不祥事事件で綴る民主党のあゆみ



民主党系国分寺市議による名誉毀損@2000/4

市議は知り合いの女性の裸をホームページに掲載、2000年4月名誉毀損容疑で逮捕される。

吉田公一氏元政策秘書による出資法違反@2000/11

吉田公一氏の元政策秘書は中小企業向け融資の審査をする東京信用保証協会に対する口利きの見返りとして出資法の上限を超える手数料662万円を受け取っていたとして2000年11月逮捕された。

阿久津幸彦氏公設第一秘書による覚せい剤取締法違反@2001/3/14

※詳細記述募集中

細野豪志氏政策秘書による住居侵入@2001/3/24

細野豪志衆院議員の公設の女性政策秘書が不倫関係のもつれから、公務員宿舎の経済産業省官僚宅の玄関にその妻を中傷する落書きをし、取り押さえようとした妻の右腕にかみつき、傷害・住居侵入容疑で2001年3月24日逮捕。
なおこの秘書は後に中村哲治氏と結婚するものの2006年4月12日に謎の自殺を遂げる。

長妻昭氏元秘書による駐車違反身代わり出頭@2001/5/17

元秘書の都議選出馬予定候補が駐車違反をし、別の元秘書を身代わり出頭させたため協力した現職公設秘書と合わせて2001年5月17日犯人隠避教唆で逮捕された。

浅尾慶一郎氏私設秘書による痴漢@2001/6

※詳細記述募集中

民主党系東京都議による買収@2001/8/22

6月の都議選で運動員に現金を渡し買収工作を行っていたとして、公職選挙法違反の買収容疑で2001年8月22日民主系都議が逮捕される。
同年12月19日有罪判決が出されるも「守るべきは私自身ではなく、民主主義の尊厳であり、有権者の尊厳」などとして上告、2002年7月には上告が棄却され懲役2年執行猶予6年の刑が確定。

鹿野道彦氏による秘書給与詐取、元秘書の公共事業口利き@2002/1/15

鹿野道彦氏の元秘書らが役員を務めるコンサルタント会社「業際都市開発研究所」(東京都千代田区)の公共工事をめぐる口利き手数料疑惑で、元秘書が茨城県石岡市などが発注する浄水場施設(玉里新配水場) 工事の予定価格を同市長から事前に聞き出し、業者側に漏らしていたとして、東京地検特捜部に2002年1月15日に競売入札妨害の疑いで、逮捕される。
また業際研が鹿野氏の秘書ら二人分の給与を肩代わりしていたことが発覚、鹿野氏は事実を認め2月6日に民主党を離党した。その後2003年9月24日に選挙前のドサクサで民主党に復党。

藤井俊男氏元公設第一秘書による大麻所持@2002/4

前年まで公設第一秘書を務めていた長男が、東京都北区の自宅で大麻草を隠し持っていたところを千葉県警新東京国際空港署に大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕される。

民主党系江東区議による公務執行妨害@2002/9/4

民主党系江東区議が2002年9月4日バイクで国道4号線を走行中にバスに接触しそうになったのに腹を立て運転を妨害、運転手を殴り公務執行妨害で逮捕される。さらに事件の3日後に迷惑駐車を注意されたのを逆恨みして、会社役員にスプレーを吹きかけた「傷害容疑」で再逮捕。

民主党系東京都議による強姦@2002/12/8

民主党系東京都議が2002年11月20日東京都新宿区のホテルに女性従業員を連れ込み乱暴し、両手足や胸などに一週間のけがを負わせたとして警視庁捜査1課と麻布署に12月8日逮捕される。2003年3月27日の東京地裁判決では懲役3年の実刑を言い渡された。

伴野豊氏公設第一秘書による公職選挙法違反@2003/4

伴野豊氏公設第一秘書が2003年4月の愛知県議選で無所属候補の出納責任者を務め、買収容疑で逮捕。

民主党系和歌山市議による供応接待@2003/05/4

前年10月に和歌山市議会議員選挙での投票のとりまとめを依頼して和歌山市内の飲食店で有権者十数人接待した疑いで民主党和歌山県連代表の市議が2003年5月4日逮捕され14日に議員辞職した。

