※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コミュニティ

 キャラクターが「誰か」(あるいは「何か」)と絆を結ぶ時、そこには「コミュニティ」が生まれる。クラスメート、上司、仲間、契約した悪魔、信仰する神……逆説的ではあるが、絆を結ぶ相手がすでに亡くなっていたり、元から存在しないものや、形のないものであったとしても、キャラクターがそこに絆を感じるならば、それは絆であり、そこには「コミュニティ」が存在するのだ。

 コミュニティは、それぞれ「コミュ・ポイント」「コミュ・レベル」「コミュ・キーワード」「神威」「承認レベル」を持つ。
「コミュ・ポイント」は、そのコミュニティに対する、PCの貢献度やつながりの深さを表す。
「コミュ・キーワード」と「神威」は、そのコミュニティが持つ特徴や性格、そしてそのコミュニティから得られるメリットとデメリットを表す。

 GMやプレイヤーがコミュニティを自作したいときのために、いくつかのコミュ・テンプレートも用意した。
 基本的な方針として、プライベート・コミュニティ、概念上のコミュニティ、小規模なグループ・コミュニティは最大8個、大規模なグループ・コミュニティは最大10個の神威を持つものとする(これより少なくてよい)。
 サプリメント『闇のプロファイル』p.034-p.041に掲載されているコミュニティ・データでは、大規模なグループ・コミュニティは「○○の祝福」系神威を持たず、反対に、プライベート・コミュニティや概念上のコミュニティは「ギフト」と「○○の祝福」系神威を重視する傾向にあるが、これはひとつの指針に過ぎない。GMとプレイヤーで相談の上、ふさわしいキーワードと神威を決定して欲しい。


コミュ・ポイント

 コミュニティに対する絆ポイントや貢献ポイントは、すべて「コミュ・ポイント」になる。コミュ・ポイント10ポイントにつき、1レベルの「コミュ・レベル」が与えられる。
 PCがそのコミュニティに対して何らかの貢献をすると、1d10〜3d10程度のコミュ・ポイントを得ることができる(コミュ・ポイントが上昇した場合、対応してコミュ・レベルも上昇する)。コミュ・ポイントの上限は100、コミュ・レベルの上限は10である。
※ハウス・ルール(てるみん・ルール)
 コミュ・レベルが上がれば上がるほど、コミュ・ポイントの上昇量を調整しても良い。立場が高くなったり、繋がりが深まったりすれば、キャラクターのとった貢献的な行動も当然の範疇に思われることがあるからだ。コミュ・ポイントを上昇させる時のダイス・ロールからコミュ・レベル分を差し引くと良いだろう。その時に、上昇するはずのコミュ・ポイントが0以下になった場合、1として処理する。

  • キャラクターの作成とコミュ・ポイント

 キャラクターの作成時に、「レベル×3」ポイントを任意のコミュニティに割振って良い。
 ただし、1つのコミュニティに36ポイント以上割り振る場合はGMの許可を必要とする。なお、作成段階で50ポイント以上のコミュニティを複数持つことは、ストーリー上の特別な理由がない限り推奨しない。

  • リバース

 もし、そのコミュニティに対して損になるようなことをしたり、裏切ったりした場合は、GMの判断によって1d10〜3d10ポイント、コミュ・ポイントを減少させる。この結果、コミュ・レベルが現在よりも下がった場合、そのコミュニティは「リバース」状態になる。承認レベルの記入欄に「R」の文字を書き加えること。リバース状態にある間、そのコミュニティからは承認を得られず、神威が使用できない。リバース状態は、コミュ・ポイントを得て、コミュ・レベルが上昇すれば解除される。
※ハウス・ルール(てるみん・ルール)
 コミュ・レベルが高ければ、コミュ・ポイントの減少量を調整しても良い。立場が高くなったり、繋がりが深まったりすれば、キャラクターのとった裏切り的な行動も「何か考えがある」と信頼されることがあるからだ。コミュ・ポイントを減少させる時のダイス・ロールからコミュ・レベル分を差し引くと良いだろう。その時に、減少されるはずのコミュ・ポイントが0以下になった場合、1として処理する。

  • コミュ・マスター

 コミュ・ポイントが100に達した時、そのコミュニティを「マスター」することができる。コミュ・マスターになった場合、コミュ・ポイントが減少し、コミュ・レベルが下がった場合でも、残りのコミュ・ポイントを判定値とした%ロールに成功すれば、「リバース」状態にならない(ただし、コミュ・ポイントが減少することはあり得る)。

