※五十音順(た~な行の人物)



高木義明氏の発言

与党が衆院決算行政監視委員会を欠席したことについて

「国会軽視も甚だしい」@2007/7/5


高嶋良充氏の発言

「小沢氏への権力集中に党内で批判があるが」という問いに対し

「小沢氏は権力集中をもくろむ人ではない。主張を通すために若干、強引な部分もあり、そう思われているだけだ。」
@2010/1/20時事通信のインタビューで(ソース


谷岡郁子氏の発言

「解像度の高い衛星写真によりデモ、集会など国民を監視することはないか?」@2008年 宇宙基本法の質疑中に

「日本の防衛費は、増え続けています」自身のHPのマニフェストにて※2002年度より防衛費は7年連続で削減中

2009年衆議院選挙比例区東海ブロックで当選した磯貝香代子氏について

「人に迎合しないところが政治家向き」@2009/9/1のJ-CAST記事にて※磯谷氏は43歳まで正社員歴1年、後は1日2時間のアルバイトと市民運動を行っており、選挙事務所のバイトから名簿掲載

普天間飛行場移設問題で国務省高官と面会した際、米側が「民主党幹部の一人が合意通り進めることに賛同した」の発言に

「私はその幹部より頭がいい」@2009/10/22ワシントンポスト

宮崎県の口蹄疫問題について

「宮崎県の農業研究所(?)の職員が口蹄疫蔓延(まんえん)のきっかけになった農場でバイトをしていたという噂(うわさ)が流れている。宮崎県がこれを隠蔽(いんぺい)して、声高に国の責任を叫んだということだが本当なのだろうか?責任論より対策論が元気になって欲しい」@2010/6/12投稿のTwitterでの発言(ソース
→マスコミの取材に対し「あくまで『うわさがある』ということを言っただけ。そんなことをせんさくする暇があったら、対策を急いだ方がいいという意味だった。曲解されている」「反応が大きく、いろんな方に迷惑がかかるので削除した」

田村耕太郎氏の発言

自民党を離党し、民主入りする前夜、tiwtterで極東・東亜のコテハンナレ姐氏に自身の民主入りの真偽を問いつめられて

「まだ決めていないって言ってるだろ。本名も名乗らずに無礼な発言する卑怯者はブロック当たり前だ!お前らこそ卑怯者だ!本名名乗ってから文句いえ!」@
2010/2/6(魚拓)


千葉景子氏の発言

小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる疑惑で法務大臣として指揮権を発動して捜査に介入するかについて

「一般論として指揮権を発動することはある」@2010/1/19閣議後記者会見で


辻恵氏の発言

小沢一郎幹事長を起訴相当と議決した検察審査会について

「国民の感情で簡単に被告席につけてしまっていいのか」@2010/3/28事務局長に就任した「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」の初会合で(ソース
→自民党旧橋本派への日本歯科医師連盟(日歯連)の不正献金事件で、永田寿康氏と共に政治資金規正法違反容疑で告発した橋本龍太郎元首相、野中広務・元自民党幹事長、青木幹雄・自民党参院議員会長を不起訴とした東京地検特捜部の処分を不服とし東京第二検察審査会に審査を申し立てる@2004/10/05(ソース


辻元清美氏の発言

2011年の大阪市長選の平松候補の応援演説にて

「私も昔は橋下さんみたいにしてやってきたが、頭も打ちました。一議員ならやってもいい。でも、声を聞いて気に入らんから攻撃するという市長では(都構想は)できない。大風呂敷と、コツコツとどっちが好きですか。大きいこと言う人を信じられますか」(ソース


津村啓介氏の発言

2010年の景気見通しについて

「前半は注意が必要だが、後半からは力強い回復になる」「一日も早くデフレから脱却していかないといけない。日銀ともいい形で意思疎通ができている」「(年末の新成長戦略基本方針は)民間の需要を刺激する、日本の需給ギャップ(35兆)を内側から埋めていく」 @2010/1/3付けの日経新聞の単独取材に応じて(魚拓一番最後の発言は紙面版のみ)


土肥隆一氏の発言

2011年2月27日の韓国の「3.1節」の関連行事で「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として日本政府に竹島の領有権主張中止などを求める同議連の日韓共同宣言に名を連ねたことに対し

個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている
@2011/3/9付産経新聞報道の取材に(ソース


