甘辛佃煮詰合せ(あまからつくだにつめあわせ)

  • 万屋ポーレポールにて販売中。
  • 所持していると、日々の生活の中で勝手に消費していく。
  • 50g×9として扱う。
L:甘辛佃煮詰合せ = {
 t:名称 = 甘辛佃煮詰合せ(アイテム)
 t:要点 = 各種佃煮,ビニールパック,9種類
 t:周辺環境 = 仕切られた箱
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *甘辛佃煮詰合せのアイテムカテゴリ = ,,,携帯型アイテム。
  *甘辛佃煮詰合せの位置づけ = ,,,{消費型アイテム,食物,贈り物,ショップアイテム}。
  *甘辛佃煮詰合せの取り扱い = ,,,万屋ポーレポール。
  *甘辛佃煮詰合せの販売価格 = ,,,5マイル。
  *甘辛佃煮詰合せの内容量 = ,,,50g×9個。
  *甘辛佃煮詰合せの特殊能力 = ,,,所持していると、日々の生活の中で勝手に消費していく。
 }
 t:→次のアイドレス = なし
}

解説

万屋ポーレポールで販売されているギフトのひとつで、5マイルで購入できる。
所持していると、日々の生活の中で勝手に消費されていく。50g×9セット入り。

佃煮は、小さすぎて出荷できない魚を、自家用に保存食としたものが始まりと言われる。
濃い味付けのために防腐性や保存性が高まり、参勤交代の武士らが江戸からの土産物として持ち帰り、全国へと広まった。
小魚などを丸ごと材料にするため、材料のもつ栄養を取り込みやすくしている点も特徴である。
冷蔵庫や真空包装のない時代に、常温でおにぎりや弁当に入れても傷まない辛口のものであったが、現在市販されているものはうす味や甘口で、真空包装であったり要冷蔵の佃煮が多い。
辛口のものを贈って、いっしょにおにぎりをはじめとしたお弁当を作る機会を作ってみてはどうだろう?
そのままピクニックに出かけるのも楽しそうだし、おにぎりの中身の種類が豊富だと、作る側もなんとなくやる気がでてきそうだ。

参考資料



編集履歴
藻女@神聖巫連盟 (2009/08/06)
翡鹿龍樹@土場藩国 (2008/07/18)
イラスト製作
松井@FEG (2008/11/7)
解説
日向美弥@紅葉国 (2008/11/23)

添付ファイル