民主党系世田谷区議による買収@2003/5/10

統一地方選において、選挙管理委員会に運動員に登録していない人物2人に10万円ずつ手渡していたとして、民主党系世田谷区議が買収容疑で2003年5月10日逮捕される。

民主党系横浜市議による公職選挙法違反及び偽計入札妨害@2003/5/20

民主党系横浜市議が2003年4月の市議選で企業から不正な寄付金を受け取ったとして公選法違反(特定寄付の禁止)の疑いで2003年5月20日逮捕される。
その後公共工事入札の最低制限価格を業者に流し、見返りに選挙資金として各社から50万円ずつ受け取っていたとして、2003年7月1日偽計入札妨害容疑で再逮捕。

民主党系北海道道議による傷害@2003/9/21

民主党系北海道道議がバーで店員と口論の末、ウイスキーのビンを叩き割って店員の首などを切りつけたとして2003年9月21日傷害の現行犯で逮捕。
24日議員を辞職した。

浅野真氏による公職選挙法違反@2003/11/29

総選挙で女性アルバイトに報酬を約束して電話による投票依頼をさせたとして、選挙後岐阜県警に2003年11月29日後援会とともに公職選挙法違反(買収約束など)の疑いで逮捕された。

古賀潤一郎氏による学歴詐称@2004/1

2003年の選挙で当選後、公職選挙法違反(「ペパーダイン大学卒業」としていた経歴が偽り)ではないかとの疑惑が浮上。
国会期間中にもかかわらずアメリカへ渡ったものの、卒業を証明できず離党。さらに外国人からの献金を受けていた政治資金規正法違反疑惑も発覚。
後2004年9月24日衆院議員を辞職した。

民主党系愛知県市尾西市議会議長によるあっせん収賄@2004/1/26

市営住宅解体工事の受注をめぐり、業者から賄賂を受け取り同市幹部に便宜を図るよう働きかけたとして、愛知県警に2004年1月26日に佐藤観樹氏の秘書を長年勤めた議長が逮捕された。

佐藤観樹氏による秘書給与詐取@2004/3/7

2000年6月から2003年4月までの間勤務実体のない公設第二秘書の給与1600万円を、本人に渡さず妻の口座に残して事務所経費などに使うなどして、国から騙し取っていた疑惑が持ち上がり、2004年3月5日議員辞職。
7日に詐欺容疑で逮捕される。

中山義活氏公設秘書による盗撮@2004/4/16

中山義活氏の私設秘書が2004年4月16日荒川区内を走っていた都バス内で女性のスカート内をカメラ付きの携帯電話で盗撮したとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で警視庁南千住署に17日逮捕された。

都築譲氏による公職選挙法違反@2004/11/2

選挙期間中に選挙対策幹部が、選挙運動員らに対し電話で有権者に投票を依頼する報酬の支払いを約束をしたとして公職選挙法違反で逮捕され、最高裁で敗訴が確定したため連座制が適用される前に2004年11月2日議員辞職した。
その後岡田克也氏の私設秘書として採用された後、愛知県一色町の町長に当選。

喜納昌吉氏長男による恐喝@2004/11/2

同僚に因縁を付け現金30万円を脅し取ったとして、喜納納吉氏の長男である27歳飲食店従業員(一部報道では稲川会系暴力団員とあり)が逮捕。
喜納氏は会見や雑誌上で陰謀と主張。喜納氏本人も1972年に麻薬での逮捕歴あり。

鎌田さゆり氏による公職選挙法違反@2004/12/24

選挙期間中に選挙対策に関わった労組幹部が投票を呼び掛ける電話作戦をマーケティング会社に業務委託したため公職選挙法違反(利害誘導)容疑で逮捕され、最高裁で敗訴が確定したため連座制が適用される前に2004年12月24日議員辞職した。

民主党系北九州市議による公職選挙法違反@2005/2/11

2005年1月の市議選で当選した民主党系北九州市議が、公選法違反(買収)容疑で2005年2月11日逮捕され同年4月に有罪が確定、議員辞職した。

今野東氏による公職選挙法違反@2005/4/27

選挙期間中に選挙対策に関わった労組幹部が投票を呼び掛ける電話作戦をマーケティング会社に業務委託したため公職選挙法違反(利害誘導)容疑で逮捕され、最高裁で敗訴が確定したものの、鎌田さゆり氏と異なり辞職しなかったため2005年1月21日仙台高等検察庁に当選無効と同一選挙区での5年間の立候補禁止を求める行政訴訟を起こされ、2005年4月27日仙台高等裁判所で訴えが認められ同日議員辞職した。

