RokDeBone追記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RokDeBone追記


RokDeBoneの最初の実験で、XNAに読み込ませたときにボーンが認識されないエラーが出たんだけど、
これはどうやら根元のルートボーンになるはずの中心ボーンから、直接いくつものボーンが分裂して伸びているからだったらしいのだ。

あんまり画期的な解決方法ではないけど、一応回避方法はあるみたいなので、書いておくよ。

ゲームに使わないただのアニメーションソフトとかを使っていると、
ついルートボーンを3Dモデルの内部に直接設置してしまって、そこから胴体手足へすぐにボーンが枝分かれする作り方をしてしまう。
これがどうやらXNAでエラーを出す原因だったらしい。

そこで、3Dモデルに使うボーンとは別に、1つ超大元となるボーンを作ってやれば、少なくともルートボーンから1ボーン分は
枝分かれすることのない一本だけのボーンだとXNAがはっきり理解してくれるということらしい。
人形劇の支持棒みたいな感じで、ポリゴンには使わないルート識別用のボーンをつけてやる。

最初は重大エラーで実行さえできなかったけど、ボーンの付け方さえ注意すれば
他は大きな問題も出ずにデバッグを実効することができた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。