Skip to: Site menu | Main content

無責任になれ。

following chick-en: chick_en_mskninをフォローしましょう yukinko: yukinko_719をフォローしましょう


html2 plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FF9 プレイ日記 Part2


はい、んじゃ始めましょっか。……あ、どうもyukinkoです。
今回はちょっと普段の日記風に行きたいと思います。
どぞ、お付き合いよろしく。

OP

かっこいいですね。画質もupしてるし。7より。当たり前か(笑)
8はねー、ちょっとやったことあるんだけど、分かんなかった(笑)
若かったんだよ、私も。。
まあ、とりあえず、海が荒れてるのを見てtinkleが「三人のおじさん」呼ばわりしてましたけども。さすがです、tinkle氏。。

メインメニュー

ニューゲーム。と、コンティニュー。……コンティニューは出来ないわ(笑)
というわけでニューゲームをぽちり。。
またしてもOP。そんでもって本編。

暗っ。。

ジタンしか見えないし。とりあえずメニューでも見ることにする。

メニュー

どうやら基本操作は変わらないようだ。ピコピコ。。
アイテム。ポーション、は同じ……羽って何だ!? 尾しか知らないぞ、私は!
アレイズなのか、そうなのか!? とりあえず戦闘中にしか使えないようだが。。
リレイズなのかな、もしかして。説明とかさー。。まあ、セレクトボタンで出たわけだが。
ちなみに今回、セーブはモーグリで行います。7ではセーブポイントと言うヤツだったんですが。
名前も分からない状況でメニューを開いていた私。ていうかレベル。。おい、レヴェル。何だ、1って。笑うわ。
カードの存在理由がいまいち分からない。何だろう。何に使うんだ。。ゲーム? ミニゲームに使うのか。

明かりをつける。

つけたら何かようやく名前設定の画面が出た。いいよ、別にジタンで。
えーっと、彼らは一応盗賊団だそうなので、今回の作戦会議でもやんの?
ってオイ。いきなりバトル来たコレ。何だこいつ。。イベントバトルなのか?
おおう。。何にも分からん。どってやんのコレ。誰かyukinkoに30字以内で簡潔にテルミー。これこのように日本語が崩壊するほどにパニくりました。
とりあえずコマンド制なのは変わってないようなので一安心。ぴこぴこ。。
とにかく「たたかう」。防御?

何それおいしいの?(笑)

……どうやら部屋にいきなり飛び込んできて戦闘を仕掛けてきたこいつは盗賊団のリーダーのようだ。あ、会議はするのか。いきなりバトっておいて。。

今回の作戦。

今回の作戦はアレクサンドリアという国の姫をさらうことらしい。
ガーネット姫だっけ? 何か事細かな説明もしてるけど、どうせゲームの進行上やることになるんだから華麗にスルー。右の目から左の目へ←
ちなみに、ここで復習的なことをするんだけど、誰をさらうかのトコで「ブラネ女王」って選んだらどうなるんだろう。すごい不思議。。
あ、「ブラネ女王」っていうのはガーネット姫のお母さん。多分。。
ようやくタイトルロゴ登場。随分と後だな、オイ。。

アレクサンドリア城下町

アレクサンドリア城下町到着。
オイ、ジタンはどこだ。さっきから姿が見えないんだが。
私は誰を操作すればいいんだ。……コレか? コレなのか?
何か小っさいぞ。でもてこてこ歩くしなあ。やっぱこいつか?
何気なく後ろを振り向かせてみる。どれどれ……誰だ、一体?

ビビ様じゃあないですか!!(笑)

ビビ可愛いよビビ♪
さて、気をとりなおして。。ドコ行けばいいのよ? とりあえず住民に話でも聞くか。RPGの鉄則だよね……てかオイ、止まれ。止まれクソガキども。こっちが可愛いからなめくさっているな。よし、ならば走っていく道を塞いでやろうじゃないか。プログラムに従ってしか動けぬ者どもよオオォォォォ!(笑)←
私のビビ様がこんなこと言うわけ無いわっ。落ち着くのよ、yukinko!

ハイ、何やら舞台があるみたいです。だから貴族とか町の人が浮き足立っているんですね。私も見に行きたかったんだけど、どうやら私の持っているチケットが偽物だったようです。何でだアアアァァァ! まあ、人気の舞台なんで、偽物が出回ることもしばしばなようですけども。
でも、コレじゃ見れないじゃん、舞台。ええええぇぇ。。いきなり何コレ。物語進まないじゃん。。

次週! ビビは無事に舞台を見ることが出来るのか!!
Part2に乞うご期待!
……まあ、そんなに期待しなくていいですから。次回もこんな感じの駄文が続きますんで、どうか宜しくお願いします。。
ここまで読んでくださり、どうもありがとうございました!
では、ごきげんよう。