Skip to: Site menu | Main content

無責任になれ。

following chick-en: chick_en_mskninをフォローしましょう yukinko: yukinko_719をフォローしましょう


html2 plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第参回

日付:2010年10月12日(火)
執筆:chick-en

今日は地理やりま~す。。


溶食地形

岩石を浸食して(溶食)作られた地形。基本的にはカルスト地形。

  • カルスト地形
石灰岩や岩塩などの溶けやすい地質に現れます。
細かい地形としては。。
ドリーネ<ウバーレ<ポリエ、カレン(石灰岩の塔)、鍾乳洞。
ドリーネは、石灰岩の溶食によって作られた漏斗状の凹地形。つまり小さな穴。
ウバーレは、ドリーネの溶食が進行してドリーネ同士がくっついてった結果できた穴。でっかめの穴。
ポリエは、ドリーネの最上級。でっかい穴。村が作れるくらいの。
カレンは、溶食作用で残った石灰岩の塔。中国のコイリン(桂林)で見られる。タワーカルストと呼ぶほうが一般的かも。世界遺産? だったかな。。
鍾乳洞は、石灰岩が地下水によって浸食されてできた地下道。山口県の秋吉台とかでも普通に見られます。

サンゴ礁の地形

こちらも石灰質の地形で、サンゴの残し物が作った地形。浅くてきれいな海にあるのが特徴。
難しい言い方をすれば「裾礁」「ほ礁」「環礁」、聞きなれた言い方だとそれぞれ「裾礁」(まんま。。)「バリアリーフ」「アトール」という分類に分かれます。
グレートバリアリーフは、オーストラリア大陸北東岸に見られる世界最大のバリアリーフ(島の周囲を防波堤状に取り巻くサンゴ礁)。
政治でも出てくる言葉としては「ビキニ環礁」という言葉があります。ミクロネシア・マーシャル諸島のアトールで、アメリカが何度も核実験を行った場所です。あそこもサンゴ礁の地形です。


なんだか世界的に見てもあんまりなさそうなマニアックな地形ばっかりですね。。
今日はここまでですが、以降は本気を出して書いていきますよっ。。
地理では地形と気候を中心に、衣食住、宗教、産業といった必要最低限の部分を復習していきます。。

今日はここまで。。
ではでは。。