XNA(+VS2008)のインストール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

XNAのインストール方法

  • 別の人がXNAの解説を書いてくれたのでXNAのインストール方法を解説(やっつけXNA

現在(2010年7月14日)Visual Statdio Express 2010(以下VS)が公開されていますが、
XNA Game Studeio 3.1が対応してません。
そのため、VS 2008をインストールしなければなりません。

Step 1. VS 2008のインストール

まず、以下のURLをクリックしてください。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2008/product/express/

XNAを使うのでVisual C# を選択します
細かいステップは、VS 2010と同じなのでそちらを参照してください。

インストール中です。さほど時間はかかりません。

インストールが完了しました。場合によっては閉じた途端再起動することもあるので注意してください。

初期画面です。忘れずに登録しておきましょう。

Step 2. XNAのインストール

つづいてXNAのインストールです。まず、以下のURLからXNAをDLします。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/xna/default.aspx
右側にあるXNA Game Studio 3.1(日本語版)をクリックします。DL画面が表示されるのでDLしてください。

  • こちらも特に何もありませんので、そのままDLしてください。

DLしたXNAGS31_setup.exeを実行するとインストーラが立ち上がります。

たまにはきちんと読んでみるのもいいでしょう・・・

通信を行う際の設定を求められています。よくわからない場合は、有効にしますに設定します。
ルーターやウイルスバスター・ノートンなどのセキュリティソフトでファイヤーウォールを使ってる場合は後で設定が必要かもしれません。

インストール中です。

これでインストールが完了しました。

続きはこちらで・・・・

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。