※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

車道乱中級

ちょっと慣れてきた人向けに
色々、試してみようぜのコーナー

アーティファクト

ストラングル除去(数発の打ち込みが必要)
サモン除去(一撃)
正面で刀防御
後ろからなぐるとちゃんとブリードアウトする

アーティファクト速攻する

とにかくアーティファクトを取る事でイニシアチブを取る
場合によっては所持してすぐ行っても成功する(特に最初のラウンド)
後半ラウンドは場合によりけりだが味方主力と合流した方が良い
単独で行くときは自軍到着地点に近寄らないこと
周辺でやられるとすぐ入れられてしまう
また、極力アーティファクトを置くことを避ける
到着地点に敵が集結していても遮蔽物に隠れスキを伺い
スピードで押し込むことも可能だ
やはり、エルフがもっとも適性がある

速攻を防御する

とられる前は、アーティファクトにむかい開幕グレネード
とられたらストラングル・ガストが有効
ストラングルを到着地点の四角に設置してもさほど意味がないので
はなして設置しよう
ガストを撃つ時は所持者にしっかり当てようディレイの間に入れられてしまう

カタナにはカタナを

攻撃用ではなく防御用に買う(相手にカタナ特化気味のがいる時とか)
魔法買うよりは安価でちっこいおっさんとかに吸われても問題なく防御できる
一回攻撃を受け流して、切り込むとスキができダメージを与えることができる
また、正面でなく側面を狙うのも有効だ
ただ、相手がいつまでもチャンバラに付き合ってくれるかはわからない
そのへんの見極めや引き際が重要

逃走

広いところでは遠距離でもピストルやサブマシンガンが当たってしまうことがある
瀕死の時には見通しの良いところは避けよう
早めにテレポかスモークを買えば有利になる
高いところからわざと落ちて相手を振り切り段差に引っ掛かるかスモークなどで落下ダメージを防ぐのもテク
相性、人数、実力的にまずいと思ったら牽制して逃げよう

グレネードの回避

まず、開幕グレネードは予想される所はタイミングをずらす
投げられたら、前に向かう方が速い。後ろ向くのも後ろ歩きも遅い
これは炸裂するというときは後ろジャンプが無難
だいたいの種族で即死は免れる
むしろ、ガストでグレネードを返してあげる(自滅扱いになる)

よくある構成と対策

刀エルフ

主に奇襲によるブリードアウト狙い
後半になればストラングル・ガストなどを持つ
またはワイアードで異常な速さを得る
ライフの低さと速度から無理はせず、すぐに離脱する

対策

常に裏とりを警戒する
トロールなど鈍い種族は壁を背にし、ブリードアウトをさせないようにする
ガストでふっとばすのが一番効果的
後退させるのが目的ならば、マシンガンなどを多少当てれば後退するだろう

ミニガントロール

1ラウンド目にときどきあらわれ、無双する
通常は中盤くらいから出現する
スマリンを装備していることが多い
大体は、奇襲は行わずに集団戦闘をする

対策

1ラウンド目の場合はとにかく複数で対処する
単独の場合はなんとかグレネードをあてないとキツイ
中盤以降はストラングルで防弾・捕獲がいい感じだが
とにかく近づかないこと、捕獲したときも不用意に近づけば死んでしまう
ライフルでアウトレンジから倒すというのもなかなか経済的

ワイアードトロール

混戦時のゴリ押し、テレポなどでとにかく射程に入る
ライフの多さもあり、かなり執拗に追撃する
後半は離脱もできるようになりさらに粘り強くなる

対策

基本は引き撃ちで、ライフル・ショットガンを使わず
サブマシンガン・ミニガンで硬化させ、減速させた方が効果的
ガストも有効だが、硬化していない場合ディレイの間に接近される恐れがある
タイミングがやや難しいがストラングルで止めることも可能