民主党職員による痴漢@2005/6/8

民主党職員が2005年6月8日午前8時40分ごろ、東京メトロ千代田線普通電車内で、専門学校生の女性の尻などを触ったとして警視庁神田署に東京都迷惑防止条例違反(痴漢行為)の疑いで現行犯逮捕される。

民主党草津市議による暴露ウイルス感染・情報流出@2005/06/12

滋賀県草津市の現職市議のパソコンがコンピューターウイルスに感染。
約300件分の住所録のほか、娘の友達の住所、氏名、電話番号約75件といった個人情報がネット上に流出した。(Internet Archive

小林憲司氏による覚せい剤取締法違反@2005/9/18

自宅で覚せい剤を所持していたとして秘書とともに2005年9月18日逮捕される。
その後の調べによると初当選の翌年の2001年秋ごろから、知り合いのホステスに勧められ覚せい剤を使い始め、秘書とともに議員会館内や選挙中の車の中でも使用するほどだったという。

五島正規氏政策秘書による公職選挙法違反@2005/10/14

衆議院選挙の期間中、選挙運動の報酬として支持者3人に現金数十万円を渡した公職選挙法違反・買収の疑いで2005年10月14日高知県警に五島正規氏の政策秘書が逮捕される。
裁判の初公判で秘書が起訴事実を認め責任を取り12月13日に議員辞職。

計屋圭宏氏による公職選挙法違反@2005/10/25

私設秘書を通じ総選挙公示後の8月末からの選挙期間中に秘書の後輩の学生ら5人を運動員に雇ってビラ配りなどをさせ、選挙後の9月中旬報酬として現金を渡した公職選挙法違反の疑いで2005年10月25日逮捕される。

西村真悟氏による弁護士法違反@2005/11/28

元職員らに弁護士印を使用させるなど自分の名義を貸し、無資格で交通事故の示談交渉をさせ報酬を受け取った疑いで2005年11月28日に逮捕される。

木俣佳丈氏による傷害@2005/12/29

2005年12月29日に豊橋市内の飲食店で数人と酒を飲んでいた際に、従業員に店内で暴行を加え軽傷を負わせた疑いで2006年02月02日に書類送検。
その後2月21日に離党。その後2007年7月31日参議院選挙後のドサクサに紛れて復党。

永田寿康氏による偽メール事件@2006/2

2006年2月16日の衆議院予算委員会でライブドア元社長の堀江貴文被告が武部勤自民党幹事長の次男に対し、コンサルタント費用として3000万円の振込みを指示したとするメールの存在を指摘。
しかし信憑性に乏しさについて反論され、「最大限守ってあげたい」「どのようにして、その先入観を打ち破る事が出来るのか。本当に悩ましい」「この一方的な攻撃。この風景」「言論封殺、もっとも恥ずべき行為」「どのような条件をクリアすれば、真性なモノと認める事ができるのか、知恵を貸してください」などの数々の名言を残しつつ3月2日には民主党及び永田議員が「メールは誤りであった」と謝罪、さらに31日には前原誠司代表が辞任、4月4日には本人も議員辞職した。

民主党系山北町議による名誉毀損@2006/7

2006年7月に行われた神奈川県山北町長選をめぐり、「2ちゃんねる」に対立陣営の幹部を中傷する書き込みをしたとして民主党系山北町議が書類送検される。
町議は町長選で再選された現職陣営だったが、相手陣営の後援会幹部2人について「児童買春で逮捕された」などという嘘の内容を掲示板に書き込んだため、この男性ら2人に2007年3月に県警に告訴状を提出され書類送検された。
調べに対し町議は容疑を認め「去年春から50回から60回、書き込んだ。軽率な行為で度を過ぎていた。反省している」などと答えた。

民主党系三重県議による傷害@2006/7/21

前県議会議長の民主党系三重県議は2日午後8時半頃、津市内の肉料理店に友人3人と訪れた際に店が混んでいて待たされたことに立腹。
椅子やトレーを女性店長にぶつけるなどの暴行を加えたとして2006年7月21日傷害容疑で逮捕された。

