※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2012/1/15に行われた北海道ブロック代表戦のレポートです。 作成者いばら
一部の人にはメールで回しましたが内容は結構同じです。ごめんなzenosas忘れてた。


トーナメント 25人(2人欠場) 使用デッキ:代償メタガジェ

1-1 ラギア
初手ガジェデスカリ閃光蘇生代償サイク。ワンキル見えて悪くないハンドだが相手が先攻。
相手ラビットからのラギア2伏せエンド。
これだから困る。インゼクやTG代行なら勝ちそうなのに、ラギアへの有効な解決札ない厳しい状況。
仕方なしにガジェ召喚してみると相手ラギア効果発動。神の警告がないのだろうか。
そのまま蘇生ガジェからデッキを動かすという手もなしではないけどガジェがないのがばれたりなどいいことがないので代償サイクセットしてエンド。
相手トップラビット。そのまま召喚して効果、なんと大くしゃみのカバザウルスが出てきて2体目のラギアがフィールドに送り出される。そのまま2体のラギアの攻撃を受ける。
またしてもラギアへの回答を用意することを強いられ苦しい展開。だが、トップガジェすればサイク打って罠減らしてガジェ召喚にラギア打たれて蘇生、などから代償開くパターンがあるのでワンチャンスある……がトップは大嵐。お互い2伏せに大嵐打っても相手はとおしてくるだろう。次のターンのドローで解決することに。ラギアの素材さえはがれれば、蘇生ガジェからデスカリ召喚のエクシーズホープで越せるのでサイクで相手の警告割って死者蘇生ガジェしてみるとヴェーラーされる。ラギアで止めてくれないかと思わせぶりに大嵐打つと月の書。この勝負に勝って次を見た場合に閃光とデスカリを見られたくないのでそのままエンド。相手がデスカリを追加しそのまま1戦目は終了した。


1-2
閃光デスカリ剛健すべてと大嵐因果切断抜いて、サイドラ2スノーマン2ギガンテス2増殖するGミラフォ幽閉砕き2入れる。

初手警告ガジェ2転移バルブ砕き
バルブ警告セットエンド。
相手精神操作。バルブ見て困る。が、セイバーザウルス召喚。警告あるが、ウサギやシンクロエクシーズに使えばいいのでスルー。最悪砕ける。殴られてバルブ反転の2伏せエンド。ライフ6100。
こちらトップブラホ(メールではガジェでしたがよく考えたら違いました)。なぜバルブを反転したのかわからんがガジェ召喚。これをヴェーラーされる。そのままナチュビ作って奈落打たせる。ザウルスを砕いてエンド。
相手ヘリオロープ召喚。殴ってエンド。ライフ4150。
トップガジェ(メールではブラホでしry)。ガジェ召喚すると警告。罠がなくなったのでバルブ再生から転移。もらったヘリオでバルブ殴りエンド。相手ライフ4150。
相手ドローゴー。
トップ奈落。ガジェ召喚にヴェーラーされてヘリオと2体で殴りに行く。ホープ作って奈落セットエンド。相手ライフ1000。
相手デスカリ召喚。これを奈落すると相手苦し紛れの蘇生ザウルス守備。
トップガジェ。召喚して、殴って勝ち。

1-3
ダストシュートと増殖G入れ替え。
初手ヴェーラー2ギガンテス2サイドラ激流。
相手モンスターセット1伏せエンド。
これにサイドラを送り出すと奈落される。激流伏せてエンド。
相手大嵐からライオウ召喚攻撃してエンド。ライフ6100。
トップ強制転移。ヴェーラーと転移しても裏守備もらうだけだから少し考える。
先攻にセットしてそれが2ターン目に動かないということでデスカリなどの固い殴り手ではないことが考えられる。デッキがラギアということを考えるとスノーマンかクリッターか。クリッターだとすると、ここにライオウを送り出すのは不合理だと考えてスノーマン読みでヴェーラー転移で動く。
が、なぜか送られたセットモンはクリッター。ここで2枚のカード差がついてしまった。
そのまま腐り続けた2枚のギガンテスとともに自分の地区予選は終了した。



とまぁただの1落ちです。デッキを組んだ時点でラギアヒロビにかなり不利がつくことは分かっていました。サイドでかなり対策を入れたのですがこんな展開になるとは……
とりあえず言えることは3戦目は俺のデッキじゃない。なんだあれ。

