※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スナイパーライフルの特徴

値段 初期弾数 弾代 維持費
$2500 4/8 $100/4 $500

遠距離特化の武器。
使えない武器No.1
おっさん以外はヘッドショットを決められれば一発で殺せる。
ただし、ズーム状態でないと発砲できずズーム中にダメージを受けるとズームが解除され、エイム補正が薄く当てるのは非常に難しい。
テレポ、グライダーなどの縦横の移動手段が豊富にあるゲームの特性上、落ち着いてスナイプできる場面が非常に少ない為、使用するにはセンスが問われる。
トロールは頭が大きくHSしやすいとされてるが、エイム補正が肩に移ったり頭の正確な判定がよくわからなかったりして
狙いが外れることが多く、背中が大きく猫背なので背後からのHSは狙えないため結構難しい
おっさんとエルフは2発で死ぬので意外と倒せる
重心が低く、ストレングスが高いおっさんが一番むいてる……らしい
(あとはおっさんが射撃後、その体の小ささから隠れやすいというのもある)
攻撃力が高いのでグライダー中や広い場所にいる敵に対し数発当てて倒すという使い方もある
AMGやミニオンを囮にしてそれらを破壊している敵を狙撃という手もある
試合後半に買える物であり敵の装備も充実しているため、もう一つの武器は万能なSMGがいいだろう
有効なのが止まっている敵、つまり遠距離型と無用心な人にしかHSは狙いにくいため慣れるまではライフルと同じく牽制に使おう
移動中やジャンプしている敵にもHSできることにはできるがかなりの慣れと運が絡む。照準が大きくならないよう動かすとやりやすい
ミニガンやロケランを持って移動している敵は動きが遅いのでスナイプしやすい
仲間にスナイパーが二人いて同時に同じ敵を撃てるなら体に当てるだけで相手は死ぬ
スナイプ同士の対決ではいかに相手の位置を知っているか、照準が小さくなっているか、相手の頭がド真ん中に収まっているかになる
撃ったら即逃げる、撃たれると思ったら逃げるのが重要である
そしてこの武器の最大の特徴はズーム状態で無いと撃てないことだろう
通常状態ならば射程が短い打撃攻撃を行い
としあきたちには大変恐れられている