民主党系北九州市議による威力業務妨害と器物損壊@2006/12/7

民主党系北九州市議が、北九州市が発注したテニスコートの整備工事を福岡市の業者が落札したことに腹を立て、暴力団組員らにコートに塗料を撒いて工事を妨害するよう指示したとして威力業務妨害などの疑いで、2006年12月7日逮捕された。

民主党系岩手県議による道路交通法違反@2006/12/8

民主党系岩手県議が2006年12月8日午前11時すぎ、同県紫波町江柄の国道396号で酒に酔って車を運転した所を、目撃者からの通報で交通機動隊員が蛇行運転をしている車を発見、県議は飲酒運転を認めた。

角田義一氏による献金不正処理@2007/1/26

2007年1月に、2001年に実施された参院選期間中に寄付された献金計約2500万円が政治資金収支報告書に記載されていないことが読売新聞や週刊新潮で報道で発覚。
寄付元には政治資金規正法で寄付が禁止されている外国人団体にあたる朝鮮総連系の在日本朝鮮群馬県商工会も含まれていた。
責任を取って1月26日参議院副議長を辞任したが、それ以上の責任を認めず議員辞職はしなかった。

民主党系大阪府柏原市議による健康保険証不正利用@2007/2/1

民主党系大阪府柏原市議は2006年3月ごろ、同府八尾市松山町の無職の韓国人(同容疑で逮捕)に、後援会関係者から借りた健康保険証でその妻名義で歯の治療を受けさせようと計画。
東大阪市内と大阪市中央区内の歯科医院などで6回にわたって治療を受けさせ、自己負担分をのぞく計約1万6000円をだまし取った詐欺の疑いで2007年2月1日逮捕される。

大串博志氏による暴力団組長葬儀出席@2007/6/16

大串氏は2007年6月16日午前、刺殺された九州誠道会系暴力団の鶴丸善治組長の葬儀会場を訪れ、住所と名前を記帳、香典1万円を出して焼香した。

民主党系世田谷区議による経歴詐称@2007/7/3

同年4月の東京都世田谷区議選に民主党新人としてトップ当選した区議は当選後、実際は在ルクセンブルク大使館の3等書記官だったにもかかわらず選挙公報やポスターに、「1等書記官」と記載していたことが発覚し2007年7月3日に辞職。

斉藤政光氏によるストーカー規制法違反@2007/7/5

03、05両年の衆院選の愛媛2区、04年の参院選の愛媛選挙区に、いずれも民主党から立候補して落選していた斉藤政光氏は、知人女性にわいせつな画像をパソコンのメールで送り続けたとして、愛媛県警西条署に2007年7月5日、ストーカー規制法違反容疑で逮捕された。

民主党岡山県連職員による傷害@2007/7/11

民主党岡山県連職員が2007年7月11日に岡山市内のスナックで、連れの女性に対する会社役員の男性の言動に腹を立て、男性をフロアに引き倒した上こぶしで顔を殴るなどしたとして、岡山東署に傷害の現行犯で逮捕される。なお同職員は同日付で懲戒解雇された。

水戸将史氏による重過失傷害@2007/7/18

2007年7月18日午後0時50分ごろ、横浜市保土ケ谷区岩間町の市道交差点で選挙カーが赤信号で停止した際、助手席の水戸議員が支援者にあいさつするため車のドアを開け、後方から直進してきたミニバイクの女性に首などに2週間のけがを負わせた疑いで、8月17日に重過失傷害の疑いで書類送検される。

藤田幸久氏公設秘書による覚せい剤取締法違反@2007/9/17

2007年9月17日午前1時50分ごろ、新宿区西新宿3の路上で乗用車を運転中、方向指示器をつけずに交差点を左折したところを巡回中のパトカーに発見され、車内の運転席のカーペット下からビニール袋に入った覚せい剤0・47グラムと大麻樹脂4グラムが見つかったため、覚せい剤取締法違反などの現行犯で逮捕される。

辻惠氏による著作内容の盗用@2007/12

2007年12月に出版された、鹿児島県志布志県議選冤罪事件を取り上げた「デッチあげを許さない 志布志選挙違反事件の真実」が、南日本新聞の同事件についての企画「買収のシナリオ」(3回)「捜査暴走の闇」(10回)などの記事内容や無罪判決時の号外紙面について、引用を明記しないまま同書の少なくとも10数カ所で無断転載していたことが発覚、翌2008年1月7日に出版元代表が南日本新聞に謝罪と同書の回収を申し入れた。

