※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「N548展」とは


 N548展とは、九州産業大学芸術学部美術学科酒井忠臣研究室を卒業した有志による展覧会である。
 1992年よりほぼ2年置きに、新しく卒業した有志を迎え開催してきた。

 「N548」という名称は、この形になる前に同じ名前でその年の卒業生たちが、卒業制作展に合わせて研究室だけでの卒業制作展を行っていた頃があり、そのときの名称をそのまま使っている。
 ちなみにN548とは当時の酒井研究室の内線番号である。

 福岡を中心としたファインアートの世界で、油彩や版画からインスタレーションまで様々な技法で制作し、そして現代美術などの作品を表現している。

 毎回出品するアーティスト、たまに出品するアーティスト、初めて出品するアーティストたち。とても幅広い世代のアーティストたちがおり、それぞれのジェネレーションにおけるアートの主流や、その時代のオピニオンリーダーから受けた影響の違いもそれぞれのアートの中に見て取れるのではないか。