※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SunOS および Solarisでの設定方法


フォワーディング、ルーティングを止める方法

Sun OS 4.x.x の場合

1) /etc/rc.local を修正 (ルーティング停止)
in.routed; echo 'running...'
↓
in.routed -q; echo 'running...'
2) カーネル構成ファイルの作成 (フォワーディング停止)
cd /usr/kvm/sys/sun4m/conf
cp orig_file my_file
my_file を修正
最下行に「options "IPFORWARDING=-1"」を追加
3) カーネル作成
 config my_file
 cd ../my_file
 make
4) 既存のカーネルと入れ替えてリブート

Solaris の場合

1) ルーティング&フォワーディングを停止 (Solaris9まで)
"/etc/notrouter" を作成&再起動
※/etc/rc2.d/S69inet 内で上記ファイルの有無で適当に設定してくれる

※Solaris 10 ではデフォルトで停止されてる
 有効にするためには
# routeadm -e ipv4-forwarding
# routeadm -u

静的なルーティング方法


winでは?

デフォルトルートを設定する方法


sol = /etc/defaultrouter
route add default xxx.xxx.xxx.xxx

パケットをキャプチャする方法

etherfind
snoop