民主党系東京都議による飲酒運転@2008/2/9

柿沢弘治元外相の長男の都議は、2008年2月9日午後10時55分ごろ東京都板橋区泉町の首都高速5号下りを1人で自家用車を運転していたところ側壁に衝突し、その際に警視庁高速道路交通警察隊の検査で基準を超えるアルコールを検出されたため、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検される。12日に議員辞職した。

民主党系世田谷区議による強制わいせつ傷害@2008/3/17

小沢一郎衆院議員の元秘書の世田谷区議について2007年4月の世田谷区議会議員の選挙期間中に、事務所内で運動員の30代の女性に対し、体を触るなどのわいせつ行為をしたとして、2007年11月に女性から玉川署に被害届が提出された。
捜査していた警視庁捜査1課と玉川署は2008年3月17日強制わいせつ傷害容疑で書類送検した。

姫井由美子氏による有印私文書偽造、同行使@2006/3

岡山市奉還町で喫茶店をオープンさせる際、食品衛生責任者の資格を持つ知人女性の住所や氏名、生年月日を勝手に記載し、営業許可申請書など3通を偽造して市保健所へ2006年3月に提出したとして告発され、2008年4月17日に有印私文書偽造、同行使の疑いで岡山西署に書類送検される。

民主党系奈良県橿原市議による市税滞納@2008/5

2008年のゴールデンウイークに、橿原市議会の民主党出身の議長(後に民主党を離党)が長年にわたって、固定資産税などの市税を滞納していたことが発覚。
問題を指摘された同氏はその後、滞納した税金全額を納付し議長を辞任。責任を取ったとして議員にとどまった。
 問題が発覚した当初、国会で税金のムダ遣いや官僚の情報隠蔽体質、責任回避の姿勢を批判している民主党奈良県連代表の馬淵澄夫衆院議員は、県連内で倫理委員会を開催し真相の解明をすると力説していた。
しかし、元議長が離党届を提出すると同県連は早々にこれを受理し調査や処分を一切行わないことを決定した。

那谷屋正義氏公設第1秘書氏による自動車運転過失致死@2008/8/22

2008年8月22日午前2時35分ごろ、群馬県渋川市半田の国道17号交差点で、自転車を押して歩いていた同県高崎市金古町の無職男性(74)を、乗用車ではねて骨盤骨折による出血性ショックで死亡させた疑いで、県警渋川署に自動車運転過失致死容疑で調べられた。

民主党都議ブラジル視察団による論文盗用@2007/3

民主党東京都議団は都議会に提出し、2007年3月に発行された前年10月のブラジル視察の海外視察報告書で、日本ブラジル中央協会の会報「ブラジル特報」(2005年11月号)に載った日本貿易振興機構(JETRO)職員の論文を、ほぼ全文を引用して視察団の見解として盗用。
共産党都議団の指摘で2008年9月3日に発覚し、盗用を認めて謝罪した。

前田雄吉氏らによるマルチ商法業者から献金及びそれに伴う国会質問@2008/10/16

03~07年に経済産業省から業務停止命令を受けたマルチ業者や業界団体から1306万5850円の献金や講演料、パーティー券代金を受け取っていたとして、2008年10月16日に離党。
なお業者への注意を呼びかける国民生活センターのパンフレットについて「回収すべきだ」などの、業界寄りの国会質問と献金の関連性は否定。
また前田氏が事務局長を勤めたネットワークビジネス推進議員連盟で会長と顧問にそれぞれに就いていた藤井裕久氏や山岡賢次氏らや、同じく多額の献金を受け取っていた石井一氏ら他の民主党議員の責任について民主党は否定。

松岡徹氏次男による窃盗@2009/1/8

2008年11月26日に、参議院議員松岡徹氏の次男である30歳無職男性が、遊び仲間の32歳瓦ふき職人と共謀し大阪府貝塚市の自動車修理会社の事務所にドアをバールで こじ開けて侵入し、現金約5万5000円入りの手提げ金庫を盗んだ疑い。
事務所の防犯カメラに映っており逮捕。