  • コミュニティの変更

 コミュニティは、それ自体が変化することがある。
 GMは、ストーリーの進行に応じて、PCにコミュニティの変更を指示することができる。このとき、コミュニティが発展的に変化する場合、コミュ・ポイントを10ポイント減少させる(コミュ・ポイントが20ポイント未満の場合は半減)。もし、コミュニティが解体されるなど、劇的に変化した場合、コミュ・ポイントを半分にすること。



コミュ・キーワード

 コミュニティが持つキーワードを「コミュ・キーワード」と呼ぶ。各キャラクターは、コミュ・レベル3につき1個のキーワードをそのコミュニティから獲得できる。最大で命運上限値に等しい個数の「キーワード」をコミュニティから得ることかできる。
 コミュ・キーワード中、「キーワード(キーワード)」と書かれているもの(これを互換キーワードと呼ぶ)は、会話ルール使用時に括弧内のキーワードとして扱っても良いことを現している。また、コミュニティがそのキーワードに対して「どう考えているか」を表しているという解釈も可能である。
 もちろん、GMはゲームの雰囲気やストーリーの進行に合わせて、異なる解釈をしても構わないし、必要ならキーワードを変更しても良い。



コミュニティの属性

 各コミュニティは、属性を1つ持つ。コミュニティの属性は、そのコミュニティの性格や、メンバーの属性からGMとプレイヤーが相談して決めること。この属性は、コミュニティ全体の方向性を示唆すると共に、PCがそのコミュニティをどう捉えているのかを表現する。
 コミュニティの属性は、使用できる「神威」の種類を制限する。また、上級クラスによっては、特定の属性を持つコミュニティのレベルが必要などの制限がある。
 コミュニティの属性は、ストーリーの進行やキャラクターの立ち居地の変化に従って変更しても良い。



プライベート・コミュニティ

 特定のキャラクターとの間で結ばれるコミュニティを「プライベート・コミュニティ」と呼ぶ。GMは各PCのコネをコミュニティに置き換えてもよい。そうした場合、最初からコミュ・レベル3レベル(コミュ・ポイント30ポイント)として扱う。対象となるキャラクターが、組織のリーダーなどであれば、強力な神威を持っていることもある。

  • 特別な関係

 ある個人に対するコミュ・レベルが5以上になった場合、その人物とPCは「特別な関係」にある。これは、恋愛関係や、家族ぐるみでの付き合いなど、より親密な信頼関係にあることを示す。
 もし、複数の「異性の」キャラクターと特別な関係になった場合、いずれかひとつのコミュ・ポイントが上昇するたびに、それ以外の、特別な関係にある異性のキャラクターとのコミュ・ポイントを1ポイントずつ(1度に2ポイント以上上昇した場合でも、減少させるのは1ポイントでよい)減少させなければならない。この結果、コミュ・レベルが下がった場合、そのコミュニティは「リバース」状態になる。
 また、特別な関係にある異性と親しくしているところを別の特別な関係にある異性に見られるなどした場合、GMは状況に応じて1d10〜3d10ポイント分、コミュ・ポイントを減少させるなどして良い。ただし、明らかに嫉妬などの感情を超越してしまっているようなキャラクターは、こうしたペナルティを受けないとしてもよい。

  • 概念上の存在に対するコミュニティ

 武器などの生命を持たないものや、信仰心や騎士道精神といった、形のないものに対してもコミュニティを設定することができる。こうしたコミュニティの神威は極めて限定的なものになるが、使いこなせれば強力な助けになるだろう。故人に対するコミュニティもこの部類に入るものとする。

