※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DIARY 育児 (MAY.2008)


更新を…再びの再び(2008/06/09)←(改2008/07/29)

本日の昼頃「育児」日記の5月を編集しておりますた。
(5/11・19・23)分日記をうp。

このまた続きは、次回にしようと…
どんだけ時間かけて過去記事を投稿してるんだ?私ってば!

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
まだないよーw
まずアーカイブ4月は埋まったから、今月分の前に
5月分を仕上げないとだってばよーあばよー゚(゚ノ∀T゚)゚。アヒャヒャ(←泣


ぴぃぃ~っす☆だぶる♪(2008/05/23)

なんだかとってもゴキゲンだった1日。


りぅが嬉しいとママも嬉しいよ(*´▽`*)

■コメント欄■
  • ウホッ!ますますお兄ちゃんらしいお顔立ちになってきたね(*´ω`*) -- 真凛 (2008-08-03 23:54:03)
  • そうそう、だんだん可愛げが無くなっt…っととw普段は、悪戯大好きな小悪魔(寝顔は天使?)なのがザンネーン(*-ω-(-ω-*)ウホッ -- mimi (2008-08-09 15:53:21)
名前:
コメント:

洋ナシ~(2008/05/19)

パパのお古の革ベルトを輪にして持ってきた。
りぅ「ママー!見てー! 洋ナシ ~♪」

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
こちらは大きい洋ナシ。


こちらは小さい洋ナシだそうです。


確かにぃ~洋ナシっぽかった(≧ω≦。)プププ
写真を撮ってくれと、せがむのでパチリ♪
自分がどう写っているのかを逐一チェック!
ブログに載ることを楽しみにしているのは分かったけど。
写真を撮られる時から、既にこみ上げてきた嬉しさが
笑顔に滲み出すぎだってば(*´д`*)チョットマッテヨネ


■コメント欄■
名前:
コメント:

りぅの喜劇はママの悲劇(2008/05/16)

この日、りぅがトイレへ行ったので
「出てきたら手を洗うように」と指示して家事に専念していた。
まだまだ3歳児だった息子を信じていつものように
洗面所に1人にした私が愚かだった。
監督責任の甘さが招いた災難とは…

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
何度も水を流したり止めたりしている音くらいは聞こえていたのよ。
少し遊びながらだけど、ちゃんとやってくれているんだなと思って大目にみた。
ここが間違いだった。すぐにでも駆けつけて様子を伺うべきだった。
「洗えたら、お手手拭いてね~」と何度言ったか分からない。
それでも笑い声が聞こえると、楽しんでいるみたいだから
もう少し自由にさせてあげよかな~(家事が一段落するまでの間)と呑気だった。

でもでもでもでも…
全然やめる気配が感じなかった。
それどころか、ようやく水が流れる音の異変に気づき始めたよ。

ジョボ ジョボ ジョボ~。
(ま、これはコップか何かに水を汲んでいるんだなと思った)

チャポ チャポ ジャバァァァァァン!
ビチビチビチビチャ!!
異様な水音の後、甲高い笑い声が響く。
(*'ω'*)......ん?
そんなにたっぷりと汲める器なんてあったっけ?!
しかもビチビチ…なんて、床に流れ落ちた音っぽ…
何か良くないことが起きている殺気を感じたので家事を中断。


事件は現場で起きていた…


状況を説明させていただきますとですねぇ…
洗濯機㊧と洗面台㊨の間のスペース部分に
三段の細長いラック を置いてあるのですが、
その一段一段にめいっぱいお水が入っていてタプタプしていました。
Σ(=∇=ノノヒィッッー!!
そこはバケツじゃありません(*`Д´*)ゴルァ!
このラックは私のお化粧道具(基礎・パウダー・化粧試供品等)を
悪戯防止策としてここへ収納していたのに意味がなくないですか?

お水を含むと紙類って膨張するじゃな~い?
色んな物が下からプカプカ浮いてくるのが楽しかったみたいで、
床に溢れてくるほど、どんどんお水を足して遊んでいたみたいなの♪


地獄絵図かと思った。


眩暈がしたけど、とりあえず現場証拠を撮ってから
お掃除して、その後ゆっくりと質疑応答の始まり。

こんな大惨事でも、写真を撮るほど余裕が…あるわけない?!
見た瞬間から固まってしまい暫く放心状態で現場を見つめていた私を
「怒られる」と思ってか、静かに端っこに佇むりぅがずっと様子を伺っていてね…
「いけないことをしているのを分かっててやった」のか
「夢中になりすぎてやっていることの善し悪しの判断が出来なくなった」のか。

どっちにしろ、ちゃんと見守っているかもっと早く様子を見にくれば
こんなに被害が拡大しなくて済んだと思うと自分を責めるしかなくて頭痛がした。
成長記録の記事にしようと思っていたのに、
ショックの方が大きくて更新する気力を失くしてしまったのはこの日からかも。
約一ヶ月振りにこうして投稿しているなんて…(;´Д`)ハァハァ

私の大事な物が沢山ゴミと化した。
お気に入りの(高価だった)粉パウダーも水没。これが一番泣けた。
この4年弱、一緒にいて一番大嫌いになった瞬間ヵモ´д`*)
なんでこんなにひどいことをするの?とりぅを怨んだ。
…私が悪いのにな

モヤモヤしながらも結局は「許す」しか選択がないことは分かっている。
でもオコチャマな私は、暫くウダウダといじけていた気がするw

化粧品なんかまた買えばいい。
どんなものでも、りぅに代わるものなんてない。

世界でたった一人しかいないりぅの方が数倍大事だったよね。

ごめんね怒ったりして…



泣くな!強くなれ!タワシ!ワタシ!!!