民主党系兵庫県県議及び同県加古川・高砂市議及び山口県下関市議による政治資金規正法違反@2009/2/10

2009年2月10日に神戸製鋼所は自社出身の民主党系地方議員らの2002~07年に行われた計8回の地方選挙で、人件費など約2700万円分を同社が肩代わりしていたことを公表。
寄付を受けたとされる加古川市選出の県議は12日に、自身が務める民主党県連副代表の職について辞意を表明した。
なおこの選挙経費を肩代わりは1970年代から行われ、支出は事業所の担当者が単独で処理し担当者間で引き継いできたとみられ、引退した議員も含めるとさらに多くなる模様。

小沢一郎氏公設第1秘書による政治資金規正法違反@2009/3/3

東京地検特捜部は2009年3月3日に準大手ゼネコン「西松建設」(東京)が、政治団体をトンネルにして政界へ事実上の企業献金を続けていたとして、政治資金規正法違反容疑で、小沢氏の政治団体「陸山会(りくざんかい)」を家宅捜索。公設第一秘書や西松建設前社長らを逮捕した。

民主党系神奈川県相模原市議による傷害反@2009/7/2

2009年7月2日の午前0時ごろに1人で東京都町田市原町田のキャバクラに来店し、午前1時55分ごろ閉店時間となったため市議をタクシーに乗せようとして外に連れ出そうとした従業員を突然殴り、打撲などの軽傷を負わせたとして警視庁に傷害の現行犯で逮捕された。

前原誠司氏の選挙区の選挙管理者による公職選挙法違反@2009/9/2

京都2区の東山区第6投票区投票管理者で会社役員の64歳男性が8月18日午後10時ごろ、東山区の中華料理店で、候補者を当選させるため、2区の有権者9人に投票や投票の取りまとめを依頼し、報酬として1人当たり約1400円相当の飲食接待をした疑いで逮捕。
男性は前原氏の演説会に支持者として参加。

萩原仁氏の支援者による公職選挙法違反@2009/9/5

萩原仁氏の運動員に報酬として現金を渡したなどとして、大阪府警衆院選違反取締本部は5日、公選法違反(買収、事前運動)容疑で、萩原氏の支援者で56歳の不動産会社社長を逮捕した。
不動産会社社長は立候補届け出前の8月中旬、20代の女性運動員に対し、投票を呼びかける運動をした見返りに、大阪市内で現金二十数万円を渡したとしている。

小原舞氏の支援者による公職選挙法違反@2009/9/5

京都府警宮津署などは5日、公選法違反(供応買収)の疑いで、京都5区から立候補し、比例近畿で当選した民主党の小原舞氏を支援していた宮津市在住の71歳無職男性を逮捕した。
宮津市内の飲食店で、同市などの有権者の男女数人に、小原氏への投票や投票の取りまとめなどをすることの報酬として、計数千円相当の飲食接待をした疑い。

下条みつ氏の政治資金報告書記載不正疑惑@2009/9/26

下条みつ氏が、秘書給与を企業に肩代わりしてもらいながら報告書に記載していなかったことが判明(魚拓

後藤英友氏の陣営の出納責任者による公職選挙法違反@2009/9/30

衆院選に熊本3区から立候補し比例九州ブロックで復活当選した民主党新人の後藤英友氏派の選挙違反事件で、熊本県警は30日、公選法違反(日当買収)容疑で、陣営の出納責任者で自称私設秘書井上広世容疑者(42)=熊本市京町=を逮捕。
後に有罪確定後も後藤氏は連座制無効を確認する求める行政訴訟を提訴するも2010年8月24日に議員辞職。

石山敬貴氏の私設秘書による詐欺事件@2009/10/1

石山敬貴氏の29歳私設秘書が、消費者金融からキャッシュカードをだまし取り、20万円を引き出したとして逮捕。

小林千代美氏の陣営幹部による公職選挙法違反@2009/10/15

2009年の5~8月頃、当時の合同選対委員長代行が運動員三十数人に投票を電話で呼び掛ける選挙運動の報酬として現金を支払う約束をした疑いで逮捕される。

辻恵氏の供託金返還を巡る訴訟@2009/11/2

弁護士でもある辻恵氏が、不動産会社の仮処分申請の際に同社と協力関係にあった富士薬品から預かった供託金6億円のうち5億円あまりを返すよう、富士薬品から民事訴訟を起こされる。
富士薬品側は辻氏が供託金の取り戻し請求権を勝手に暴力団関係者に渡したと主張(魚拓

