※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

使用方法


#pragma warning(disable:4786)  // VisualC++6.0の警告対策
#include <map>
#include <string>
#include <iostream>
using namespace std;

int main() {
  map<int, string> names;  // キーがint、値がchar*のmap
  // 要素を追加する
  names.insert( map<int, string>::value_type( 10, "aaa" ) );
  names.insert( map<int, string>::value_type( 30, "ccc" ) );
  names.insert( map<int, string>::value_type( 20, "bbb" ) );
  // 要素を出力する
  map<int, string>::iterator it = names.begin();
  while( it != names.end() ) {
    cout << (*it).first << ":" << (*it).second << endl;
    ++it;
  }
  // 要素数を出力する
  cout << "要素数:" << (unsigned int)names.size() << endl;

  // 要素の全削除
  names.clear();

[]演算子によるアクセス

[]の中に添字ではなく、要素のキーを記述する。
names[50] = "fff";
もし存在しないキーを指定してアクセスした場合には、そのキーを自動的に登録する。そして、そのキーに対応する値は、その値の型のデフォルトコンストラクタによって初期化される。









.