ラダル区


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラダル区(らだるく)


ラダル区は、ラダル平野最北部の区である。本国最北端の自治体である。



地理


北町県東部にある、ラダル半島の最北端に位置する。
区域は三方を北極海に挟まれていて、区の東部には北海山山系の山々がそびえる。



気候


全体的に寒冷な気候で知られるラダル半島の最北部ということで、気候は非常に厳しい。
気温は最暖月でも最高気温が20℃を越さず、10月~翌年4月の長い冬季は最高気温も-10℃を下回る日が多い。
最暖月でも朝晩の気温は10℃前後と非常に寒い。冬季は-20℃~-30℃となる日も少なくない。



人口


ラダル平野の人口は、62000人(2009年)である。

駅を中心とした区の中心部一帯に、人口の60%が集中している。


交通


鉄道

  • 北町新幹線 ラダル平野駅
  • GR渋岡本線 ラダル平野駅‐南ラダル駅‐新家駅

旅客船

  • 北極航路 ラダル港‐サウスデトスカ 毎日2往復