石川知裕氏の政治団体収支報告書虚偽記載疑惑@2008/9〜

石川知裕氏の資金管理団体が、無償で提供されていた事務所や車の経費を有償であったかのように嘘の記載をしたと元秘書が暴露@2009/12/1北海道新聞(魚拓

陸山会の土地取引を巡る虚偽記載疑惑一連@2010/1/15~

石川知裕氏、小沢一郎秘書時代に陸山会の土地取引に関与した際、土地をめぐり、政治資金収支報告書に4億円を記載していなかったとして逮捕(魚拓

糸川正晃氏が社長を務める投資助言会社に3カ月間の業務停止命令@2010/1/21

民主党の糸川正晃衆院議員(35)=比例北陸信越ブロック=が社長を務める投資助言会社「エル・エヌ・シー」(東京都中央区)が、投資顧問業者に認められていない証券取引などを行っていたとして、金融庁から3カ月間の業務停止を命じられていたことが21日分かった。
糸川氏は朝日新聞の取材に「認識不足だった」と話している。(魚拓

小林千代美氏の陣営による政治資金規正法違反@2010/3/1

北海道教職員組合から総額1600万円の違法献金を受けたとして、札幌地検特別刑事部は北教組の実質的トップの委員長代理、書記長、会計委員、小林陣営の会計責任者で自治労北海道本部財政局長の4容疑者を政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反容疑で2010年3月1日に逮捕。(ソース

後藤英友氏の妻による無料航空券の不正使用@2010/3

後藤英友衆院議員(比例九州)の妻(30)が今年3~4月、国会議員に支給される航空機の無料券を使い、複数回にわたって熊本-羽田線に不正搭乗していたことが同年8月17日に判明。
外部から指摘を受けた党県連による事情聴取で不正搭乗を認める。(ソース

蓮舫氏の公設秘書による痴漢@2010/6/2

東京都豊島区の路上で自転車に乗っていた男性秘書は2日午前2時5分ごろ、豊島区池袋の川越街道沿いの歩道で、歩いて帰宅中だった女性(18)=板橋区=に対し、追い抜きざまにスカートをめくり、尻を触って逃げたととして警視庁池袋署に任意で事情聴取される。
男性秘書は当初、「知らない」と痴漢行為を否定したが、その後「スカートの中を見たくてやった」と認めた。女性は「早く帰りたい」として被害届を出さずに帰宅したため、男性秘書に対しては事情聴取のみで終了した。男性秘書は少し酔った様子だったという。(ソース

安井美沙子氏の陣営による公職選挙法違反@2010/7/20

愛知県警捜査2課などは20日、参院選愛知選挙区で当選した民主党の安井美沙子氏への投票や票の取りまとめなどの報酬として、有権者14人に春日井市の飲食店でみそ煮込みうどんやビールなど、1人につき千数百円相当を提供、接待したとして愛知県議を逮捕。
県議は20日付で県議を辞職した。(ソース

野村紘一氏の公職選挙法違反@2010/7/28

警視庁捜査2課は28日、公選法違反(買収)の疑いで、11日投開票の参院選比例代表に民主党から立候補し落選した不動産会社社長の野村紘一容疑者を6月下旬、参院選での野村容疑者への投票依頼などの選挙運動をした会社の社員7人に対し、報酬として金の支払いを約束した疑いで逮捕。(ソース

中島正純氏の使途不明金問題@2010/9/7

中島正純衆院議員(41)(大阪3区)は代表を務める「民主党大阪府第3区総支部」の2009年の政治資金収支報告書に、実体のない車のリース代など計361万円が架空計上された疑いがある問題で離党届を提出(ソース

京都府議選民主党候補予定者による器物損壊@2010/11/1

京都府警七条署は来春の同府議選に民主党公認で立候補を予定している京都市下京区の自営業手伝い(53)を31日午後7時半ごろ、下京区の空き地で金網フェンスに取り付けた板に張られた自民党京都府議のポスター4枚を傘で突いてはがすなどして破ったとして、器物損壊容疑で現行犯逮捕した。
現場周辺では8月ごろから同様のポスター破りが5件起きていたため同署員が警戒していた。容疑者は平成19年の府議選でこの自民党府議らに敗れ落選した。(ソース

橋本勉氏による道路交通法違反@2011/3/28

橋本議員は3月28日午前、岐阜県揖斐川町の国道で、女子高生の自転車を追い抜こうとして接触した。
橋本議員は女子高生にけががないのを確認、通報せずに立ち去った。女子高生の親が揖斐署に連絡して事故が発覚。2人とも名前を名乗らず、連絡先も交換しなかったが、同署が周辺の目撃情報などから橋本議員を特定した。
橋本議員は事務所を通じ「事故報告をせず、申し訳ない。被害者には後日謝罪したい」とのコメントを出した。岐阜県警は道交法違反(事故不申告)などの疑いで橋本議員を書類送検し、大垣区検が7月27日、起訴猶予とした。(ソース

民主党愛知県連副代表の長男による覚せい剤取締法違反@2011/4/27

民主党愛知県連副代表で元名古屋市議会議長(3月13日の同市議選で落選)の長男の名古屋市昭和区阿由知通、自称経営コンサルタントが27日午後11時5分ごろ、自宅でキーケースの中に覚せい剤約1グラムを所持した疑いで愛知県警中署に現行犯逮捕される(ソース

前原誠司氏による暴力団スキャンダル

2011/9/9発売のFRYDAYで、複数の暴力団関係者と前原誠司氏が一緒に映った写真が掲載される

民主党横浜市議による偽装結婚@2011/10/13

中国人の女(22)(電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で起訴)や日本人の男(22)(同)らと共謀し、2009年10月15日、交際していた女に日本人配偶者としての在留資格を取得させるため、男と結婚したとする虚偽の婚姻届を横浜市南区役所に提出した疑いで、神奈川県警は13日、民主党の横浜市議(45)(横浜市磯子区)を電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕(ソース

民主党職員による傷害

2012年3月13日に東京・有楽町の近藤洋介議員らの街頭演説中に、野次を飛ばした30代の女性の髪を引っ張ったとして党の52歳の男性職員が警視庁に傷害の疑いで書類送検される(ソース

元民主党千葉県議による県迷惑防止条例違反@2012/3/31

元民主党千葉県議で、鎌ケ谷市新鎌ケ谷の自称派遣社員(46)は3月19~27日の9日間、離婚訴訟中で別居している妻(46)の松戸市内の実家を訪れ、門扉などに空揚げやゆで卵、おにぎりなどの食品をくくりつけ「会って話をしたい」などと手紙で要求したとして、千葉県警松戸東署に県迷惑防止条例違反容疑で逮捕される(ソース

民主党泉南市議による暴力団スキャンダル

大阪府泉南市の民主党市議(56)は、3月27日に泉南市と隣接する阪南市でつくる泉南清掃事務組合の臨時議会を欠席し、市内でゴルフコンに後援会員らと計4人で参加した。
その際、中学時代の同級生だった暴力団組長と、顔見知りの指定暴力団組長が別のグループで同じコンペに参加していることに気づいたが、最後までプレーを続けたという(ソース

小沢一郎氏元秘書による器物損壊@2012/6/12

終電後のJR姫路駅で駅員に絡んで帰らないとして通報され、交番で事情を聴かれているときにペットボトルの水をかぶり、警察官に注意されると机を蹴ったとして、姫路署は小沢一郎氏元秘書(34)をを器物損壊容疑で現行犯逮捕(ソース

下条みつ氏によるパワハラ疑惑@2012/8/2

2007年1月から支援者回りなどを担当していた私設秘書が、月80~90時間の残業を強いられた上、ミスの度に「殺すぞ」「埋めるぞ」などの暴言を吐かれ、幻聴が聞こえるようになるなど精神的に不安定になり、3月にうつ病と診断され事務所を辞めたとして、国に労災認定を求めて名古屋地裁に提訴(ソース

小川勝也氏公設秘書による道路交通法違反@2012/8/25

北海道警は民主党の小川勝也参院議員の公設秘書(38)を2012年8月25日午後1時すぎ、浦幌町川上の国道で乗用車を運転し、制限速度60キロを19キロオーバーして走行した疑いで現行犯逮捕した(ソース