メモリーカードデータ移行法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PS3経由で行うメモリーカードデータ移行法について

実機からのTwitter杯出場の方も参考にしてみてください。

必要なもの

  • PS3
  • PSP(PSPが無い場合はUSBメモリでも可)
  • PS3メモリーカードアダプター

(ダウンロードするもの)
  • PSV Exporter
(http://www.ps2savetools.com/ サイドバー[Downloads]から[Playstation 3 utilties]選択)
  • PSXGameEdit
(http://moberg-dybdal.dk/psxge/ 一番下のダウンロードリンク選択)
  • メモリーカードキャプターさくら
(http://remus.sakura.ne.jp/error/#_home [便利なソフト]から選択)



以下手順

①メモリーカードをPS3にコピーする


1. PS3のメニューから[ゲーム]→[メモリーカード管理]を選択

2. 仮想メモリーカードを作成

3. メモリーカードアダプターをUSBケーブルで接続

4. PS3画面上にPS1メモカが認識されるので[コピー]を選択し、仮想メモリーカードにコピー

②PS3のメモリーカードをPCに移す


1. PS3にPSP又はUSBメモリを接続

2. 仮想メモリーカードで[コピー]を選択→コピー先はPSP又はUSBメモリ

3. コピーしたデータが入ったPSP又はUSBメモをPCに接続(セーブデータは[PS3]→[EXPORT]→[PSV]の中にpsv形式で保存されている)

4. コピーデータを抜き出し、自分の分かりやすいところ(デスクトップなど)に置く

③psv形式をePSXe(エミュレーター)などで使える形式に変換する


1. PSV Exporterを起動、PSVファイルをドロップ

2. 上にあるPSマークを押し、mcs形式に保存(PSV Exporterはもう使わないので閉じてもよい)

3. 次にPSXGameEditを起動、先ほどのmcs形式のファイルをドロップ

4. [File]→Seve MemCard Imageでmc形式に保存

5. メモリーカードキャプターさくら(以下mccs)を起動する前に
 (http://sourceforge.jp/projects/sfnet_gdb-ocd/downloads/GNU%20On-chip%20Debugger/0.1/giveio.sys/)で
 giveio.sysというファイルをダウンロードする(リンク先でダウンロードポップアップ)

6. 先ほどダウンロードしたgiveio.sysをmccsの.exeと同じ場所に置く

7. mccsを起動、先ほど保存したmc形式のファイルをドロップ→[ファイルを別名で保存]を選び、mcr形式で保存



以上の手順を踏むことで、ePSXe(エミュレーター)使えるセーブデータ(.mcr)の完成。お疲れ様でした。

文章提供@haruhixxxxxさん



メモリーカードアダプターとドライバソフトを用いた方法


必要なもの

  • PS3メモリーカードアダプター
  • USBケーブルMini-Bタイプ(PS3に付属しているタイプ)

(ダウンロードするもの)
  • MCRWwin.EXEとメモリーカードアダプター用DLL のセット
(http://www.geocities.jp/altshibabou/win/MCRWwin.html ■ダウンロードのリンク選択)

  • UUSBDドライバ
(ガジマルの森 http://www.otto.to/~kasiwano/ の[USB開発者注目]の先に進むとダウンロード画面あり、uusbdv20beta.zipを選択)

①デバイスドライバ(UUSBD)のインストール

1. mcrwwin110.LZHとuusbdv20beta.zipを解凍

2. SETUPフォルダ内の「uusbd.inf」をメモ帳を使って展開

3. メモリーカードアダプタの機器情報を追加する(2箇所)

 →[Kashiwano] セクション(30行目付近の ;%USB\CLASS_03.DeviceDesc%=USBD.Dev, USB\CLASS_03の下)に以下の1行を追加
 %USB\VID_054C&PID_02EA.DeviceDesc%=UUSBD.Dev, USB\VID_054C&PID_02EA
 →[Strings] セクション(末尾の UUSBDClassName="UUSBD用USBデバイス"の下)に以下の1行を追加
 USB\VID_054C&PID_02EA.DeviceDesc="MemoryCardAdaptor with uusbd Driver"

 全部半角文字、入力が面倒なのでコピペするのが確実

3. mcrwwin110のフォルダに必要な物を集める
 uusbdv20beta/LIB/uusbd.dllと
 uusbdv20beta/SETUP/uusbd.infと
 uusbdv20beta/SETUP/uusbd.sysを
 mcrwwin110にコピー

4. メモリーカードアダプタをPCに接続

5. ドライバインストールWizardが出るので、編集したmcrwwin110のフォルダを指定して先に進み、成功すれば完了
 ※windows7の場合ドライバインストールWizardが立ち上がらないので以下の手順を踏む
  スタートメニューから コントロールパネル> システム> デバイスマネージャー> 不明なデバイスを選択
  ドライバーの更新→コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索を選択
  編集したmcrwwin110のフォルダを指定

 ※更に64bit版だと以上のものでは対応しません
  こちらのページで詳しい説明があるので参考に→http://kazzx2.web.fc2.com/64bit_edit.html

②MCRWwinを起動する

1. メモリーカードアダプタをPCに接続

2. メモリーカードをメモリーカードアダプタに刺し込む

3. MCRWwin.EXEを実行

4. File(VM)を選択
 →[Write] メモリーカード(イメージ)から固定ファイル名 "PS.mem" へのファイル化
 メモリーカードにあるデータを引っ張ってくるにはこの機能を使います。
 Twitter杯に使うデータはこの操作で吸出したものを使用します。
 .mem形式で吸いだされますがそのままでも使用可能です。

 →[Read] PCのファイル(ファイル選択可)からメモリーカード(イメージ)への丸ごと書き込み
 PC上で使用しているデータを実機でも使いたい場合はこの機能を使ってメモリーカードへ書き込みます。

 ※注 ・メモリーカードをアダプタに刺すのはMCRWwinの起動前

    ・メモリーカードを抜くのはMCRWwinの終了後

以上の操作でPS.memのデータを書きだすことが出来れば完了です。