プライベート・コミュニティ・テンプレート

キャラクター名 解説 キーワード 神威
愛する者 恋人や配偶者など、最も大切な異性。 忠誠 献身 貞節 目撃者 事情通? ギフト(異界GP+5以下のアイテム1つ/100) 命運の祝福 加護の祝福 解放の祝福 復活の祝福 敬天愛人
家族 肉親や同居人、家族同然に育った義兄弟など。 家族(愛) 母の愛(献身) 父の威厳(高潔) 定期収入 庇護 目撃者 貸与? ギフト(異界GP以下のアイテム1つ/50) 命運の祝福 平等の祝福 正しき道
クラスメート 同級生、または先輩後輩など近しい年齢の学生。 うわさ話(知識) 授業(勤勉) クラブ(武芸) たまり場 目撃者 事情通? 調達? 命運の祝福 加護の祝福 解放の祝福 復活の祝福
師匠 師事していた恩師、流派の師匠など。 武芸または魔術(知識) 高潔 頑固 わがまま たまり場 庇護 魔匠または合体施設 事情通? 貸与? ギフト(異界GP+5以下のアイテム1つ/100) 邪悪の封印 正しき道
同僚 同じ職場に勤める同僚(元同僚含む)。 家族(平和) 景気(世界の運命) 転職(救済) 仕事(勤勉) 定期収入 派遣指令 事情通(特) 調達? 貸与? 命運の祝福 平等の祝福 敬天愛人
後援者 政治家や実業家の友人などの強力な後ろ盾。 政治(世界の運命) 敵対する活動家(宿敵) 支援者(守護) 政治的信条(忠誠) 定期収入 庇護 集結命令 特別任務 事情通? 調達?、? 貸与?
離別した友人 かつて特別に親しかった友人や家族。 離別(孤独) 再会(夢) 思い出(前世) ギフト(日常GP以下の装備1つ/50) ギフト(異界GP以下のアイテム1つ/70) ギフト(異界GP+5以下のアイテム1つ/100) 命運の祝福 加護の祝福 解放の祝福 平等の祝福 復活の祝福



グループ・コミュニティ

  • 小規模なグループ・コミュニティ

 クラブ活動や職場など、おおむね数人から20人程度、多くても100人未満のグループに対するコミュニティである。こうしたグループでは低いレベルでの神威しか使えないが、その分、さほど大きな貢献をしないのが常である。
 大規模なグループの中には、いくつもの小規模なグループ・コミュニティが形成されることもある。

  • 大規模なグループ・コミュニティ

「メシア教会」「ガイア教団」など、少なくとも100人以上、時には数万、数億という構成員を要するコミュニティ。強大な神威を有するが、その分、貢献もより大きなものが期待される。

  • 排他的なコミュニティ

 敵対関係にあるコミュニティの両方に貢献していると、一方に対する貢献が他方のコミュ・ポイントを低下させることがある。これを「排他的なコミュニティ」と呼ぶ。
 例えば、メシア教会はガイア教団に対して、ガイア教団はメシア教会に対して排他的であり、メシア教会のコミュ・ポイントが上昇する度、ガイア教団に対するコミュ・ポイントは1ポイントずつ減少していくことになる(一度に2ポイント以上上昇した場合でも、減少させるのは1ポイントで良い)。また、あるコミュニティに対して貢献したことが、他方のコミュニティに知られた場合、GMは状況に応じて1d10〜3d10のコミュ・ポイントを減少させてもよい。

グループ・コミュニティ・テンプレート

グループ名 解説 キーワード 神威
クラブ(体育系) 陸上部、水泳部など体育会系のクラブ。 部活(武芸) うわさ話(知識) バラエティ(享楽的) サボタージュ(怠惰) たまり場 特待生 集結命令 目撃者 事情通? 調達? 貸与? 平等の祝福
クラブ(文化系) 写真部、吹奏学部など文化系のクラブ。 部活(芸術) うわさ話(知識) 奇妙な趣味 日常(平和) たまり場 集結命令 目撃者 事情通?〜? 調達? 命運の祝福
職場 一般的なサラリーマンの職場。 うわさ話(知識) 日常(平和) 仕事(勤勉) 家族(守護) たまり場 定期収入 目撃者 事情通?、? 調達?、? 貸与?
宗教団体 広範囲に影響力を持つ大規模な宗教団体。 教義(献身) 保守的(頑固) お勤め(忠誠) 勧誘(戦い) たまり場 庇護 回復施設?、? 事情通? 調達? 貸与?、? 信徒集結 虚空蔵菩薩の慈悲
秘密結社 新興宗教やカルトなどの排他的なコミュニティ。 グループの約束(献身) 信条(頑固) 他者を認めない(尊大) リーダーへの忠誠(忠誠) たまり場 回復施設? 集結命令 事情通?、? 貸与? 銀の鍵 五行遁甲の結界
政治団体 強力な政治力を持つ政党やその支援団体。 政治的主張(頑固) ライバル政党(宿敵) 選挙(戦い) 次期内閣(世界の運命) 定期収入 庇護 集結命令 派遣指令 特別任務 事情通?、? 調達?、? 隠蔽