や杖、刀など手持ちの装備を使って防御する。
  • 攻撃の軌道を見極め上段・中段・下段の防御を使い分ける。
  • 攻撃を受けても動きが止まらないように受け流す
  • 一度に攻撃されないように一対一を繰り返すように立ち回る
  • 猫妖精は夜でも俊敏に動けます。
  • 攻撃を受けるために防御をする直前まで攻撃を続けることで敵を威嚇・牽制し,また敵の攻撃の威力を削ります。
  • 拠点防御で動く必要がないので、敵が来る前にあらかじめ防御に有利な位置取りを取ることが出来る
  • 拠点防御で動く必要がないので、敵が来る前にあらかじめ防御に有利な配置で敵に対応することが出来る


【その他】
  • ネコリスの加護が届いている気がする




参戦RP

はやて@るしにゃん王国「押し切られるなよっ、まともに食らわなけりゃいいんだよっ!」
はやて@るしにゃん王国「大丈夫、これまでの戦いでだってこれくらいやってきた!!」
はやて@るしにゃん王国「ンだよっ、うっせーなっ!耐えてみせりゃいいんだろっ!」
はやて@るしにゃん王国「よく動き見てりゃ隙は絶対ある……そこだっ!!」
はやて@るしにゃん王国「散開しろっ、少しでも被害を少なくなっ!そこ、あっちに移動!」
はやて@るしにゃん王国「上注意っ、敵はどっからでも来ると思っとけよっ……ととっ!」
はやて@るしにゃん王国「ぶつかりあいにゃ向いてねーんだよなっ、くそっ!!」

はやて@るしにゃん王国「コイツを耐えれば次がいける!さあ来やがれ!!」
テル@るしにゃん王国「はーい、みなさん予想通り空爆来ましたよー!準備は良いですか?」
はやて@るしにゃん王国「……お前結構余裕あんなっ、ほら、次来るぜっ!」
テル@るしにゃん王国「せーので回避します!」
はやて@るしにゃん王国「そーだよっ、こんなとこでやられてたまるかぁっ!せーのっ!!」
かみん@るしにゃん王国「せーのー!」



応援RP



SS



イラスト



絵:はやて@るしにゃん王国 テル@るしにゃん王国
再利用:南無@るしにゃん王国 テル@るしにゃん王国



声。


「皆、兎に角何処でもいいから隠れて……ッ!」

敵の攻撃が間近に迫る中、誰かの声が聞こえた。
それが誰の声かを判断する余裕もなく、クレールは木の影になる位置へと隠れた。
すぐ傍の岩に誰かの影が見えるが、それを確認する余裕も、やはり現在は残されていない。

長い髪が敵の攻撃に揺れる。

ぴ。

攻撃による跳ね返りなのか、小さな小石がクレールの頬に当たり、小さな痛みに顔を顰める。

(ここで――……ここで、死ぬ訳にはいきません。)


愛しい人の姿を、心の中に描き出す。
彼に会うまでは、そう、絶対に死ぬ訳にはいかないのだ。

折角小笠原で掴んで手がかりを、己がここで倒れる事によって失う訳にはいかない。

「アイヤー。こんなの反則アルよ。どうしろって言うアルかーッ!!」

逃げ惑う誰かの声に、クレールは唇を開く。

「一刻も早く、遮蔽物に隠れてください! 敵の攻撃は強力、かつ、無慈悲です!…明日の為に、皆で生きのびるんです!!」

魔法使いの印でもある杖を強く握り締めて、敵の攻撃を耐え抜くべく、麗しき女性は、その声を部隊へと響かせた。
明日の皆の笑顔を勝ち取る為にも。


絵と文:スゥ・アンコ@るしにゃん王国

るしにゃんナイン


戦場独特の緊張感が、周囲を包んでいる。
後方配置の迎撃部隊とはいえ、敵が空から妨害を受けることなくやってくる可能性は高い。
そして空の敵の行動力は、歩兵のそれと比べれば大幅に高く、少なくともまず一撃は攻撃をくらう覚悟が必要だった。

なんとかこの戦場に送り込むことのできた弓兵アイドレスを身に着けた国民は、7名。
それに射撃目標の特定や距離の測定、その他知識面のサポートとして加えられた魔法使い2名を加えた9名が、I=Dの使えないこの戦場で頼るべき対空戦闘力だ。
その中で、いつ敵がくるか分からず、ただ待ち続けるという緊張感に飽きたのか、猫耳尻尾の少年がたん、と地面を踏み鳴らす。

「あーもう……待ってるだけじゃイライラすんなっ、前に出て先にヤツらに一撃ぶつけてやるとかできねーのかよっ?」
そんなはやての傍らで、黙って弓の点検を繰り返していたかみんは努めて気軽な声で肩を竦めた。
「まあまあ、焦らなくても敵は来るさー。万が一ここまで来たときのために僕らがいるんだし」
「そうアルよー、もっと余裕を持って構えるアル。戦場では焦りを見せた者からゴミのように斃れていく………って正義が言ってたアルよー?」
さらにその後ろから、お気楽そうな声でモノマネまでしながら話しかけてきたのはスゥ・アンコ。何故か腕組みを崩さないその姿勢が、胸元を隠すためだとは今のところ誰も気づいていない。
「お前それ絶対余計なコト付け加えてるだろ……? 大体別に焦ってなんか……」
はやてがそのモノマネの似てなさっぷりに脱力してからアンコに食ってかかろうとしたとき、その後ろから魔法使いの女性の声が響き渡る。
「敵、来ますっ!!それぞれ攻撃に備えてくださいっ、相手からの攻撃を避けきってから反撃に入りますから!」
全員が空を見上げる。そこからやってくる敵の姿。直後、間髪を入れずに来る攻撃。

それと同時に展開される、理力による障壁と魔法使いたちによる回避の"おまじない"。
一斉に散開する、世界忍者としての能力も備えた弓兵たち。
それは攻撃のみではなく、防御においてもその能力を存分に発揮しはじめる。

「誰もやらせませんよ……みんな、生きて帰ります!」
「来たアルねっ、弓兵のチカラ、とくと見せてやるアルっ!」
「おうよっ!! …そんなヘボ攻撃……食らってたまるかよぉっ!!!」

るしにゃん王国弓兵部隊、9名の戦いがはじまった。

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|