外山斎氏の発言

審議拒否について

私も野党を経験しましたが、自分の記憶では審議拒否をした記憶はありません 」 @2012/4/20付の自身のブログで(ソース


直嶋正行氏の発言

鳩山首相の温室効果ガスを1990年比で25%削減するとした中期目標に関して

「国際的な約束をしているわけではない。日本として高い目標を掲げてやる意欲はあるが、まだ国際協調ができていない」@2009/9/19NHKの番組で


中川正春氏の発言

外国通貨・債権運用について

「これ以上米国債・ドルを持ち続けるのはリスクが大きい。介入するとドルが増え、リスクが大きくなるので、いろいろ工夫しないといけない」
→後日、BBCが後追い報道し円高ドル安を招く
「アジア共通バスケットなどで新しい基軸通貨を作っていきたい。中国などと連携しないといけない」@いずれも2009/1/23ロイター通信

甘利明氏の睡眠障害罹患について

民主、維新両党の合同代議士会席上で「いよいよ攻勢を掛けていきたい。安倍晋三首相の睡眠障害を勝ち取ろう」→「政府に対して反転攻勢を掛けたいという趣旨だった。表現が誤解を招いたとすれば、取り消したい」@いずれも2016/2/16 共同通信

長島昭久氏の発言

ソマリア沖の海賊対策への党の対応について

民主党内にも異論の多い自衛隊派遣について「最終的に小沢一郎代表が決断することだ。今は自民党を倒すことが大義だから、協力しないという決断は、政治論として理解できる。過渡期だから仕方がない」「米国の知人から『インド洋での海上自衛隊の給油活動などに反対する民主党はめちゃくちゃだ』と心配されるが、『小沢代表は必ず君子豹変(ひょうへん)する。政権を取ったら現実的な対応をする』と答えている。そうでなかったら政権運営できない」@2009/2/4時事通信インタビューにて


永田寿康氏の発言

いわゆる堀江メール疑惑についての追求

永田氏
「総理、総理は日本国の代表であります。そして、やはり公平でなくてもならないし、ひとつ総理にお知恵を拝借したいと思っています。
 それは、最近、きのう以来、電子メール、これ自体の存在が疑わしいと、あるいは、そんなものはでっち上げることも捏造することもできるということを、与党の議員初め、多くの方がおっしゃっておられます。
(中略)
 そういう環境の中で、はなからうそだ、偽造だ、捏造だと言われている環境で、どのようにしてその先入観を上回る議論をしていったらいいのか、その先入観を打ち破る……」
大島委員長
「お静かに」
永田氏
「……ことを示したらいいのか、本当に悩ましいんです。
 そしてもう一つ、私も、これは何も、私が逃げたいとか、事実がないとか、そういうことで現物の提示を現在においてもためらっているのではないのです。やはり、このネタ元になっている方が、本当におびえて、苦しい思いをして、そして身の危険を感じながら今もおびえている。そのことを考えると、私としては、最大限守ってあげたい、そう思っているわけであります。
 しかし、委員長、見てください、この一方的な攻撃。この風景をネタ元の方が見たら、こんなところに引っ張り出されるのはかなわないと感じるのは当然ではないでしょうか。
 私も議員です。私は、好んでこの職業を選び、そして苦しい選挙を戦い、そしてこの場に立っております。ですから、少々のことには私は耐える、そういう覚悟ができております。しかし、このネタ元の人の気持ちをおもんぱかって、どうでしょうか、この激しいやじ、激しい攻撃、一方的な先入観、総理までもが当事者の意見を一言聞いただけでガセだと決めつける、このような環境で冷静な議論ができるでしょうか。
 私は、このような激しい攻撃をする人たちに申し上げたい。これは、一種の言論封殺なんです。冷静な議論をして、正しい議論をしようとする、そういう努力を無にする、まさに言論の府にあっては最も恥ずべき行為だと思っております。
 総理、そのことを踏まえた上で、どのような条件をクリアするようなものを出したら、クリアしたら真正のものと認めることができるのか、知恵をかしてください。」@2006/2/17衆議院予算委員会


西岡武夫氏の発言

2008年に日銀総裁に武藤敏郎・元財務次官を起用する国会同意人事案に反対したことについて
「純粋に武藤さんがいい、悪いという前に、政治状況があった」「(財政運営と金融行政を分ける)『財金分離』を理由に武藤さんがはねられたのは、今でもおかしいと思っている」@2009/11/17記者会見で