※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラス

ペルソナ使い

 タロットの啓示に導かれ、カードに秘められた「アルカナ(ラテン語で秘儀)」の力に目覚めた戦士。それが「ペルソナ使い」と呼ばれる新たな悪魔使いである。ペルソナ使いには、使用可能なペルソナの種類によって「アルカニスト(秘儀精通者)」と「ワイルド(万物の創造者)」がいる。
 彼らは人の身にありながら、秘めたる人格「ペルソナ」の中に悪魔の力を宿らせている。彼らが戦うとき、すなわち、死を克服する絶対の意志を持ってペルソナを呼び覚ますとき、悪魔の力が発現するのである。
「ペルソナ使い」たちは、サマナーの【悪魔召喚】やアウトサイダーの【悪魔変身】と異なり、直接悪魔を召喚したり、悪魔に変身することはない。【降魔】と呼ばれる儀式によって、悪魔を自身の「ペルソナ」に降ろすことで初めて悪魔の力を宿すことができる。【降魔】直後のペルソナは、すぐにはすべての力を発揮できない。ペルソナ使いと共に戦うことで成長し、神話上の力を取り戻していく。

  • ペルソナ使いとコミュニティ

「ペルソナ」の力は、ペルソナ使いの精神力と密接に関係している。ペルソナ使いは、ペルソナを降魔させる際、命を懸けて戦う「理由」となるものを、己のうちに見出さなければならない。その「理由」のために、ペルソナ使いは死の恐怖を乗り越えてペルソナを発言させる力を得るのである。
 悪魔カードを降魔してペルソナとする際、コミュニティを1つ選ぶ。コミュニティ・レベルは使用可能なペルソナのスキルに関係する。なお、一度選んだコミュニティは変更できないが、なんらかの理由でそのコミュニティが完全に失われた場合に限り、GMが認めれば変更してもよい。

  • 降魔

 キャラクター作成時、またはペルソナ使いに覚醒した際、精霊、御魂、怪異、マシン、デモノイド、メシアン、ガイアーズ、電霊、魔人を除く悪魔の種族を1つ選択する(BOSS用データは選択できない)。
 選んだ種族と、精霊、御魂の悪魔のうち、「キャラクターのレベル+命運上限値」(ただし最低でも9)以下のレベルの悪魔1体を選び、自らの最初のペルソナとする。この時、1レベル以上のコミュニティを1つ選ぶ。【種族への親和】スキルがあれば、上限レベルを上昇させることができる。
 ペルソナ使いは、【降魔】スキルを使用することで、ペルソナとなった悪魔の行動欄のうち、「行動パターン」欄が[1]〜[コミュニティ・レベル]まで(「*」は「10」に読み替える)と、[―]のものを使用できる。もし、使用可能な行動欄が「―」の他に「素手攻撃」しかない場合、「素手攻撃」の次の行動欄のものまで使用できる。
 ペルソナの行動を使用する時、判定値と威力はペルソナのものを使用する。コストはペルソナ使い自身が支払う。その他のデータ、HP、MP、イニシアティブ、防御点、命運などはペルソナ使いのものを用い、降魔中でも変化はしない。
 なお、降魔中にペルソナの判定値を使用して、スキルを必要としない行動(「応援」や逃走など)を行ってもよい。

  • ペルソナの成長

 ペルソナは、ペルソナ使いと共に成長していく。「降魔」を使用したシーンや戦闘でペルソナ使いが経験値を得た場合、ペルソナもまた同様に経験点を得て成長する。
 レベルアップした場合、悪魔PCと同様に能力値の成長と各種数値の再計算を行い、また使用できる行動欄が「コミュニティ・レベル+初期レベルより上昇した分」になる。ただし、追加スキルの獲得やレベルアップ・イベントは行えない。

  • ペルソナの変更

 一度選択したペルソナは、少なくとも1レベル以上成長させ、かつすべての行動欄が使用できるようになるまで変更できない。この条件を満たした場合、レベルアップ・イベントとしてペルソナの変更を行える。最初に選択した種族と精霊、御魂の中から、「新しいキャラクターレベル+命運上限値以下」のレベルの悪魔を選択し、それを新しいペルソナとして降魔させることができる。この時、望むならばコミュニティを変更してもよい。

  • ワイルド

 ペルソナ使いの中には、自在にペルソナをチェンジできる「ワイルド」の啓示を受けた者がいる。これは【ペルソナ・チェンジ】のスキルで表される。このスキルを習得したキャラクターは、通常の合体ルールに従って作成した悪魔カードを、自分のペルソナとして使用できる。まだ対応するコミュニティを登録していない悪魔にチェンジした場合、即座にコミュニティを登録しなければならない。なお、1つのコミュニティを複数の悪魔に登録することはできない。
 ひとたびコミュニティを登録した悪魔カードはも他人に譲渡できなくなるが、スキルのコストとして消費してしまうことは可能である。合体させた場合、新たにコミュニティを登録し直してもよい。

「アルカニスト」と「ワイルド」は、それぞれ「ペルソナ使い」として扱われる。両方のクラスを同時に取得することはできない。
 ペルソナ使いが悪魔人合体を経るなどして悪魔PCになった場合や、マガタマを得て「人修羅」になった場合、【降魔】【ペルソナ・チェンジ】【アルカナ・プロモーション】のスキルは失われる。


アルカニスト  タロットの啓示を受け、悪魔の力を宿す「ペルソナ」を心に秘めた戦士。
覚醒キーワード ペルソナとの出会い
タロットの啓示
臨死体験
能力値修正
アイテム スキル使用を演出するアイテム(召喚器など)1つ。効果のない特殊武器かアクセサリーとして扱う。
スタイル ペルソナ使い



ワイルド  あらゆる可能性を秘めた「ワイルド」をの啓示を受けたペルソナ使い。
覚醒キーワード ペルソナとの出会い
愚者の啓示
臨死体験
能力値修正
アイテム GP+5レベル以下の悪魔カード
スキル使用を演出するアイテム(召喚器など)1つ。効果のない特殊武器かアクセサリーとして扱う。
スタイル ペルソナ使い