そんなこんなでモチベががっくり下がりました。不完全燃焼も極めると燃え尽きることができるのですね。一応近くにパルファン杯がありますがどうするか完全に未定です。デッキから、何から。
出場する意思はあるのでまだ引退、といったことはないかと思いますが、ガチ勢からは少し距離を置くのかもしれません。まぁ長く続くとは思いませんが。


以下、使用デッキ。

モンスター(19枚)
閃光の追放者×3枚
死霊騎士デスカリバー・ナイト×3枚
レッド・ガジェット×3枚
グローアップ・バルブ
グリーン・ガジェット×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
イエロー・ガジェット×3枚

魔法(11枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
強制転移
ブラック・ホール
サイクロン×3枚

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
血の代償×3枚
激流葬
因果切断
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.16 色の支配者ショック・ルーラー×2枚
No.39 希望皇ホープ
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ナチュル・ビースト
ミスト・ウォーム
ラヴァルバル・チェイン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
D.D.クロウ
ギガンテス×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
スノーマンイーター×2枚
次元幽閉
聖なるバリア-ミラーフォース-
増殖するG×2枚
地砕き×2枚
連鎖除外(チェーン・ロスト)×2枚


完全にオリジナルです(キリッ。インゼクターをガジェでメタる。といったコンセプトを突き詰めていったらこうなりました。ガジェがいらないとか言わない。
デスカリはもうインゼクターメタとして名は広がりつつありますが、閃光の追放者も非常に強力です。
終末カーガントマトクリッターとデッキの大部分を腐らせ、特にライラを採用していないタイプには打点で突破することが難しく、1枚のギガマンティスを握り込むか、相討ちしかありません。
そこを奈落警告などで守ればいいのでゲームが非常に楽になります。隣にデスカリを並べると非常に強力な布陣となります。
閃光がサンブレなどで除去されてもヴェーラー3枚の壁が存在しているのでそれなりに戦えるようになります。そして、代償を選んだ最大の理由は「理不尽な勝ち」です。代償ガジェサイク神宣あたりのハンドを渡された際のほぼ対応不可能なワンキルが存在し、なおかつワンキルに至る必要枚数が2枚であるのが協力だと思っています。


最近はガジェはオワコンとか言われていますがまだオワコンではないと思っています(会場で「代償使っている奴は馬鹿」という声が聞こえたので少しキレ気味)。
「代償」のことを「TGガジェ」として言っていたのかもしれないですが、正直言って全くデッキが違います。別物です。わかってない。コピー厨乙。
TGは代償の中でもただの派生であって、転移を含めたおよそ9枚枠を使っていくらでも別の方になり得ます。わかりやすい例がカゲトカゲ入ったサモチェ型ですね。

メインヴェーラー当たり前、置物を割ることによってアドを得ていくインゼクに対して代償、ガジェが置物。サイドライオウ。ガジェが厳しいことはわかります。

が、頭使って対策すれば戦えます。確かに普段の動きはトップデッキとはパワー差がありますが代償握った時のパワーは量り知れません。
「代償ガジェ」というジャンルは六武環境の時のBFのような、相手の動きをふさいでちまちまビートして勝つのが主なメタビ。というより代償による「明確な勝ち筋をもったメタビ」である思います。旋風でいえばダムドのようなカードでしょうか。ダムドが3枚積めるんですよ!強いでしょ!?

なかなか今までのデッキではこういったものは少ないのではないのでしょうか。近い位置に立っているのがカラクリかな。無効系の罠を多く搭載することができてなおかつわかりやすいキルルートが存在しますね。


ガジェというギミックはその効果の質ゆえに、多くのギミックに馴染むことができて残りのカード枠を変えることによって自在に戦えるのが長所でもあります。
現に、砕き割れ制限、ガジェ準制限、ライオウ、キメフォなどが出てきた際も形を変え残っていますしね。閃光弾圧ガジェとかパキケガジェ、あかりガジェ。

そういった性質があるので非常に長く使えるギミックだと思います。この機会にどうでしょうか?ガジェ。


↓コメント、いばらのページに書いてくださっても大丈夫です。

お名前
コメント
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|