■コメント欄■
名前:
コメント:

今日もキタお♪(2008/05/11)

わりとよく行くスーパーに行くと、
必ず足止めを食らう場所がある。

りぅは、ある ケーキ屋さんの看板娘 に夢中なのだ。

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
P子「ぁ、りぅ君、またキタの?いらっしゃい♪」
りぅ「今日もお洒落で可愛いでつね…」
P子「ありがとう、当然よ♪今日こそ何か買いにきてくれた?」
りぅ「んとね。ほっぺ、ツンツンしてもいいでつか?」
P子「…サービス料 とるぉ?」

お互いに 終始笑顔 (P子は営業スマイル)で見つめ合う様子を
私の頭の中ではそんな妄想会話が交わされているなんて…
言えたもんじゃないね¬(´‐`)г


■コメント欄■
名前:
コメント:

実家で落書き(2008/04/01)

4月に実家へ行ったとき、妹が絵を描いていた。

オデモ カキテェーナ(*´д`*)

筆ペンをクルクル回しながら暫しかんがるー。
なかなか描くものが思い当たらないので、
見ているものを描く事にしたょ。

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
まず自分の似顔絵。
そして、りぅ。
それから…私の妹!

妹「何でいつも自分だけ美化して描くんだ!」
(´゚ω゚):;*.':;ブッ
エエエェェ━(.д.`*)))━ッ!!

もともと可愛いからしょうがないよ(最低だな)


注意:
自分で描いておいてアレですが、かなり似てません。
美化して描いたつもりもなく…
でも楽しかったのでうpしちゃう♪
ちゃんとお絵かきできる時間がほすぃよ(´・ω・`)ショボン


■コメント欄■
名前:
コメント:

こどもの国(2008/05/06)

昨日が生憎の天気だったので何処にも出かけず家で燻っていた分、
この日は朝からお出かけしたよ。
桐生にあるこどもの国へ遊びに出かけた。

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
ここは日差しが強い日でも、森林が生い茂っていて結構涼しい。
今日は、りぅがお気に入りの長い滑り台をお目当てにやってきた。

りぅ曰く「トンネルの滑り台」こと「 冒険の砦 」と名づけられた
アスレチック兼滑り台。
いつもパパと一緒に登って一緒に滑り降りてくるのを出口で待つママ。

この滑り台は2台あって初心者コース(写真向かって㊧)と
上級者コース(写真向かって㊨)がある。
上級者コースの方が幾分傾斜が急になっている為、
パパ世代のような結構大きくなった少年でも
そこそこのスピード感が味わえるらしい。
そういった意味でも小さな子供から大人まで楽しめてグゥググゥ~♪です。

祝日だけあって混み合うのか、なかなか2人が降りてこなかった。
次々と滑り降りてくる方々を眺める事に飽きてきた頃、
いよいよ我がファミリーの順番がきた!

「ひょぉぉぉ~~~~」 という奇妙な音と共に、黒い大きな塊が
長い筒状のトンネルを滑ってきたょ(゚Д゚;)ナンデスカ?アレヮ…



「すぽーん!」 ←出口から飛び出てきた効果音付き♪親切でしょw

滑り降りる時の[謎の音]が耳の奥で木霊するも笑顔で出迎えた私。
空 調 の音かな?(←違w)謎だ。でもそのよくわからないところが
ちょっと恥ずかしいんですけどっ(´゚ω゚):;*.':;ブッ

ついでにもうひとつ。
その姿 … ま る で ボ ブ ス レ ー だったぉ。。。⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー

滑り台というより、ボブスレーと呼ぶ方が相応しそうだけど
私的に面白かったから滑り台だと言い張りたいw

画像が小さくて表情が確認しずらいけど、
滑り終えた瞬間の顔が父子共に硬直していてオモロー!!
りぅなんて、怖がっている感じもしたけれど
終わってみれば、もう1回行く!とばかりにパパの手をひいて
頂上を目指してどんどこ登って行くのが印象的だった。
「怖い」→「スリル」→「ハラハラ・ドキドキ」→「楽しい」
…そんなもんだよねぇ(*′艸`*)

数回滑った頃、偶然にも同じところへ遊びに来ていた姪っ子達の家族と遭遇!
一緒に暫く遊んでもらったので記念撮影~♪

思いがけずお姉ちゃん達と会えて、りぅも嬉しそうだった。


てか、りぅが遊びたいのは滑り台ばっかだお...A=´、`=)ゞゴメンネ
それでも沢山遊んでもらえて楽しかった1日だったよね+.(o´∀`o)゜+


■コメント欄■
名前:
コメント:

湖と釣堀(2008/05/04)

この日は私の両親と妹と一緒にお出かけしてきた。
山奥にある湖へ行き、ロープウェイに乗って景色を眺めたり
モーターボートやサイクル自転車に乗って遊んだ。

りぅはボートに乗るのは初挑戦!
前方の風避けがあったからか、夫の膝に挟まれ
涼しい顔をしながら静かに乗っていたけど…

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
後部座席に座った大人たちは
ビュービューと吹きつける強風を受けながら
モーターボートのスピードを体感してしまうことにっ(;´Д`)ハァハァ

降りてからどのくらいスピードが出ていたのかと聞いたら
何のことはなく、時速40㌔くらいだそうだ…。
エエエェェ━(.д.`*)))━ッ!!
体感速度100㌔を超えていたような気がしたのは
本気の「気のせい」だったみたい。

ロープウェイ乗り場までの坂道を
パパに甘えて歩くことを拒否するりぅサマ。


パパの肩車で登りたいらしいよ。
根性ナシのドラゴンベビーめ!
都合が悪くなると出てくる必殺あかちゃん返りか!



…パパさんていつも大変だぁね(*´д`*) カンシャ シテマスョ

湖遊びを満喫したら、本日メインイベントの釣りへGO-GOGO!
といっても釣堀に行った。
父と夫がマイ釣竿持参で、私達は交代で借りて釣りしてきたよ。
そこはマスと岩魚が釣れる釣堀でした。

獲ったどー!!


私と母は一匹も釣れなかったけど
それぞれなかなかな釣れ具合でした。


その場では食べずに数匹分けてもらって持ち帰り、
家で夫が料理してくれたのをいただいた。
マスと岩魚のムニエル♪
うまかったどー!!

私の父は約4年ぶりの釣りで、笑顔が輝いて見えたw
なんかいいなー、親の喜ぶ顔って♪
嬉しくなるよ。また一緒に釣りしようね!


■コメント欄■
名前:
コメント:

タラの芽採りと牧場(2008/05/02)

この日、夫の両親と共に北軽井沢方面へ向かった。
以前、同じ場所へ夫の家族が大集合した際に
私も行ったことがあるところ。

持ってきたカマや軍手を私も借りて山へ入ってゆく。
タラの芽探しや散策は楽しいけれど、
急な斜面の上り下りが、日頃運動不足な私の体力を奪う。

(↓■続きはコチラをクリック■↓)
+...
義父と夫は奥の山へ入って収穫してくる間、
義母と私とりぅは、川まで降りて
サワガニでも見つけようとしたけど今年は見つからなかった。
てかヘトヘトで探す気力もナッシングだったという説も有力だぞ!

暫くヘタっていると夫達が戻ってきた。
まだ摘むには少し早かったようだけど
それでも天ぷらに充分な量が収穫できたそうだ。

カメラを持って行ったけど、歩くことで精一杯なので
呑気に記念撮影なんてものはできなかったんだずぇ?σ(;゚;ё;゚`;)

軽く登山したな、ありゃ(;´Д`)ハァハァ

山の中で義母が用意してくれた手作り弁当を頂いて
山登り後は近くの牧場へソフトクリームを食べに立寄った。

ここでは気力が復活してきたのか、
忘れていたカメラを取り出し記念撮影に成功♪


ヤギやウサギにあげる餌を買って、りぅに餌付けさせてみた。

ウサギさんに、写真のように餌をあげているのだが…
最初なかなか食べてくれなかった。
なんでかな?と思ってよく見たらね。

ウサギさんの鼻に 、餌を突っ込んでいたことが判明!
そりゃ食いたくても食えねぇーだろ?゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ
お口の場所がよく分かんなかったみたいだお。

縦に開いた穴が口なのかと勘違いしていたりぅにもウケたが、
鼻に突っ込まれても大人しくしていたこのウサギさんにも拍手喝采!
コドモの扱い方がよく分かっていらっしゃるようで。
なかなかオトナなウサギさんに会えましたよm(_ _*)m アリガトウ

餌が残り少なくなってから、ようやくヤギさんにも…

って、おいおい!
それはもう空になった餌入れじゃないですか~( ´,_ゝ`)プッ
あげ終えたら、きちんとゴミ箱に捨てましょう。
いっぱい食べてくれてよかったね。
ウサギさんに優しく撫で撫でできたよね。楽しかったね♪

その夜、早速摘みたてタラの芽を天ぷらにして頂いた。
いつもの事ながら美味しかったなぁ~♪
夫と結婚しなかったら、タラの芽の存在自体知らなかったと思う。
自分で収穫したものをいただくってことが
こんなにありがたくて美味しいことなのね~♪

私の両親にまでタラの芽のお土産を持たせてくれた。
届けると早速次の日に天ぷらにして食べたそうです。
( ゚д゚)つ ЧЧ オスソワケ ドゾー


■コメント欄■
名前:
コメント: