※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カットオフ(Cut Off)

カットオフとは特定の周波数を削る事で、アナログシンセやサンプラーでリアルタイムに動かして使用したりします。


キーボード(keyboard)

キーボードとは色んな意味を持ちますが、音楽では
  • 鍵盤(MIDI打ち込み用など)
  • 色んな音が出る楽器(音を作る事が出来るものはシンセにあたる)
  • バンド内でのパートの呼び方
等があります。
パソコンで文字を入力するのもキーボードと呼ばれますので混同しないように注意。


キュー(Q)

Qとはイコライザーで設定するパラメーターの一つで、指定した周波数の前後どのくらいの幅に変化を付けるかを設定する事が出来ます。
Qの幅を狭くする事で設定した周波数に近い部分だけ上下する事ができ、Qの幅を広くする事で設定した周波数前後をなめらかに上下する事ができます。
EQの効果をピンポイントに鋭くかけたいか、広めにさりげなくかけたいか、という使い分けをする事が出来る。


クォンタイズ(Quantize)

クォンタイズとはMIDIデータの発音タイミングを修正するための機能です。リアルタイム録音したデータのずれを修正したり、正確なMIDIデータにグルーブ感を持たせるために使用します。


グライコ

グライコとはグラフィックイコライザーの略でイコライザーの一種です。複数の周波数帯をそれぞれ調整できるイコライザーのことを言います。


グラフィックイコライザー(Graphic Eq)

上記のグライコと同じです。


クレッシェンド(Crescendo)

クレッシェンドとはだんだん強くするという意味で、「<」という演奏記号で表記されます。


クワイヤ(Choir)

クワイヤとはシンセサイザーの音色の一種で絵、大勢で合唱しているような音色のことを言います。


ゲートタイム(Gate Time)

ゲートタイムとはMIDIの打ち込みにおける音の長さのことで、鍵盤を押してから離すまでの時間のことを言います。


効果音

効果音とは風の音や電車の音など、雰囲気を出すために用いる音のことを言います。SE(エスイー)とも言います。


コード(Chord)

コードとは2つ以上の音が同時に鳴ることで、和音とも言います。


コーラス(Chorus)

コーラスとは原音からわずかにずらした音を原音に混ぜることで音に厚みを出すエフェクトのことを言います。
またはメインの歌声に合わせて3度上やオクターブ下など、2声3声と広げていくこともコーラスと言います。


コントロールチェンジ(Control Change)

コントロールチェンジとはボリュームやモジュレーションなど、音色のコントロールに関わる数値を制御するために使用するMIDIイベントのことを言います。
シンセサイザーの端にあるスライダーやリボンコントローラーにアサインしてリアルタイムに変化を加えることも出来ます。


コンプレッサー(compressor)

コンプレッサーとは使い方は様々ですが、小さな音は大きく、大きな音は小さくし、全体の音のバラつきを抑えることが出来るエフェクターで、略してコンプと呼ばれます。

< 一般的なパラメーター >
[ スレッショルド :Threshold ]
動作が始まるレベルを設定するパラメーター
ここで設定したレベルを超えた信号に対してコンプレッサーが動作を始める。逆に信号のピーク値より大きく設定すると動作しない。

[ レシオ:Ratio ]
スレッショルドを超えた信号をどれだけ圧縮するか設定するパラメーター
比率で表示されていることが一般的で「2:1」に設定すると信号を半分に圧縮する

[ アタックタイム:Attack Time ]
スレッショルドを超えた信号に対してコンプレッサーを動作させるまでの時間を決めるパラメーター

[ リリースタイム:Release Time ]
アタックタイムの逆で信号がスレッショルドより下のレベルになった時、動作が終了するまでの時間を決めるパラメーター