※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MGWSIで Ruby から GT.M を使えるようにしたときの作業メモです。
MGWSI導入については → こちら

GT.M / 仲介用デーモンプロセス / MUMPS向けの通信プロセス は準備済みとします。

  • apt-get で ruby をインストール
    • バージョンは 1.8.7 でした
  • ~/mgwsi/bin/m_ruby.so を /usr/local/lib/site_ruby/1.8/i486-linux/ 配下へコピー

作業は以上です。

こんな感じで動かします。
require 'm_ruby'
m_ruby = M_RUBY.new()
key = Array.new(2)
# データ格納
key = [1,'dog']
m_ruby.ma_set('^animal',key,'wanwan')
key = [1,'cat']
m_ruby.ma_set('^animal',key,'nya-nya-')
key = [1,'snake']
m_ruby.ma_set('^animal',key,'...')
# データ参照
key = [1,'cat']
print m_ruby.ma_get('^animal',key) + "\n"
# データ削除
key = [1,'snake']
m_ruby.ma_kill('^animal',key)

多段配列の場合はこんな感じで
key = Array.new(5)
key = [4,'country1','part1','date1','name1']
data = m_ruby.ma_get('^table',key)